はるうららとは?

春うらら

読み方:はるうらら

春のうららかな様子明る朗らかで、のどかなさま。

NPO法人 はるうらら

行政入力情報

団体名称 NPO法人 はるうらら
所轄 愛媛県
主たる事務所所在地 伊予市大平甲1128番地3
従たる事務所所在地
代表者氏名 相田 春代
法人設立認証年月日 2016/08/04 
定款記載された目的
この法人は、地域住民同士助け合って高齢者向けの福祉事業や、若い母親支援する事業、子どもの健全育成を図る事業等を行うことにより、地域福祉充実地域活性化寄与することを目的とする。 
活動分野
保健・医療・福祉     社会教育     まちづくり    
観光     農山漁村中山間地域     学術文化芸術スポーツ    
環境保全     災害救援     地域安全    
人権・平和     国際協力     男女共同参画社会    
子どもの健全育成     情報化社会     科学技術振興    
経済活動活性化     職業能力雇用機会     消費者保護    
連絡助言援助     条例指定    
認定
認定・仮認定
認定   認定   旧制度国税庁)による認定   認定更新中  
PST基準
相対値基準     絶対値基準     条例指定()    
認定開始日:       認定満了日:       認定取消日:   
認定年月日:    認定満了日:    認定取消日:   
閲覧書類
監督情報
解散情報
解散年月日  
解散理由  

はるうらら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/18 09:02 UTC 版)

はるうらら』は、たかまつやよいによる4コマ漫画作品。双葉社の4コマ漫画雑誌『まんがタウンオリジナル』にて2003年8月号より2006年9月号(最終号)まで連載され、同誌廃刊後は『まんがタウン』に掲載誌を移し、2006年10月号から2008年7月号まで連載された。


[ヘルプ]
  1. ^ しかしその後、営業二課にやって来たアンナがうららの秘密を漏らしそうになったときに、また、やはりアンナがうららのイトコ(アンナの元クラスメートでもある)の結婚式で余計なことを言おうとしたときに、アンナを黙らせるためにその技を用いている(ただし、病院送りにはなってない)。
  2. ^ この時誘われたのは、うららと平田で、二人のうちのどちらかということだったが、平田は辞退した。
  3. ^ ただし、先代社長である義父がやって来た際、大部分を強奪されてしまい、泣きくれる。
  4. ^ その一方で、うららの器量を軽んじる者に対しては、憤怒の感情をあらわにするという、矛盾した態度もとってしまう。
  5. ^ 夫が約束を守らなかったり、自分を蔑ろにするようなことをしたときには、容赦なく叱責し、または制裁を加えて、夫を牛耳っている。
  6. ^ 第44話で、「加代子さん」と呼ばれているコマがある。
  7. ^ その際、息子も連れてゆき、息子の学校の手配も、会社がしてくれた。石田との関係がどうなったのかは不明。
  8. ^ 単行本第2巻以降は、(グレースケール以外のページでは)白で統一。
  9. ^ これより前、第13話でうららが「安田課長からです」と言って書類を他の部所に届ける場面があるが、それが営業二課課長のことなのかはこの時点では断定できない(課外に居るときに他の部所の者から頼まれることも考えられるため)。


「はるうらら」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「はるうらら」の関連用語

はるうららのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



はるうららのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
内閣府NPOホームページ内閣府NPOホームページ
Copyright (c)2020 the Cabinet Office All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのはるうらら (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS