渋滞 各国・各地域における渋滞

渋滞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/12/20 02:55 UTC 版)

各国・各地域における渋滞

ルーマニアブカレストでの路面電車による渋滞の一例(2009年12月15日)。ブカレストでは、約200万人の人口に対し、150万台の自動車が登録されています。

古代ローマでは馬車の交通需要が増大し、交通渋滞が日常的に発生していたといわれている[19]カエサルは渋滞対策として日中に都心部へ馬車の乗り入れを禁止する施策を実施したが、こうした日中で斥けられた馬車は夜間に振り向けられ、キケロが家族に送った手紙には「ローマでの真夜中の馬車の騒音は、ローマに住み利便性を享受する上では我慢しなければならない」旨が記されていた[19]。また、11世紀頃のベネチアでは、ゴンドラの数だけでも1万を超え、運河での事故や渋滞が大きな問題となった[19]。ゴンドラは所有者によって大きさなどの仕様が異なる状態であり、ゴンドラの様式を標準化することで水上交通の渋滞緩和を図ったとされている[20]

2008年9月、台北での交通渋滞。
台北では主にオートバイによって渋滞が引き起こされている。

2010年、米外交専門誌フォーリン・ポリシーは、世界で最も交通渋滞が深刻な都市として、モスクワラゴスメキシコシティサンパウロ北京市の5つの都市を挙げている。このうちサンパウロでは2013年11月に、それまで世界で最も長いといわれた165マイル(約265 km)超の記録を塗り替え、309km以上の渋滞を記録している。その他にも2010年8月14日には、中国の北京~ラサ間のG110国道京蔵高速道路で100キロに及ぶ渋滞が10日以上にわたって続いた[21]。またBBCの2012年の調査によれば、バンコクジャカルタナイロビマニラムンバイの上位5都市が、渋滞が深刻な世界の都市としてランクインしている[22]

世界三大渋滞

異説もあるが、以下の3都市は世界で最も渋滞の発生する都市と言われている[23][24]

オランダカーナビゲーションメーカーTOMTOM英語版2016年のデータをもとに交通渋滞がひどい都市のランキングを発表したが、上記の3都市がワースト3を占めている[25]

交通データ解析を行うアメリカINRIX英語版が世界38か国、1064都市を対象に渋滞状況を分析した2016年版の調査では、ワースト3はロサンゼルスモスクワニューヨークとなっており、バンコクは12位、ジャカルタは22位であった[26]

米国における渋滞

自動車が普及する前のアメリカの都市では馬車交通が主流であったが、馬の死体が放置されて衛生問題や交通渋滞を引き起こした[20]。自動車は馬のように「死なず」、交通環境を改善させるものとして期待され、その後モータリゼーションの時代に突入する[27]

テキサスA&M大学テキサス交通研究所の調査(2004年)では、アメリカの都市部のドライバーが渋滞で動けなくなっている時間は1992年には年16時間だったが、2002年には年46時間まで悪化した[16]

交通渋滞対策への財政負担は1982年には年間約140億ドルだったが、2004年には年間約630億ドルにまで膨れ上がっている[16]

2004年のテキサスA&M大学テキサス交通研究所の調査によると、ロサンゼルスでは年間平均93時間、サンフランシスコで年間平均73時間、ワシントンDCで年間平均67時間の遅延が発生している[16]

日本における渋滞

日本国内における渋滞の損失時間は1人あたり年間約40時間(2012年度データより)とされている[28]。産業活動における道路交通の役割は大きく、渋滞によって国内産業活動の効率化や産業の競争力向上にとって大きな足枷となる[29]。そのため、警察庁国土交通省地方自治体と協力し、徹底して渋滞の解消を目指している[29]

日本における定義

交通渋滞の定義は、道路管理者や交通管理者ごとに異なっている。例えば、警視庁では統計上、下記を渋滞の定義としている(警視庁交通部 交通量統計表)[30]

また、首都高速道路では走行速度が20 km/h以下になった状態を、阪神高速道路では走行速度が30 km/h以下になった状態を渋滞として扱っており、それぞれの道路の特性によって渋滞と判定する「閾値(しきいち・いきち)」が定められている[31]。同じ高速道路でも都市間高速道路に比べて都市内高速道路(首都高速・阪神高速など)はカーブや勾配が急で制限速度が厳しいため、交通サービスが低く、低速であっても渋滞と感じづらく、渋滞と判定する速度が低い[32]。なお、イギリスでは80 km/hで渋滞と感じる報告もあり、渋滞と判定する速度が低い日本人は混雑した交通状態に慣れているともいえる[31]

総距離の長い渋滞

発生日時 先頭 末尾 延長 備考
1995年12月27日 名神高速道路 秦荘PA
滋賀県愛荘町、現・湖東三山PA)
東名高速道路 赤塚PA
愛知県豊川市
154 km 日本の渋滞最長記録
滋賀県~愛知県でのゲリラ豪雪による通行止めの影響
1990年8月12日 中国自動車道 山崎IC
兵庫県山崎町
名神高速道路 瀬田西IC
(滋賀県大津市
135 km
1995年8月11日 名神高速道路 竜王IC
(滋賀県竜王町
中国自動車道 福崎IC
(兵庫県福崎町
129 km 名神・中国道の下り車線で、お盆休みの帰省の影響[33]
1995年5月2日 東北自動車道 東北自動車道 126 km 東北道の下り車線で、ゴールデンウィークの行楽客の影響[33]
1994年8月13日 関越自動車道 水上IC
(群馬県水上町
関越自動車道 川越IC
(埼玉県川越市
122 km
2006年8月 東北自動車道 那須高原SA
(栃木県那須町
東北自動車道 館林IC
(群馬県館林市
113 km

高速道路における渋滞の多発地点

2014年国土交通省では、日本全国の高速道路において収集した各種交通データを活用し、日本全国の高速道路の渋滞ワーストランキングを発表している[34]。以下に、年間ワースト10を挙げる。

  1. 東名高速道路 上り 海老名JCT - 横浜町田IC
  2. 東名高速道路 上り 秦野中井IC - 厚木IC
  3. 東名高速道路 下り 横浜町田IC - 海老名JCT
  4. 中国自動車道 上り 西宮山口JCT - 宝塚IC
  5. 中央自動車道 上り 調布IC - 高井戸IC
  6. 東名高速道路 上り 東名川崎IC - 東京IC
  7. 東名高速道路 下り 豊川IC - 音羽蒲郡IC
  8. 中国自動車道 下り 中国池田IC - 宝塚IC
  9. 東名阪自動車道 上り 亀山JCT - 鈴鹿IC
  10. 東名高速道路 下り 大井松田IC - 御殿場IC

開発途上国における渋滞

開発途上国では交通行動の変容によるインフラの整備が追い付いていない状況である[35]。例えば、停電に伴う信号機の消灯や、河川整備の未成熟なために生じる冠水の影響によって渋滞が発生する[36]。また、牛車などの極端に走行速度が遅い車両や路上での故障車両によって渋滞が生じることもある[36]。さらには、交通ルールやマナーが十分に守られていないために生じる渋滞も見られる[36]。 一方で、非効率な信号制御やロータリー交差点の導入など、中途半端な渋滞対策により渋滞を悪化させている例が多い[37]

開発途上国の渋滞の要因には次のようなものがある。

  • 特徴的な車種構成の問題
開発途上国では自動車と自動車の隙間を走行するオートバイ、小型車両を利用した個人営業によるバスとタクシーの中間的なサービス形態の存在と道路上での客待ち、人力車や牛車など走行速度の遅い車両の存在など特徴的な車種構成が渋滞の要因になっている[15]
  • 交通ルールと運転マナーの問題
開発途上国では特に違法な路上駐車などの交通ルールの不徹底、渋滞時の反対車線の逆走やオートバイの中央分離帯の走行などが問題になっている[15]
  • 特殊要因
その他の開発途上国の渋滞の特殊要因として、ピーク時の政府要人等の通行による車両の通行止め、中古車が多いことによる路上でのエンスト、運転手の資金難による路上でのガス欠、電力不足による信号機の停止、雨季の道路の冠水などがある[15]

注釈

  1. ^ この「人の長蛇の列」のことは、「渋滞」ではなく、「行列」と呼ぶ。
  2. ^ そもそも、「停止して車列が動かない状態」は、「20 km/h以下」に含まれる。なぜならば、「停止して車列が動かない状態」=0 km/hであり、0 km/h < 20 km/hであるからである。
  3. ^ それは大阪市電全廃(1969年)の引き金となり、さらに1960年代から1970年代にかけて全国各都市で相次いだ路面電車廃止の遠因ともなった。
  4. ^ かつての旧日本道路公団や旧本州四国連絡橋公団でも、走行速度40 km/h以下になった場合を渋滞と定義した[6]

出典

  1. ^ 岩崎征人 2015, p. 8.
  2. ^ 交通工学研究会 2005, p. 9.
  3. ^ 交通工学研究会 2018, p. 151.
  4. ^ 交通工学研究会 2005, p. 3.
  5. ^ 交通工学研究会 2005, p. 5.
  6. ^ a b c d 浅井建爾 2001, p. 184.
  7. ^ a b 浅井建爾 2015, p. 205.
  8. ^ a b c 浅井建爾 2001, p. 180.
  9. ^ 東北港湾におけるパナマ運河拡張による影響について”. 東北地方整備局港湾空港部. 2017年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月12日閲覧。
  10. ^ 高 欣佳, 牧野秀成, 古莊雅生「AISデータを用いた沖待ち船舶の航行実態解析に関する研究」『土木学会論文集B3(海洋開発)』第70巻第2号、土木学会、2014年、I_948-I_953、doi:10.2208/jscejoe.70.I_948NAID 130004697411 
  11. ^ 国土交通省 2003, p. 6.
  12. ^ a b c d e 浅井建爾 2015, p. 196.
  13. ^ a b 国土交通省 2003, p. 11.
  14. ^ 国土交通省 2003, p. 12.
  15. ^ a b c d e 海外の交通渋滞の状況とわが国の取り組み”. 建設コンサルタンツ協会. 2018年8月1日閲覧。
  16. ^ a b c d e リチャード・フロリダ『クリエイティブ資本論』ダイヤモンド社刊(2007年)
  17. ^ a b Hiroshi Makishita and Katsuya Matsunaga (2008-03-01). “Differences of drivers’ reaction times according to age and mental workload” (英語). Accident Analysis & Prevention 40 (2): 567–575. doi:10.1016/j.aap.2007.08.012. ISSN 0001-4575. https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0001457507001418. 
  18. ^ a b c d Simon Heslop (2014-01-01). “Driver boredom: Its individual difference predictors and behavioural effects” (英語). Transportation Research Part F: Traffic Psychology and Behaviour 22: 159–169. doi:10.1016/j.trf.2013.12.004. ISSN 1369-8478. https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S1369847813001332. 
  19. ^ a b c 交通工学研究会 2005, p. 141.
  20. ^ a b 交通工学研究会 2005, p. 142.
  21. ^ “史上最大の交通渋滞!北京-ラサ間高速道で、100キロが9日連続”. レコード・チャイナ. (2010年8月25日). オリジナルの2016年3月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160305012741/http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20100825/Recordchina_20100825023.html 
  22. ^ NHK BS1キャッチ!世界の視点」でもジャカルタを取り上げた。解消せよ!ジャカルタの渋滞問題”. NHK報道番組 「特集まるごと」 (2014年8月18日). 2016年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月28日閲覧。
  23. ^ 森山たつを「世界三大渋滞のひとつメキシコシティその交通機関を考える」『ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行 メキシコお気楽編』学研プラス、2017年。ISBN 9784292001464 
  24. ^ 『緑の読本』 第33巻、公害対策技術同友会、1997年、78頁。 
  25. ^ 渋滞最悪はメキシコシティ、バンコク2位 蘭カーナビメーカー調査”. ニュースクリップ (2017年2月23日). 2018年8月28日閲覧。
  26. ^ 渋滞最悪はLA、バンコク12位 米社調査”. ニュースクリップ (2017年2月21日). 2018年8月28日閲覧。
  27. ^ 交通工学研究会 2005, pp. 142–143.
  28. ^ 国土交通省道路局 2015, p. 2.
  29. ^ a b 国土交通省 2003, p. 10.
  30. ^ 平成23年中の都内の交通渋滞統計(一般道路、首都高速道路) 警視庁ホームページ
  31. ^ a b 交通工学研究会 2005, p. 17.
  32. ^ 交通工学研究会 2005, p. 18.
  33. ^ a b ロム・インターナショナル(編) 2005, p. 67.
  34. ^ 渋滞ワーストランキング”. 国土交通省. 2021年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月28日閲覧。
  35. ^ 浅田薫永・川口裕久 2015, p. 20.
  36. ^ a b c 浅田薫永・川口裕久 2015, p. 21.
  37. ^ 浅田薫永・川口裕久 2015, pp. 21–22.
  38. ^ a b c d e 越正毅 1989, p. 112.
  39. ^ a b 交通工学研究会 2018, p. 152.
  40. ^ a b c d e 浅井建爾 2015, p. 198.
  41. ^ 浅井建爾 2015, p. 199.
  42. ^ a b c 交通工学研究会 2018, p. 153.
  43. ^ 越正毅 1989, pp. 112–113.
  44. ^ a b 峯岸邦夫 2018, pp. 28–29.
  45. ^ a b c d e 浅井建爾 2015, p. 203.
  46. ^ a b c 末吉陽子 (2018年2月22日). “たった1台の割り込みが渋滞40kmに…「渋滞学」最前線”. p. 1. 2018年8月28日閲覧。
  47. ^ a b c d e f g h 浅井建爾 2015, p. 200.
  48. ^ a b c 峯岸邦夫 2018, p. 30.
  49. ^ 交通工学研究会 2005, p. 15.
  50. ^ “グリッドロック:「超」渋滞現象、震災で初確認”. 毎日jp (毎日新聞). (2012年10月3日). オリジナルの2012年10月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121007222042/http://mainichi.jp/select/news/20121003k0000m040151000c.html 
  51. ^ 中村新之介, 植村匠, 上瀧剛, 内村圭一「確率的最適化による深層学習とマルチエレメントGAを用いた道路交通信号パラメータの最適化」『研究報告高度交通システムとスマートコミュニティ(ITS)』2016-ITS-64第4号、2016年2月。 
  52. ^ 国土交通省都市・地域整備局街路交通施設課 著、街路交通事業研究会 編『平成22年版 街路交通事業事務必携』日本交通計画協会、2010年12月20日。 
  53. ^ 峯岸邦夫 2018, pp. 80–81.
  54. ^ 峯岸邦夫 2018, pp. 30–31.
  55. ^ 永福ランプ(清水草一) (2018年9月19日). “高速道路脇の壁にある「緑や青の流れるライト」は何のためにある?”. WEB CARTOP. 2021年1月20日閲覧。
  56. ^ 交通工学研究会 2005, p. 22.
  57. ^ 浅井建爾 2015, pp. 203–204.
  58. ^ サグ部などで起きる「渋滞」の原因とその対策について NEXCO東日本ホームページ
  59. ^ a b 浅井建爾 2015, p. 204.
  60. ^ a b c 交通工学研究会 2005, p. 23.
  61. ^ 友枝明保 2015, pp. 26–27.
  62. ^ “中国道“名物”「宝塚トンネル常時渋滞」の本当の理由…2年後には劇的解消“秘策”が”. 産経新聞. (2014年4月21日). オリジナルの2016年3月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160309135500/http://www.sankei.com/west/news/140421/wst1404210003-n3.html 2014年4月26日閲覧。 
  63. ^ 友枝明保 2015, p. 25.
  64. ^ 椎名啓雄・浪川和大 2015, p. 12.
  65. ^ 交通工学研究会 2005, p. 123.
  66. ^ 椎名啓雄・浪川和大 2015, p. 13.
  67. ^ 交通工学研究会 2018, p. 160.
  68. ^ a b 浅井建爾 2001, pp. 188–189.
  69. ^ 交通工学研究会 2005, p. 129.
  70. ^ a b c 浅井建爾 2001, pp. 190–191.
  71. ^ a b c d e 浅井建爾 2015, p. 202.
  72. ^ 平成14年度 全建賞 秋田南ワイパス整備事業 (PDF)
  73. ^ 国道7号秋田南バイパス4車線化により通勤時間帯の渋滞解消、旅行速度向上、市街地の交通環境向上 秋田河川国道事務所 (PDF)
  74. ^ a b c 浅井建爾 2015, p. 201.
  75. ^ 中国・吉林市において、ビッグデータを活用した「渋滞予測・信号制御シミュレーション」の実証実験で渋滞緩和効果を確認 2015年1月23日 株式会社NTTデータ
  76. ^ a b 交通工学研究会 2018, p. 156.
  77. ^ 交通工学研究会 2018, pp. 160–162.
  78. ^ 日本大百科全書「平面交差」より
  79. ^ 世界大百科事典「インターチェンジ」より
  80. ^ 全国連続立体交差事業促進協議会 事業の効果
  81. ^ a b 交通工学研究会 2018, p. 162.
  82. ^ 交通工学研究会 2018, p. 163.
  83. ^ 交通工学研究会 2005, pp. 98–99.
  84. ^ a b c d 東日本高速道路 本社管理事業本部交通部交通課ほか『LED発光パネル(ペースメーカー)を活用した渋滞緩和対策を活用した渋滞緩和対策』(PDF)(レポート)一般財団法人道路新産業開発機構〈道路行政セミナー〉、2013年11月http://www.hido.or.jp/14gyousei_backnumber/2013data/1311/1311Pacemaker_e-nexco.pdf 
  85. ^ 首都高に設置されたドライバーを引き寄せる光 その効果は? 2015年2月18日 乗りものニュース
  86. ^ NEXCO中日本 快適走行
  87. ^ ロンドンの交通事情と渋滞税 北海道道路管理技術センター - ウェイバックマシン(2016年3月4日アーカイブ分)
  88. ^ Gilles DURANTON (2014年3月27日). “車の増加に追いつかない道路事情:世界中の都市が抱える問題”. rieti. 2020年4月14日閲覧。
  89. ^ ポイントは車間距離 "渋滞学"権威が明かす「渋滞吸収運転」とは BOOKSTAND
  90. ^ athomeこだわりアカデミー 2011年11月号掲載
  91. ^ a b c なぜ渋滞予報士は1人だけなのか その意外な存在意義 2015年8月9日 乗りものニュース


「渋滞」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「渋滞」の関連用語

渋滞のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



渋滞のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの渋滞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS