小山内薫とは?

小山内薫 おさない かおる

小山内薫の肖像 その1
小山内薫の肖像 その2
明治14年7月26日昭和3年12月25日(1881~1928)

広島生まれ劇作家演出家東京帝国大学在学中から劇作始め卒業後の明治40年(1907)『新思潮』(第1次)を刊行海外戯曲紹介を行う。42年(1909)二代目市川左団次と共に西欧倣った自由劇場を興し、以降大正8年1919)まで西欧近代劇翻訳による新し演劇新劇)を上演した。市村座顧問松竹撮影所長も務め13年1924土方与志と共に新劇劇場としては初の有形劇場となる築地小劇場創立するなど、新劇運動において中心的役割を果たした。

キーワード 芸術家
著作等(近代デジタルライブラリー収載
  1. 小野のわかれ / 小山内薫著 中庸堂, 明40.3 <YDM87921>
  2. 演劇新潮 / 小山内薫著 博文館, 明41.12 <YDM74771>
  3. / 小山内薫著 春陽堂, 明41.8 <YDM95385>
  4. / 小山内薫著 水野書店, 明42.4 <YDM94506>
  5. 決闘 / チエホフ著 ; 小山内薫訳 前川文栄閣〔ほか〕, 明43.4 <YDM100979>
  6. やどり木 / 撫子小史著 盛林堂, 明43.3 <YDM95590>
  7. 演劇新声 / 小山内薫著 東雲堂, 明45.1 <YDM74770>

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

小山内薫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/13 03:09 UTC 版)

小山内 薫(おさない かおる、1881年明治14年)7月26日 - 1928年昭和3年)12月25日)は、明治末から大正・昭和初期に活躍した劇作家演出家批評家。日本の演劇界の革新にその半生を捧げた。




  1. ^ a b 『小山内薫 近代演劇を拓く』 小山内富子 著、慶應義塾大学出版会、2005年、53頁
  2. ^ ハーンの後任が夏目金之助である。
  3. ^ a b 舞台監督論
  4. ^ 私の履歴書 第三集』日本経済新聞社、1963年、10-16頁
  5. ^ text - 古書日月堂 | text | detail
  6. ^ 山田耕筰 - おんがく日めくり | YAMAHA
  7. ^ 現代舞踊の歴史 社団法人 現代舞踊協会
  8. ^ 初期文化学院における舞踏教育実践について ー山田耕筰による「舞踏詩」の試みー 平沢信康
  9. ^ 芸大コレクション展「斎藤佳三の軌跡-大正・昭和の総合芸術の試み-」
  10. ^ 『私の履歴書 文化人 12』日本経済新聞社、1984年、22頁
  11. ^ 『私の履歴書 文化人 10』日本経済新聞社、1984年、39頁
  12. ^ a b c 『日本映画の誕生 講座 日本映画1』 緑川亨著、岩波書店、1985年、39-44、112、118、119、195、196、275-283、339-341頁
  13. ^ 『小山内薫 近代演劇を拓く』 小山内富子 著、慶應義塾大学出版会、2005年、193頁。
  14. ^ ゆかりのある人物(小山内薫):中央区観光協会
  15. ^ 炭坑の中 -NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  16. ^ 音の仕掛人
  17. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)80頁
  18. ^ 森鴎外の『渋江抽斎』82に「町医者から五人扶持の小普請医者に抱えられた蘭方医小山内玄洋・・・後建と称して・・・中佐相当陸軍一等軍医正」云々の記述がある。父・小山内建の墓は広島市内、比治山陸軍墓地にある。
  19. ^ 『「現代日本」朝日人物事典』 朝日新聞社、1990年、397頁
  20. ^ 小山内は歌舞伎でも多くの劇評を書き、二代目市川左團次や初代中村吉右衛門とは親しく交友するなど梨園との関わりも深かった。


「小山内薫」の続きの解説一覧





小山内薫と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「小山内薫」の関連用語

小山内薫のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

伊集院五郎

大東義徹

福田英子

武藤山治

江藤新平

西周

斎藤実

松岡洋右





小山内薫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2017 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2017 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小山内薫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS