JKビジネスとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > JKビジネスの意味・解説 

JKビジネス

読み方:ジェーケーびじねす
別表記:女子高生ビジネス

JK女子高生)に男性向けのサービスを行わせる、いわゆるJKリフレ」「JKお散歩」などの業務形態総称。JKビジネスは当初風俗営業法による規制対象外であったことから、繁華街中心に広まったが、労働基準法違反が疑われる事例があり、売春温床にもなりうるとして、2013年夏頃から警察取り締まり強化された。「JKリフレ」や「JKお散歩」の問題認知されるのに伴い業者側には「JK占い」や「JK撮影会」などに業務形態転換することで、取り締まり逃れようとする動き見られた。

JKビジネス

読み方:ジェーケービジネス
別名:JK産業JK商法女子高生商法

女子高校生JK)であることを売りにしている客商売少女と密に接することができる点を付加価値としているサービス総称いわゆるJKリフレ」や「JKお散歩」などと呼ばれるサービスJK産業含まれるその実態は性産業近く少女売春犯罪などの危険孕む指摘されている。

JK産業として挙げられるサービスは、表向き何ら危険性違法性を持たない業態として営まれる。たとえばJKリフレマッサージを施すのみであり、JKお散歩街中連れだって歩く(デートする)のみである。風俗営業法による規制対象から逃れるため、本物女子高生など、未成年少女合法的雇用できてしまう。しかし実際のところ、これらサービスの提供意図ならびに購入目的少女対象とする性的欲求実現である。表に掲げられていない裏メニュー」として、より露骨性的サービス用意されている場合ままあるとされる


JKビジネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/24 12:48 UTC 版)

JKビジネス(ジェーケービジネス)とは、女子高生(JK)による密着なサービスを売りにした商売である[1][2]


[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 日本の学年制度は実務上は年齢主義によって強固に運営されており、中学卒業までは就学猶予原級留置による過年度生は殆どなく、全日制高校でも過年度入学・原級留置による過年度生の割合は少ないため、全日制高校の女子生徒は多くの場合は15~18歳であり、「本物の女子高生」という言葉は15~18歳の女子という認識が世間に広く浸透している
  2. ^ 深夜22時から朝5時までの労働
  3. ^ 原則として、1週40時間超労働や1日8時間超労働が該当する。例外として、1日の労働時間を4時間以内に短縮する場合は他の日を10時間まで延長することが、労使協定又は就業規則により1週間48時間以内・1日8時間以内で1ヶ月単位又は1年単位による変形労働時間制が、それぞれ認められている
  4. ^ 1週1休日又は4週4休日(この場合、就業規則で全労働者統一の4週間の起算日を明示しなければならない)に反する形で休日労働させること
  5. ^ 年少者労働基準規則第8条第45号の「特殊の遊興的接客業における業務」に該当するとしている
  6. ^ 「喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、客に接する役務を行う者に、客の性的好奇心をそそる、水着、制服等を着用した姿態又は着衣内の下着を客が見ることができるような姿態をさせるもの」「個室を設け、当該個室において専ら異性の客に対し接触する役務を提供する営業」「店舗を設けて、客の性的好奇心をそそる、水着、制服等を着用した人の姿態又は着衣内の下着を客が見ることができるような人の姿態を客に見せる役務を提供する営業」「店舗を設けて、営業に従事する者を専ら異性の客に同伴させて客に遊興をさせる営業」「人の住居又は人の宿泊の用に供する施設において専ら異性の客に対し接触する役務を提供する営業で、当該薬務を行う者を、その客の依頼を受けて派遣することにより営むもの」「客の性的好奇心をそそる、水着、制服等を着用した人の姿態又は衣服内の下着が見ることができるような人の姿態を客に見せる役務を提供する営業で、当該薬務を行う者を、その客の依頼を受けて派遣することにより営むもの」「営業に従事する者を専ら異性の客に同伴させて客に遊興をさせる営業で、当該同伴をさせる者を、その客の依頼を受けて派遣することにより営むもの」
  7. ^ 「青少年が客に接する業務に従事していることを明示し、若しくは連想させるものとして東京都公安委員会規則で定める文字、数字その他の記号、映像、写真若しくは絵を営業所の名称、広告若しくは宣伝に用いるもの又は青少年が客に接する業務に従事していることを明示し、若しくは連想させるものとして公安委員会規則で定める衣服を客に接する業務に従事する者が着用するもので、青少年に関する性的好奇心をそそるおそれがあるもの」であって「専ら異性の客に接触し、又は接触させる役務を提供する営業」「専ら客に異性の人の姿態を見せる役務を提供する営業」「店舗を設け、当該店舗において専ら異性の客の接待をする役務を提供する営業」「客に接する業務に従事する者が専ら異性の客に接するもの」

出典

  1. ^ a b c d “今度は「JK撮影会」摘発 個室でわいせつポーズ リフレにお散歩…業態変えいたちごっこのJKビジネス”. 産経新聞. (2013年12月7日) 
  2. ^ a b “JKビジネスVS警察!続く“イタチごっこ”…舞台は秋葉原から新宿、池袋、渋谷に拡大”. スポーツ報知. (2013年12月25日) 
  3. ^ a b c d e f “現役女子高生がマッサージ、ハグ…“オタクの聖地”に増殖中の「リフレ」って何だ?”. 産経新聞. (2012年11月23日) 
  4. ^ “「客はATMやと思え」JKリフレ苛烈な競争現場…黙殺される“性被害”、摘発の大阪で「JK」に聞いた”. 産経新聞. (2014年6月11日) 
  5. ^ “違法? 合法? 女子高生アルバイトのグレー度は?”. 日刊SPA!. (2011年2月24日) 
  6. ^ “「児童買春の温床」ストーカー誘発の危険も”. 産経新聞. (2013年2月17日) 
  7. ^ a b “警視庁、個室店の女子高生を補導 保護改め厳格対応”. 共同通信. (2013年4月5日) 
  8. ^ “<労基法違反容疑>女子高生「リフレ」摘発 都内17件”. 毎日新聞. (2013年1月27日) 
  9. ^ “大阪でも「JKリフレ」摘発 「萌えエステ メイドの手」経営者ら容疑で逮捕 大阪府警”. 産経新聞. (2014年5月13日) 
  10. ^ “女子高生の裸撮影 容疑のJKビジネス経営者ら逮捕”. 産経新聞. (2014年12月7日) 
  11. ^ “マジックミラー越しに水着女性を見学 無許可営業の疑い”. 朝日新聞. (2015年9月9日) 
  12. ^ “「JKビジネス」監視強化…18歳も補導対象に”. 読売新聞. (2014年11月27日) 
  13. ^ 秋葉原"少女売春が放置されている街"の真実 | 街・住まい | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
  14. ^ “「JKお散歩」は人身売買=米国務省が年次報告書”. 時事通信. (2014年6月20日). http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014062001009 [リンク切れ]
  15. ^ 2014 Trafficking in Persons Report アメリカ合衆国国務省
  16. ^ “JKビジネスは「有害役務営業」 全国初の全面規制、愛知で条例改正”. 産経新聞. (2015年3月20日) 
  17. ^ “JKビジネス規制条例案可決、全国初 東京都議会、18歳未満就労禁止へ 水着や下着姿で接客するガールズ居酒屋も”. 産経新聞. (2017年3月30日) 


「JKビジネス」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

JKビジネスに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「JKビジネス」の関連用語

JKビジネスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

C式

内裏雛

石川和義

ビーズカウンタ

ヨーロッパ刺しゅうに適した布地

ゴールデンターキン

日野ポンチョ ショート

八溝水源の森





JKビジネスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2017 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2017 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのJKビジネス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS