インタレースとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > サラウンド用語 > インタレースの意味・解説 

インタレース (Interlace)

1回の画面表示を、走査線奇数段目と偶数段目の2回に分けて行う方式飛び越し走査とも呼ばれ現在までほとんどのアナログテレビ放送採用されている。画面半分情報交互表示するためチラつきが目立つ場合もある。

インターレース

(インタレース から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/17 14:59 UTC 版)

インターレース (interlace, interlaced scan)は、画像伝送においてデータ量(動画の場合は伝送レートまたは帯域幅)を増やさずに描画回数を増やす技術である。飛び越しと訳すことがある。




「インターレース」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「インタレース」の関連用語

インタレースのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ミラージュ

砕石マスチックアスファルト舗装

バルーンアート

尾瀬国立公園

送り槓

ビクトリー

アンダーウェア

モハ3400形





インタレースのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
サラウンドWebサラウンドWeb
Copyright Japan Audio Society All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインターレース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS