クアッドコアとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > クアッドコアの意味・解説 

クアッドコア

別名:4コアクワッドコアクアッドコアプロセッサクワッドコアプロセッサクアッドコアプロセッサー4コアプロセッサ
【英】quad-core processor

クアッドコアとは、1つシリコンチップに4個のCPUコア搭載したCPUのことである。

クアッドコアはマルチコア一種であり、CPUコアが2個の場合デュアルコア数十単位コア集積されている場合メニーコアなどと呼ばれている。CPUコアの数が多ければ多いほど、割高にはなるが、処理速度が向上する

クアッドコアのマイクロプロセッサとして発売された製品には、AMDQuad-Core AMD OpteronIntelIntel Core 2 QuadIntel Core i7などがある。

マイクロプロセッサのほかの用語一覧
CPU:  iCOMP  機械語  クロック周波数  クアッドコア  クアッドコアグラフィックス  マイクロプロセッサ  マルチコア

マルチコア

(クアッドコア から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/26 05:35 UTC 版)

マルチコア (Multiple core, Multi-core) は、1つのプロセッサ・パッケージ内に複数のプロセッサ・コアを搭載する技術であり、マルチプロセッシングの一形態である。


  1. ^ a b インテル、メニーコア化への取り組みなど、研究活動に関する説明会を開催, マイコミジャーナル, 2005年11月09日
  2. ^ 設計上は9コアが存在するが、うち1コアは歩留まり向上のための予備であり、出荷前に無効とされている。
  3. ^ ローカル・キャッシュを共有し合う機構とは、コアローカルなL2キャッシュとダイ共有のL3キャッシュの関係で、通常はスヌープしてローカルなL2キャッシュ間のコヒーレンシを確保する仕組みである。自分のコアのL2でmissして他のコアのL2にあれば、L3ではなく他のコアのL2をアクセスする仕組みを指す。コア数が増えるとダイ共有のL3では対応し切れなくなる為と推測される。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クアッドコア」の関連用語

クアッドコアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



クアッドコアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリクアッドコアの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマルチコア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS