野田聖子 野田聖子の概要

野田聖子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/28 13:34 UTC 版)

野田 聖子
のだ せいこ
内閣広報室より公表された肖像
(2019年撮影)
生年月日 (1960-09-03) 1960年9月3日(63歳)[1]
出生地 日本福岡県北九州市[2]
出身校 上智大学外国語学部比較文化学科卒業
前職 帝国ホテル従業員[3]
所属政党自由民主党高村派→無派閥)→)
(無所属→)
自由民主党(無派閥)
称号 文学士(上智大学・1983年名誉博士(聖徳大学・2022年
配偶者 野田文信(2011年 - )
子女 1人(長男:2011年 -)
親族 島稔(父)
野田卯一(祖父・養父)
島徳蔵(曽祖父・養祖父)
公式サイト 野田聖子オフィシャルホームページ

内閣 第1次岸田内閣
第2次岸田内閣
在任期間 2021年10月4日 - 2022年8月10日

内閣 第4次安倍内閣
第1次岸田内閣
第2次岸田内閣
在任期間 2017年11月1日 - 2018年10月2日
2021年10月4日 - 2022年8月10日

内閣 第3次安倍第3次改造内閣
第4次安倍内閣
在任期間 2017年8月3日 - 2018年10月2日

内閣 麻生内閣
在任期間 2009年9月1日 - 2009年9月16日

内閣府特命担当大臣
食品安全科学技術政策
内閣 福田康夫改造内閣
麻生内閣
在任期間 2008年8月2日 - 2009年9月16日

その他の職歴
第64代 郵政大臣
小渕内閣小渕第1次改造内閣
1998年7月30日 - 1999年10月5日
衆議院議員
旧岐阜1区→)
岐阜1区→)
比例東海ブロック→)
岐阜1区
当選回数 10回
1993年7月19日 - 現職)
岐阜県議会議員
1987年4月 - 1990年2月4日
第52代 自由民主党総務会長
総裁:安倍晋三
2012年12月25日 - 2014年9月3日
第7代 自由民主党幹事長代行
総裁:菅義偉
2020年9月15日 - 2021年10月4日)
テンプレートを表示

岐阜県議会議員(1期)、郵政大臣第64代)、内閣府特命担当大臣消費者食品安全科学技術政策)、総務大臣(第20・21代)、内閣府特命担当大臣(男女共同参画マイナンバー制度)、自由民主党総務会長(第52代)、衆議院災害対策特別委員長、衆議院予算委員長自民党党・政治制度改革実行本部長自民党幹事長代行(第7代)、内閣府特命担当大臣地方創生少子化対策男女共同参画)、女性活躍担当大臣子ども政策担当大臣、孤独・孤立対策担当大臣などを歴任した。曽祖父・島徳蔵。父親は島稔[5]。祖父は大蔵事務次官参議院議員、衆議院議員、経済企画庁長官建設大臣などを歴任した野田卯一[6]。夫の野田文信は元暴力団員(裁判で真実と認定[7][8]。選択的夫婦別姓賛成など、自民党内きってのリベラル政治家と評される[9]


