穴開け加工とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 加工 > 加工 > 穴開け加工の意味・解説 

穴開け加工(ドリル加工)・タップ加工

工作物穴を開ける場合ドリルボール盤取り付けて行う場合一般的であるが、旋盤フライス盤での穴開け加工もしばしば行われる。また近年マシニングセンタ普及により、他の加工同時にマシニングセンタ行われることが多くなっている。
穴開け加工で使用されるドリルには、工作物素材や穴の大きさなどによりいろいろな種類が用いられるが、金属加工では平錐にねじれ付けツイストドリル(ねじれ錐)がよく用いられる。これにはつかみ部の形状により、円筒形状のストレートシャンクドリル、テーパー付けたテーパーシャンクドリルがある。他に下穴加工心出しに使われるセンター穴ドリル、深穴加工の際使われるガンドリルなどがある。
ドリル材質としては高速度工具鋼ハイス)が多用されるが、超硬合金でできたものもある。

タップ加工は、開けられた穴にめねじを切る加工で、タップ呼ばれるねじ状の工具用いて行われるタップ外周に数条の溝を設け、切れ刃が付いている。先端部を工作物食いきやすくするために、テーパー状に加工された増径タップと、貫通ねじ穴などに用いられる等径タップがある。
アルミ合金など比較軟らかい金属には、穴におねじを押し込んで、塑性変形によりネジ切りを行う、溝無しタップも用いられる。
機械によるタップ加工通常工程でねじ切りを行う。このため主軸短時間に正逆回転させる必要があるが、NC装置普及性能向上により、高速タッピングも可能となっている。

ドリル加工、タップ加工

適している分野・使用事例

穴開け加工=ボール盤以外の工作機械による穴開け
タップ加工=穴にめねじを切る加工

用語解説

高速度工具鋼
高炭素鋼クロムモリブデンタングステン、パナジウム、コバルトなどの合金元素比較多量添加した工具鋼高速切削に適し、摩擦熱による高温によく耐える
超硬合金
融点金属の炭化物主成分とする耐摩耗性優れた、高硬度粉末冶金材料
※本用語集は、索引元の東大阪市製造業支援サイト「東大阪市技術交流プラザ」において、平成16年度委託事業で構築したコンテンツです。



穴開け加工と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「穴開け加工」の関連用語

穴開け加工のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



穴開け加工のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
東大阪市技術交流プラザ東大阪市技術交流プラザ
Copyright (C) 2018 TECH PLAZA

©2018 Weblio RSS