シー・ディー・ピーとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > シー・ディー・ピーの意味・解説 

CDP

読み方:シー・ディー・ピー、キャリア・ディベロップメント・プログラム
【英】:Career Development Program

企業ニーズ合致した能力を持つ人材育成と、社員キャリアプラン実現目指し行われる長期的計画的職務開発および能力開発をいう。

キャリア開発は、多く場合教育研修制度ジョブローテーションなどの異動配置制度組み合わせたCDP(キャリア・ディベロップメント・プログラム)と呼ばれる施策によって実施される。

CDPは、以下のようなプロセス行われる

 (1)自己申告制度上司との面接などを通じて社員希望適性把握する
 (2)人員計画や「あるべき人材像」などからくる企業ニーズ照らし合わせる
 (3)個別適切な職務経験研修内容明らかにする
 (4)必要な異動研修実施する

計画的キャリア開発を行うことで、社員適切なタイミング職務経験与えたり、適性希望に沿った登用によって社員のモラールアップを図ることが期待されている。

最近では、従来企業ニーズ傾きがちであったキャリア開発運用見直し社員キャリア自分考えさせて選ばせる社内公募制度や、個別研修制度導入し、あるいは複線型人事制度など社内外多彩なキャリアパス用意する企業が増えている。

CDP(キャリア・ディベロップメント・プログラム)

CDP(Career Development Program)とは、個々社員キャリア形成を、中長期的な視点支援していくためのしくみです。数年先から10数年先のキャリア目標定め達成するために必要な能力経験計画的積み重ねていきます。必ずしも教育研修に限られるものではなく個人希望適性考慮しながら育成的な人事異動OJT社外での自己啓発も含めた多様な実践組み合わせて、総合的能力職務開発を進めることが必要です。

CDP

フルスペル:Continuous Data Protection
読み方:シーディーピー
別名:Continuous Backup

CDPとは、記憶装置書き込まれるデータ更新内容を常に監視し、変更箇所保管してくことで、データ過去のどの時点へも復旧させることができるシステムのことである。主に企業システム保守のために用いられている。

CDPは、監視対象ある記憶装置を秒単位監視しており、データ変更加えられた際の全ての変更点更新履歴としてハードディスク記録している。従来のバックアップシステムのように更新履歴文字情報置き換えるではなく記録した時点情報そのまま取り込むキャプチャーする)点に特徴がある。そのため一般バックアップソフトウェアを用いる場合比べても迅速に、しかも任意の時点までデータ復旧させることが可能である。


参照リンク
Continuous data protection - EMCPDF形式


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シー・ディー・ピー」の関連用語

シー・ディー・ピーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



シー・ディー・ピーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2019 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリCDPの記事を利用しております。

©2019 Weblio RSS