山田耕筰とは?

山田 耕筰 (やまだ こうさく)

1886〜1965 (明治19年昭和40年)
作曲家指揮者日本西洋音楽史上巨人。「赤とんぼ」など美し童謡は、今も愛唱される。
大正昭和期作曲家指揮者東京都出身1908年明治41東京音楽学校卒。10年ベルリン留学14年大正3)帰国して、精力的オペラオーケストラ作品創作する一方東京フィルハーモニー会に管弦楽部を創設日本楽劇協会日本交響楽協会設立日本洋楽普及多大貢献をした。北原白秋出会い、今も親しまれる童謡名作多く残した。作品は、交響曲かちどきと平和」、歌劇夜明け」、歌曲赤とんぼ」「からたちの花」「この道」など。

 年(和暦)
1889年 (明治22年) 大日本帝国憲法発布 3才
1894年 (明治27年) 日清戦争 8才
1903年 (明治36年) 江戸開府300年 17才
1904年 (明治37年) 日露戦争 18
1907年 (明治40年) 足尾銅山暴動 21
1910年 (明治43年) 韓国併合 24
1918年 (大正7年) 米騒動 32
1923年 (大正12年) 関東大震災 37
1928年 (昭和3年) ■初の普通選挙実施 42
1932年 (昭和7年) 五・一五事件 46
1936年 (昭和11年) 二・二六事件 50
1941年 (昭和16年) ■対英米宣戦布告 55
1945年 (昭和20年) ポツダム宣言受諾 59
1946年 (昭和21年) 日本国憲法公布 60
1951年 (昭和26年) サンフランシスコ講和条約 65
1953年 (昭和28年) テレビ放送開始 67
1956年 (昭和31年) 国際連合加盟 70
1960年 (昭和35年) 東京タワー完成 74
1960年 (昭和35年) 日米新安保条約調印 74
1964年 (昭和39年) 東京オリンピック 78


 人物
市川 左団次二世 1880年1940年 (明治13年昭和15年) +6
石井 柏亭 1882年1958年 (明治15年昭和33年) +4
福原 信三 1883年1948年 (明治16年昭和23年) +3
高村 光太郎 1883年1956年 (明治16年昭和31年) +3
鳩山 一郎 1883年1959年 (明治16年昭和34年) +3
石橋 湛山 1884年1973年 (明治17年昭和48年) +2
東条 英機 1884年1948年 (明治17年昭和23年) +2
安田 靫彦 1884年1978年 (明治17年昭和53年) +2
三浦 環 1884年1946年 (明治17年昭和21年) +2
武者小路 実篤 1885年1976年 (明治18年昭和51年) +1
平塚 らいてう 1886年1971年 (明治19年昭和46年) 0
谷崎 潤一郎 1886年1965年 (明治19年昭和40年) 0
松旭斎 天勝 1886年1944年 (明治19年昭和19年) 0
柳 宗悦 1889年1961年 (明治22年昭和36年) -3
古今亭 志ん生 1890年1973年 (明治23年昭和48年) -4
山川 菊栄 1890年1980年 (明治23年昭和55年) -4
近衛 文麿 1891年1945年 (明治24年昭和20年) -5
岸田 劉生 1891年1929年 (明治24年昭和4年) -5
河合 栄治郎 1891年1944年 (明治24年昭和19年) -5
芥川 龍之介 1892年1927年 (明治25年昭和2年) -6
西条 八十 1892年1970年 (明治25年昭和45年) -6

山田 耕筰

【英】:Yamada, Kosaku
[日本]  1886~1965

2006年7月 執筆者: 須藤 英子

東京生まれ義兄宣教師エドワード・ガントレット西洋音楽の手ほどきを受ける。1908年東京音楽学校(現東京芸大声楽科卒業1910年より3年ベルリン王立アカデミー高等音楽院(現・ベルリン芸術大学音楽学部)に留学し、レオポルト・カール・ヴォルフに作曲を学ぶ。12年には日本人として初め交響曲(『かちどきと平和』)を作曲14年帰国後、東京フィルハーモニー交響楽団組織24年には近衛秀麿と共に日本交響楽協会(現・NHK交響楽団)を結成するなど、日本オーケストラ活動基礎作る同時に歌曲ピアノ曲舞踊詩、劇音楽創作17年には、ニューヨークカーネギーホールにて2度にわたり自作管弦楽作品指揮するなど、活発な発表活動を行う。また詩人北原白秋らと雑誌「詩と音楽」を共同創刊演出家小山内薫劇団土曜劇場」「新劇場」を結成20世紀前半日本芸術全般に大きな影響を及ぼした。

ピアノ独奏曲

室内楽

歌とピアノ


山田耕筰

以下の映画山田耕筰関連しています。


山田耕筰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/10 03:34 UTC 版)

山田 耕筰(やまだ こうさく、Kósçak Yamada、1886年明治19年)6月9日 - 1965年昭和40年)12月29日)は、日本の作曲家指揮者山田 耕作としても知られる。




  1. ^ サンデー毎日、1979年9月2日号88頁
  2. ^ 2012年5月、地元の文化団体『「山田耕作」と「赤とんぼ」を愛する会』の運動により、茅ヶ崎市中央公園内に記念碑が建立されている。
  3. ^ 森脇佐喜子 1994.
  4. ^ 映画「ここに泉あり」では片手で指揮をする姿が確認出来る。
  5. ^ カルピス社のあゆみ 創業期 3.「カルピス」の命名”. カルピス株式会社 (2008年1月). 2013年12月28日閲覧。
  6. ^ 佐々木烈 『日本自動車史 写真・史料集』 三樹書房、2012年、484頁。ISBN 978-4-89522-591-5
  7. ^ 森脇佐喜子 1994, pp. 24-26.
  8. ^ 中村雄二郎. “明大校歌誕生の周辺”. 明治大学. 2013年12月28日閲覧。
  9. ^ 明大校歌楽譜”. 明治大学. 2013年12月28日閲覧。
  10. ^ 一橋大学HQ編集部「ホームカミングデーが掘り起こした 校歌『武蔵野深き』の誕生秘話 (PDF) 」 、『HQ』第13号、一橋大学HQ編集部、2006年10月、 12-15頁、2013年12月28日閲覧。
  11. ^ 関西学院大学 (2007年11月13日). “校歌「空の翼」”. 2013年12月28日閲覧。
  12. ^ 新校歌発表——待望幾年、今ぞ我等の校歌生る! 『関西学院新聞』第92号 (PDF)”. 関西学院新聞部. p. 1 (1933年9月20日). 2013年12月28日閲覧。 - 1933年9月18日に開かれた新校歌「空の翼」発表会の模様を報じている。山田のスピーチも掲載。
  13. ^ 今田寛 (2005年2月1日). “校歌を通して知る関西学院・その建学の精神”. 関西学院中学部第一回生同窓会. 2013年12月28日閲覧。
  14. ^ 年表4:大正元年~大正14年」『釧路市・阿寒町・音別町合併1周年記念 釧路市統合年表』(PDF) 釧路市地域史研究会・釧路市地域史料室、釧路市、2010年3月25日(原著2006年10月11日)、Web第4版。2013年12月28日閲覧。 - 「大正5年(1916)」のページに、釧路第四尋常小学校の校歌が後に旭小学校に改称となってからも歌詞を変更して歌い継がれた旨の記載がある。
  15. ^ 業平小学校校歌”. 墨田区立業平小学校 (2013年7月24日). 2013年12月28日閲覧。 - 1982年に原譜が見つかるまで、校歌資料がなかった昭和30年代に関係者の記憶から作譜し歌われるようになった経緯も紹介。
  16. ^ 和木康光 『教育にイノベーションを—安城学園100年の歴史と展望—』(PDF)、2012年、246-247頁。2013年12月28日閲覧。
  17. ^ 大谷エッセイ「高2定例仏教講話『自利利他円満』真城義麿校長」 (PDF)”. 大谷高校. p. 8 (2010年9月22日). 2013年12月28日閲覧。
  18. ^ “髙橋義和議員による一般質問「1 市民歌について」” (PDF). 米沢市議会2011年12月定例会. 米沢市議会. (2011-12-09). p. 149. http://www.city.yonezawa.yamagata.jp/secure/5826/13takahasi-yosikazu.pdf 2013年12月28日閲覧。 
  19. ^ 須坂市制施行50周年記念サイト「いま須坂」歴史文化編 資料「須坂の歌・唄」 (PDF)”. 「いま、須坂」実行委員会. pp. 5-6 (2004年). 2013年12月28日閲覧。 - 制作経過と山田のコメントを収載。
  20. ^ 神谷千晶 (2008年9月27日). “白秋と耕筰の「旧網干町歌」原本、20年ぶりに発見”. 神戸新聞. オリジナル2008年9月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080930235332/http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0001485861.shtml 2013年12月28日閲覧。 
  21. ^ 日本国有鉄道 鉄道辞典編集委員会、岡部蔵造(「鉄道精神の歌」の項の解説執筆者)ほか 『鉄道辞典(デジタル復刻)』下、日本国有鉄道、公益財団法人交通協力会(原著1958年)、1217-1218頁。2013年12月28日閲覧。
  22. ^ 木村毅、植村清二・中西敬二郎(第20章の執筆者)・西田長壽 「第20章 士気昂揚」『丸善百年史—日本の近代化のあゆみと共に』(PDF)下、丸善1980年、1041-1044頁。2013年12月28日閲覧。


「山田耕筰」の続きの解説一覧





山田耕筰と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

山田耕筰に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「山田耕筰」の関連用語

山田耕筰のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

酒井 真樹

西表石垣国立公園

BMW M5

ファン

SH004

KTM 990 SuperDuke

600形

921T





山田耕筰のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
江戸net江戸net
Copyright (C) 2016 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2016 PianoTeachers' National Association of Japan
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山田耕筰 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS