内面研削とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 加工 > 研削 > 内面研削の意味・解説 

内面研削・内径研削

内面研削とは、穴の内面研削する場合に、工作物回転させ、その穴に回転している砥石挿入して研削する加工である。
  工作物大きいなど回転させることが困難な場合は、砥石軸に遊星運動与え研削するプラネタリ型の研削が行われる。
  内面研削においては砥石工作物の穴より小径でかつ砥石主軸長いものが必要とされるこのため砥石剛性が低くなり、また砥石自体高速回転させる必要も生じる。これらの要因から内面研削盤の主軸には高精度、高剛性求められる
  一般に内面研削では加工中の内径測定が困難であるため、自動サイクル式のものが多い。


内面研削

適している分野・使用事例

面粗さ精度要求される穴の内面研削

※本用語集は、索引元の東大阪市製造業支援サイト「東大阪市技術交流プラザ」において、平成16年度委託事業で構築したコンテンツです。





内面研削と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「内面研削」の関連用語

内面研削のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



内面研削のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
東大阪市技術交流プラザ東大阪市技術交流プラザ
Copyright (C) 2018 TECH PLAZA

©2018 Weblio RSS