シークレットモードとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > シークレットモードの意味・解説 

シークレットモード

シークレットモードとは、一般的には、WebブラウザGoogle Chrome」における、Webページ閲覧履歴ダウンロード履歴などを保存せずに操作できる機能のことである。プライバシーモード総称されることも多い。

Google Chromeでは、タブをシークレットモードで開くと、履歴保存されず、Cookieタブを閉じた際に自動的削除される。ブックマーク設定変更保存される。

シークレットモードに該当する機能は、Webブラウザによって呼び名異なる。Google Chromeでは「シークレットモード」であり、Internet Explorerでは「InPrivateブラウズ」、Firefoxでは「プライベートブラウジング」、Safariでは「プライベートブラウズ」、Operaでは「プライベートタブ」または「プライベートウィンドウ」の呼び名が用いられている。ちなみにGoogle Chromeのシークレットモードは、英語では「Incognito mode」(匿名モード)と呼ばれている。

また、Webブラウザ以外にも、携帯電話発着履歴を残さない設定などを「シークレットモード」と呼ぶ場合などもある。


参照リンク
シークレット モード(シークレット ブラウジング)を使用する - (Google Chromeヘルプ
アプリケーションソフトのほかの用語一覧
Webブラウザ:  Safari  SpaceBrowser  Sleipnir  シークレットモード  タブブラウザ  デスクトップブラウザ  チャネルバー


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シークレットモード」の関連用語

シークレットモードのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



シークレットモードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリシークレットモードの記事を利用しております。

©2020 Weblio RSS