ボール盤加工とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 機械加工技術用語 > ボール盤加工の意味・解説 

ボール盤加工

ボール盤は、主に工作物穴を開けるために使用される工作機械である。
  モータにより回転する主軸ドリル取り付け軸方向ドリル上下させて加工を行う。ボール盤では穴開け加工の他、穴径を広げるリーマ加工、めねじを切るタップ加工などが行える。
  加工の際、主軸位置固定で被工作物可動テーブルに載せて位置決めを行うものを直立ボール盤主軸位置可動とし被工作物を動かさないものをラジアルボール盤という。
  直立ボール盤工作物比較小さ場合使用される。生産性高めるため、主軸複数したものが多軸ボール盤で、同時に複数の穴開けが可能となる。さらに、タレットヘッドに多種工具セットしたCNCボール盤では数種~数十種のボール盤加工が能率良く精度良く行えるようになり、それまでラジアルボール盤や多軸ボール盤から置き換わっている。

ボール盤加工

適している分野・使用事例

穴開け加工リーマ加工タップ加工

用語解説

タレットヘッド
2個以上の工具放射状取り付け旋回割り出しを行う刃物台をタレットと呼ぶ。
※本用語集は、索引元の東大阪市製造業支援サイト「東大阪市技術交流プラザ」において、平成16年度委託事業で構築したコンテンツです。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ボール盤加工に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ボール盤加工」の関連用語

ボール盤加工のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

エンボス

ボール盤加工

スポット溶接

オフセット印刷

バット溶接

放電加工

穴開け加工

焼き付け塗装





ボール盤加工のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
東大阪市技術交流プラザ東大阪市技術交流プラザ
Copyright (C) 2017 TECH PLAZA

©2017 Weblio RSS