  1. ^ この最年少記録は、10年後の麻生内閣で小渕の娘である小渕優子に更新された。
  2. ^ 1989年8月から1990年2月まで内閣官房長官が森山真弓だった時の海部内閣では、海部俊樹首相が外遊時には橋本龍太郎蔵相が首相臨時代理を務めており、森山が首相臨時代理に就任することはなかった。
  3. ^ この制度では、候補者個人が小選挙区で有権者から支持されず、対立候補よりも少ない得票しか得られなかった場合でも、その所属する政党全体が比例代表で得た得票のおかげで、その個人が当選して国会議員となることができる場合がある。2017年の衆議院議員総選挙では、そのように「復活当選」した議員が全体の約4割を占める176名にのぼった。なお、野田自身も2009年の選挙で復活当選したことがある。
  1. ^ a b c d 国会議員情報 野田 聖子(のだ せいこ) 時事ドットコム
  2. ^ a b c 衆議院トップページ >議員情報 >議員一覧 >野田 聖子君 (2021年9月現在)
  3. ^ a b 野田聖子オフィシャルホームページ・プロフィール
  4. ^ 野田聖子.不器用.朝日新聞社2007年(平成19年),ISBN 978-4-02-250332-9,p. 13.
  5. ^ 野田聖子・総務相 8000万円父親献金に贈与税逃れ疑惑”. NEWSポストセブン. 2022年8月9日閲覧。
  6. ^ 野田聖子.不器用.朝日新聞社,2007年(平成19年),ISBN 978-4-02-250332-9,p. 12-13.
  7. ^ 最高裁で判決確定 野田聖子大臣の夫が「元暴力団員は真実」「週刊文春」編集部、文春オンライン、2022年8月9日閲覧
  8. ^ a b 仮想通貨醜聞でGACKTと野田聖子議員揃ってアウト!! – 東京スポーツ新聞社”. 東スポWeb. 2022年8月9日閲覧。
  9. ^ a b 自民党総裁選、野田聖子氏が望月記者に推されて「いい迷惑」!?”. SAKISIRU(サキシル)| 先を知る、新しい大人のメディア. 2022年8月9日閲覧。
  10. ^ 野田聖子・根津八絋 『この国で産むということ』 ポプラ社 ISBN 978-4-591-12056-92011年 p. 48.
  11. ^ 野田聖子.不器用.朝日新聞社,2007年(平成19年),ISBN 978-4-02-250332-9,p. 48.
  12. ^ 野田聖子 『国民のみなさまにお伝えしたいこと』 PHP研究所 ISBN 978-4-569-55017-61996年 p. 251.
  13. ^ 野田聖子.不器用.朝日新聞社,2007年(平成19年),ISBN 978-4-02-250332-9,p. 207.
  14. ^ 野田聖子.不器用.朝日新聞社,2007年(平成19年),ISBN 978-4-02-250332-9,p. 11.
  15. ^ 野田聖子.不器用.朝日新聞社,2007年(平成19年),ISBN 978-4-02-250332-9,p. 50.
  16. ^ 1980年に山口シヅエが落選して以来、自民党には女性の衆議院議員が不在だった。なお、この選挙で無所属当選した田中眞紀子が直後に自民党の追加公認を受けたため、当選後の自民党では野田と田中の2人が女性の衆議院議員となった。
  17. ^ 社会問題化する児童買春阻止立法の実現を 週刊法律新聞 1996年11月22日より
  18. ^ “かつて“女性議員のホープ”と注目…自民党総裁選に出馬の野田聖子氏 これまでの経歴 現在衆院議員9期目”. 東海テレビ. (2021年9月17日). https://www.tokai-tv.com/tokainews/article_20210917_11816 2024年1月9日閲覧。 
  19. ^ “野田聖子氏「小渕人事のすさまじさ、だんだん伝わる」 (5月4日付朝刊政界面関連インタビュー)”. 日本経済新聞社. (2014年5月4日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS3001I_R00C14A5I10000/ 2018年5月23日閲覧。 
  20. ^ 旧・公式サイト
  21. ^ 自民党離党にあたって 2005.11.01ひとことコラム
  22. ^ “野田聖子氏が自民党離党へ 離党勧告に従う意向”. 共同通信. (2005年10月29日). オリジナルの2015年8月19日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/VqdeA 2021年9月20日閲覧。 
  23. ^ 中央ジャーナル
  24. ^ “静岡7区・片山氏「振り子が戻るとき、必ずある」”. 朝日新聞. (2009年8月31日). https://www.asahi.com/senkyo2009/news/TKY200908300263.html 2021年9月20日閲覧。 
  25. ^ 上賀茂保育園での給食 上賀茂保育園で園児らと給食を食べる野田聖子氏
  26. ^ “こんにゃくゼリー自主回収検討を/野田氏、製造元に要請”. 四国新聞. (2008年10月2日). https://www.shikoku-np.co.jp/national/political/20081002000396 2021年9月20日閲覧。 
  27. ^ こんにゃく入りゼリー販売禁止要請を検討… 野田聖子氏 ZAKZAK 2008/09/30
  28. ^ 「こんにゃくゼリー」法規制混迷 「もち」「米」も危険という声も 2008/10/14 19:19 J-CASTニュース
  29. ^ 毎日新聞 2008年10月16日夕刊
  30. ^ J-CAST 2008年10月16日
  31. ^ “野田消費者担当相が靖国参拝 小泉・安倍両元首相も”. 産経新聞. (2009年8月15日). http://sankei.jp.msn.com/life/education/090815/edc0908151334007-n1.htm 2010年1月31日閲覧。 [リンク切れ]
  32. ^ “靖国、衆参44議員が参拝 閣僚は野田担当相のみ 首相、鳩山代表の姿なく”. 産経新聞. (2009年8月15日). http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090815/plc0908151948006-n1.htm 2010年1月31日閲覧。 [リンク切れ]
  33. ^ http://www.noda-seiko.gr.jp/old_data/kiji/zasshi6.html
  34. ^ 「朝日新聞」2005年6月5日
  35. ^ 49歳野田聖子議員が妊娠 第三者の卵子使い体外受精 朝日新聞 2010年8月26日閲覧[リンク切れ]
  36. ^ 野田聖子氏が男児出産 産経新聞 2011年1月6日閲覧[リンク切れ]
  37. ^ 野田聖子議員が婚姻届提出 長男の出生届直前に 2011年2月23日 10:40 スポニチ
  38. ^ 公式ブログ 2011年2月22日
  39. ^ SANSPO 2011年2月23日
  40. ^ 【野田聖子議員】息子は「脳梗塞」で半身不随、口から食事ができない「食道閉鎖症」。諦めきれなかった出産を経験し、いま女性たちに伝えたい想いとは, HugKum, (2023-09-01), https://hugkum.sho.jp/516128 2024年1月9日閲覧。 
  41. ^ 再開・再会, 野田聖子オフィシャルブログ「ヒメコミュ」Powered by Ameba, (2013-04-08), https://ameblo.jp/seiko-noda/entry-11507597821.htm 2020年9月14日閲覧。 
  42. ^ [1]
  43. ^ [2]
  44. ^ いろいろ…”. 野田聖子オフィシャルブログ「ヒメコミュ」. 2015年9月10日閲覧。
  45. ^ “【安倍政権考】野田聖子氏はなぜこれほど総裁選出馬にこだわるのか? (1/4ページ)”. 産経新聞. (2015年9月7日). http://www.sankei.com/politics/news/150907/plt1509070022-n1.html 
  46. ^ “【自民総裁選】野田聖子氏がなお推薦人集めに奔走 背後で古賀誠氏らが支援… 警戒強める党執行部(2/2ページ)”. 産経新聞. (2015年9月7日). https://www.sankei.com/article/20150907-XJJRIGDIQBOU5PWLWFJXWOXLAM/2/ 
  47. ^ “野田氏の推薦人、尾辻氏が名乗り 自民党総裁選”. 日本経済新聞. (2015年9月4日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS04H4H_U5A900C1PP8000/ 
  48. ^ “自民総裁選、首相が無投票再選 野田氏は出馬断念”. 日本経済新聞. (2015年9月8日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS08H0D_Y5A900C1000000/ 
  49. ^ 金融庁、公開請求者の情報漏出認める 野田総務相も謝罪 朝日新聞 2018年7月24日付
  50. ^ “【自民党総裁選】野田聖子総務相が正式に出馬断念を表明 推薦人を確保できず”. 産経新聞. (2018年8月31日). https://www.sankei.com/article/20180831-G7AG2LVN6ZMUXCWFV3PGA6WXMA/ 2018年8月31日閲覧。 
  51. ^ 自民党が衆院常任・特別委員長ら了承 予算委員長に野田聖子前総務相
  52. ^ 野田聖子氏がレジオン・ドヌール勲章を受章”. 駐日フランス大使館 (2020年12月29日). 2021年5月30日閲覧。
  53. ^ “自民の野田聖子氏「首相目指す」地元パーティーで強調”. 共同通信. (2020年11月15日). https://web.archive.org/web/20201115123436/https://this.kiji.is/700671283818284129?c=39546741839462401 2020年11月15日閲覧。 
  54. ^ 野田聖子氏、総裁選に立候補へ 4氏争う構図、7派閥の対応出そろう”. www.msn.com. 2021年9月16日閲覧。
  55. ^ 1回目投票1位・岸田氏、2位・河野氏…自民党総裁選 : 政治 : ニュース”. 読売新聞オンライン (2021年9月29日). 2021年10月1日閲覧。
  56. ^ 自民新総裁に岸田氏、決選投票で257票 河野氏は170票”. 日本経済新聞 (2021年9月29日). 2021年10月1日閲覧。
  57. ^ 野田氏が閣議主宰 女性初か 松野氏 きょうコロナ療養から復帰”. FNNプライムオンライン. 2022年8月2日閲覧。
  58. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p パラダイム・シフト”. 野田聖子オフィシャル・サイト. 野田聖子. 2021年9月19日閲覧。
  59. ^ a b 永田大、野平悠一 (2021年9月19日). “野田氏、議員定数削減めぐり「比例復活当選の廃止」を主張 総裁選”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASP9M6KK6P9MUTFK00R.html 2021年9月20日閲覧。 
  60. ^ ホーム”. 野田聖子オフィシャル・サイト. 野田聖子. 2021年9月19日閲覧。
  61. ^ 政策について”. 野田聖子オフィシャル・サイト. 野田聖子. 2021年9月19日閲覧。
  62. ^ “自民党が少子化を加速させた 自民党・野田聖子衆院議員インタビュー”. 日経ビジネスオンライン. (2010年2月15日). http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20100212/212656/ 2010年2月17日閲覧。 
  63. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  64. ^ http://www.noda-seiko.gr.jp/old_data/hitokoto/140724.html
  65. ^ “A/66/10号文件 琢法*员会第六十三B会议工作报S (2011年I月26日至6月3日和7月4日至8月12日)”. 国际法委员会年鉴 2011 年, 第二卷, 第二部分. (2019-10-23). doi:10.18356/7fcedcaa-zh. ISSN 2412-1231. https://doi.org/10.18356/7fcedcaa-zh. 
  66. ^ a b 「選択的夫婦別姓『党内で議論すらできず』 自民・野田氏」、日本経済新聞、2015年12月22日
  67. ^ 「少子高齢化で国力が深刻になったときが出番」、『政財界』2004年3月号、政界出版社
  68. ^ 『野田聖子・自民党前総務会長が斬る「一億総活躍」の行方(下)』、ダイアモンド・オンライン、2016年2月3日。
  69. ^ a b 安田 聡子 (2019年3月17日). “野田聖子議員が、同性婚への支持を表明。「日本の未来をより明るくするカギになる」”. ハフィントン・ポスト. https://www.huffingtonpost.jp/entry/equal-marriage-event-politicians_jp_5c8d68c3e4b03e83bdc1a87d 2021年9月19日閲覧。 
  70. ^ 野田聖子公式ホームページ 政策について
  71. ^ 共同通信 (2021年9月17日). “閣僚の半分は女性登用したいと野田氏 | 共同通信”. 共同通信. 2021年9月26日閲覧。
  72. ^ 自民党役員の紅一点は「女性政策」嫌い?安倍氏とタッグで岸田氏いじりも…野田聖子氏の素顔と総理の夢 - FNNプライムオンライン(2020年10月14日)
  73. ^ “森友問題で野田氏「調査する必要ある、国民納得せず」 他候補は否定”. 朝日新聞. (2021年9月17日). https://www.asahi.com/articles/ASP9K5HPXP9KUTFK01X.html 2021年9月20日閲覧。 
  74. ^ 「『TPP交渉参加反対の国会請願』紹介議員について」、全国農業協同組合中央会、2011年11月8日
  75. ^ http://www.noda-seiko.gr.jp/old_data/katudo/kokkai06_2.html
  76. ^ 「自民党総務会、カジノ法案を了承 今国会に提出したい考え」フジニュースネットワーク 2013/11/29(金)
  77. ^ 高倉泰伸、「野田聖子衆議院議員、『カジノ合法化法案』来年(08年)の通常国会での成立を示唆 「第2回カジノin お台場」のイベントで」、話題のイベント・人・企業、株式会社インタークロス・コミュニケーションズ
  78. ^ a b 野津誠 「子供ポルノアニメの取り締りには新法を作るべき」野田聖子議員ユニセフ、ECPATらがシンポジウム 2007/03/30 11:14
  79. ^ 平野裕二 「児童買春等禁止法改正に関するユニセフ公開セミナー」(2003年6月9日)の報告と疑問点
  80. ^ [3]
  81. ^ 平成15年9月10日 「第156回通常国会を終えて」(その2) 野田聖子ホームページ
  82. ^ [4]
  83. ^ キャサリン通信 第20号 2005.1.15
  84. ^ 野田聖子氏「南沙諸島、日本は関係ない」 HuffPost 2015年11月04日
  85. ^ 呆れた不見識…自民・野田聖子氏の「南シナ海は関係ない」発言に批判の嵐 首相目指す資格問う声も… 産経新聞 2015.11.24
  86. ^ 無戸籍者は567人=8割が「嫡出推定」回避理由-法務省集計 時事通信、2015年3月27日
  87. ^ a b c d e f g h i j Noda, Office Seiko. “プロフィール | 野田聖子オフィシャルホームページ”. www.noda-seiko.gr.jp. 2018年5月29日閲覧。
  88. ^ Facebookにログイン”. Facebook. 2023年6月29日閲覧。
  89. ^ “<民団岐阜本部>野田議員を祝福…日韓議連女性部会長就任”. 民団新聞. (2017年6月28日). https://www.mindan.org/old/front/newsDetail8f82.html 
  90. ^ 再会”. 野田聖子オフィシャルブログ「ヒメコミュ」 (2012年7月12日). 2021年10月3日閲覧。
  91. ^ 金曜アンテナ、2015年3月13日
  92. ^ 神道政治連盟|応援しています!
  93. ^ 野田聖子オフィシャルサイト
  94. ^ 産経ニュース(2023年3月15日)
  95. ^ パチンコ・チェーンストア協会(PCSA)
  96. ^ a b 「野田聖子議員『ひきょうだと思う』――事務所放火事件」『asahi.com:野田聖子議員「ひきょうだと思う」 事務所放火事件 - 社会朝日新聞社2007年8月10日
  97. ^ 大会レポート(2021年5月23日~12月19日)”. アジアと日本の平和と安全を守る全国フォーラム. 2022年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月13日閲覧。
  98. ^ a b @noda_seiko93 (2022年8月9日). "旧統一教会関連団体との関係報道について". X(旧Twitter)より2022年8月10日閲覧
  99. ^ 大会レポート(2022年1月15日~6月26日)”. アジアと日本の平和と安全を守る全国フォーラム. 2022年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月13日閲覧。
  100. ^ 野田聖子氏、自民ジェンダー政策に旧統一教会などが影響と見方”. 東京新聞. (2022年10月5日) 
  101. ^ 太田裕子 (2021年9月12日). “高市氏でも野田氏でもシラける女の総裁選の闘い 直木賞作家・中島京子、望月衣塑子記者〈dot.〉”. AERA dot. (アエラドット). 2022年8月9日閲覧。
  102. ^ “野田聖子総務相が始球式 新魔球?で防災アピール”. 産経フォト (産業経済新聞社). (2017年8月27日). https://www.sankei.com/photo/photojournal/news/170827/jnl1708270002-n1.html 2017年8月29日閲覧。 
  103. ^ 野田聖子「総裁は私以外の誰かだろうと思う」早々の白旗でも彼女に期待する理由”. ダイヤモンド・オンライン (2021年9月26日). 2022年8月9日閲覧。
  104. ^ 韓国系の夫持つ野田聖子幹事長代行が出馬表明…自民党総裁選は四つどもえ”. 朝鮮日報 (2021年9月18日). 2021年9月18日閲覧。
  105. ^ a b “野田聖子幹事長代行の夫は元暴力団員 「警察庁文書」に記載”. 文春オンライン. (2021年9月8日). https://bunshun.jp/articles/-/48499 2021年9月9日閲覧。 
  106. ^ 野田議員が体外受精で妊娠 問われる「母親とは誰か」”. J-CAST ニュース (2010年8月26日). 2022年8月9日閲覧。
  107. ^ 週刊文春 2017年9月28日号
  108. ^ 東京地裁令和3年4月21日平成30年(ワ)第25246号、同26242号
  109. ^ 野田聖子の夫は「元暴力団員」と裁判所が認定 約10年間組員として活動【上半期ベスト15】”. デイリー新潮. 2021年9月24日閲覧。
  110. ^ 圧力問題「野田聖子」が漏らしちゃった“朝日が私を調べている…” 夢を壊した「夫」の素顔”. デイリー新潮. 2021年9月24日閲覧。
  111. ^ 野田大臣の夫、2審も敗訴 新潮報道は「重要部分が真実」”. 産経新聞. 2022年1月7日閲覧。
  112. ^ 野田聖子の夫は「元暴力団員」と高裁も認定 約10年間組員として活動【スクープその後】”. デイリー新潮. 2022年1月7日閲覧。
  113. ^ 令和4年(オ)第733号、令和4年(受)第914号
  114. ^ 最高裁で判決確定 野田聖子大臣の夫が「元暴力団員は真実」”. 文春オンライン (2022年8月9日). 2024年1月9日閲覧。
  115. ^ @noda_seiko93 (2022年8月10日). "夫に関する報道について". X(旧Twitter)より2022年8月20日閲覧
  116. ^ “野田聖子議員の夫が国提訴 「元組員と虚偽漏えい」―東京地裁”. 時事ドットコム. (2023年1月12日). https://www.jiji.com/amp/article?k=2023011200911&g=soc 2023年1月13日閲覧。 
  117. ^ 野田聖子.不器用.朝日新聞社,2007年(平成19年),ISBN 978-4-02-250332-9,p. 13.
  118. ^ 野田聖子ホームページ(安倍晋三との対談)






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「野田聖子」の関連用語

野田聖子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



野田聖子のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの野田聖子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS