撫子とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 撫子 > 撫子の意味・解説 

なでしこ [2] 【撫子・〈瞿麦〉】

ナデシコ科多年草山野,特に河原多く自生は高さ3050センチメートルは広線形。夏から秋にかけ,の上部が分枝して径3センチメートルほどの淡紅色の花をつける。花弁は縁が細裂する。秋の七草の一。カワラナデシコヤマトナデシコ古名トコナツ[季] 秋。 〔「瞿麦」はセキチク漢名としても当てる
(かさね)色目の名。表は紅梅,裏は青。なでしこがさね
家紋の一。「常夏とこなつ」に同じ。
なでるようにしてかわいがる子。花のナデシコにかけていう。 「双葉に生ひし-を来る朝ごとにかき撫でて/宇津菊の宴

撫子


カワラナデシコ

カワラナデシコ
科名 ナデシコ科
別名: -
生薬名: セキチク石竹)・ナデシコ(撫子)・クバクシ瞿麦子
漢字表記 川原撫子
原産 日本中国
用途 川辺野原自生する多年草果実に黒い種子があり、これをクバクシ瞿麦子」といい、消炎利尿などに用います。
学名: Dianthus chinensis L.
   

撫子

読み方:ナデシコnadeshiko

ナデシコ科多年草で、秋の七草一つ

季節 秋、夏

分類 植物


撫子

読み方
撫子なでしこ

撫子 (曖昧さ回避)

(撫子 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/21 08:43 UTC 版)

撫子(なでしこ)とは、撫でるように可愛がっている子、愛しい子、愛児。瞿麦(くばく)とも言う[1]




「撫子 (曖昧さ回避)」の続きの解説一覧





撫子と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「撫子」の関連用語

撫子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ネムノキ

ベラドンナ

セイヨウノコギリソウ

タヌキマメ

ハナハッカ

ユキザサ

ヌルデ

ナギナタコウジュ





撫子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2017, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの撫子 (曖昧さ回避) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS