クワカミキリとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 昆虫類 > カミキリ > クワカミキリの意味・解説 

桑天牛

読み方:クワカミキリ(kuwakamikiri)

鞘し目の昆虫


クワカミキリ

和名 クワカミキリ
学名 Apriona japonica Thomson, 1878
名称由来
分布 本州佐渡伊豆諸島大島新島三宅島)、隠岐四国九州対馬
寄生植物 ヤナギ科ポプラ科、クルミ科ブナ科ニレ科クワ科バラ科などの各種広葉樹
標本処理 亜硫酸○ 酢酸エチル○ 
length 32-45mm  同定ヒント 幼虫



クワイチジクリンゴ生木集まり樹皮を後食し、産卵生木樹皮に傷をつけて行う。燈火飛来する。
幼虫生木心材部に食坑道設け所々脱糞孔があり、糞を材外に放出する。
室は木屑をつめて作られる、1世代2年以上かかる。

日本にはその他オキナワクワカミキリ奄美諸島沖縄諸島)、イシガキクワカミキリ先島諸島)の2種別種として生息する。


2010年8月 東京都
クワカミキリ

クワカミキリ



2009年8月鹿児島県大隅半島
クワカミキリ



撮影久保田雅久氏 2002年8月 横浜市南区

クワカミキリ


1999.08.02、茨城県産 提供:ルドルフ
クワカミキリ

クワカミキリ

和名:クワカミキリ
学名Apriona japonica THOMSON
    コウチュウ目カミキリムシ科
分布本州四国九州伊豆大島新島三宅島
 
写真(上):クワカミキリ雌成虫
写真(下):クワカミキリ成熟幼虫
説明
幼虫が,クワイチジクのほか,ポプラブナなどの植林木,ケヤキカエデ類などの街路樹庭園木などにも穿孔し,被害与える。2年あるいは3年に1回発生成虫体長36〜45mm。老熟幼虫体長60〜70mm。成虫は,関東地方では6〜7月脱出する。卵はや幹の先の方に産まれ,幼虫樹皮下および材内を,まずは樹幹方向に,樹幹では下方に向かって穿孔する。このため幼虫摂食部位より先端損,折損する。樹幹表面所々に木くずや糞を外部排出するための小さな穴を開けるのが特徴的である。幼虫越冬後,老熟幼虫春になって蛹化する。防除産卵部位先であるため,適期枝打ち効果的である。穿孔中の幼虫に対しては,木くずの出ている穴から薬剤注入する。
クワカミキリ雌成虫

クワカミキリ成熟幼虫


桑天牛

読み方:クワカミキリ(kuwakamikiri)

カミキリムシ科昆虫

学名 Apriona japonica


桑天牛

読み方:クワカミキリ(kuwakamikiri)

キボシヒゲナガカミキリ別称
カミキリムシ科昆虫

学名 Psacothea hilaris


桑天牛

読み方:クワカミキリ(kuwakamikiri)

大型褐色カミキリで、桑の木害虫

季節

分類 動物




クワカミキリと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クワカミキリ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||


5
8% |||||

クワカミキリのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



クワカミキリのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
カミキリ情報館カミキリ情報館
この記事は「カミキリ情報館」の中の「カミキリムシ図鑑21世紀」の記事・画像を転載しております。
森林総合研究所森林総合研究所
(C) Copyright 2019 Forestry and Forest Products Research Institute, All right reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2019 Weblio RSS