酸洗とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 機械加工技術用語 > 酸洗の意味・解説 

酸洗

熱間圧延された金属製品熱処理すると、表面スケールscale)と呼ばれる酸化皮膜が付く。このスケールや錆などの、金属表面に付いた酸化物除去するため、酸溶液中に比較長い時間浸け表面清浄にする方法を酸洗という。
  酸洗は、その後工程冷間圧延など)の前処理として行われるが、酸洗後良く水洗浄し製品とされる場合もある。
  また、めっきや蒸着工程前の下地処理として、金属表面酸化物除去のため酸洗を行う場合もある。

酸洗

適している分野・使用事例

鋼の錆・スケール除去、めっき・蒸着前の下地処理 。

※本用語集は、索引元の東大阪市製造業支援サイト「東大阪市技術交流プラザ」において、平成16年度委託事業で構築したコンテンツです。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「酸洗」の関連用語

酸洗のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

酸洗

シルク印刷

アルマイト仕上げ

バレル研磨

バット溶接

穴開け加工

押出成形

平削り





酸洗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
東大阪市技術交流プラザ東大阪市技術交流プラザ
Copyright (C) 2018 TECH PLAZA

©2018 Weblio RSS