渡良瀬川沿岸とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 路線 > 運河 > 日本の疎水 > 渡良瀬川沿岸の意味・解説 

渡良瀬川沿岸

渡良瀬川沿岸
多々良川
渡良瀬川沿岸
この疏水関連情報
疏水マップダウンロード
渡良瀬川沿岸
水土里の路ウォーキング
(花と里山のふれあい小路)
渡良瀬川沿岸
水土里の路ウォーキング
(八瀬川の桜と太田七福神めぐり)
渡良瀬川沿岸
水土里の路ウォーキング
(多々良の自然芸術探訪)
渡良瀬川沿岸
疏水を守る活動
(待矢場地区/太田市/上強戸町むらづくり推進協議会)
渡良瀬川沿岸
渡良瀬川沿岸 疏水概要
疏水所在
太田頭首工より取水する2用水
多々良川多々良沼):群馬県館林市邑楽郡邑楽町2市町にまたがる地域 面積:約75ha 周囲:約7km
八瀬川群馬県太田市南北流れ河川全長約10km

所在地域の概要
多々良川多々良沼
鶴舞う形」といわれる群馬県東南部、ちょうどの目の部分にあたり利根川渡良瀬川の2大流域にある。大小の沼が点在していて、低湿地帯の特色示している。

八瀬川
群馬県東部位置する太田市群馬県東部もとより栃木県安足地域(西南部)を含めた両毛広域圏における中核都市として、人口21万人擁する輸送用機器中心とした製造業が盛んであり、北関東屈指の工業都市である。

疏水概要特徴
多々良川多々良沼
館林邑楽流れ多々良川は、渡良瀬川太田頭首工から取水している農業用水邑楽町中央をほぼ東西横断するように流れ地域水田供給している。さらには多々良川途中存在する多々良沼流入し、そこから下流域の水田を潤し、地域農業発展寄与しているとともに環境面における地域用水としての機能発揮している。また、多々良沼においては時間経過とともに刻々と表情を変え、その鮮やかな変貌ぶりは見る者の心をとらえて離しません。四季おりおりあかね色夕やけにそまる沼は、時に松風をはこび、時に富士山いただき時に白い雪をおおい、人々喧噪忘れさせてくれます。11月中旬には白鳥飛来し、白く優雅な姿を沼面に写します。

八瀬川
八瀬川渡良瀬川太田頭首工にて取水をし、新田幹線より分流し、南下をして太田市中心部を通り石田川(利根川支流)に合流する河川である。古くから農業用水として地域水田を潤してきたが、近年都市化に伴い地域用水としての機能も果たしている。



くわしい情報
渡良瀬川沿岸
館林市観光協会
http://www.utyututuji.jp/
渡良瀬川沿岸





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

渡良瀬川沿岸に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「渡良瀬川沿岸」の関連用語

渡良瀬川沿岸のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

常西合口用水

桔梗原用水

藍場川

徳島堰疏水

大井手用水

鏑川用水

幸野溝

宮古用水





渡良瀬川沿岸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
疏水名鑑疏水名鑑
Copy Light(c) : The Ministry of Agriculture Forestry and Fisheries of Japan

©2016 Weblio RSS