任天堂 製品

任天堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/31 11:54 UTC 版)

製品

据置型ゲーム機

携帯型ゲーム機

業務用ゲーム機

  • レーザークレー(1973年)
  • ワイルドガンマン(1974年)[109]
  • シューティングトレーナー(1974年)[109]
  • スマッシュマティック(1974年)[109]
  • EVRレース(1975年)[20]
  • ミニレーザークレー(1976年) - 第14回アミューズメントマシンショーに「レーザークレー」として出品[110]
  • EVRベースボール(1976年)
  • スカイホーク(1976年)[111]
  • バトルシャーク(1977年)[112]
  • デッドライン(1977年)[112]
  • ファンシーボール(1977年)[112]
  • ニューシューティングトレーナー(1978年) - 販売:エスコ貿易[113]
  • テストドライバー(1978年)[114]
  • ファミコンボックス(1986年)

ゲーム周辺機器

主なゲームソフトウェア

その他


注釈

  1. ^ 日本アミューズメントマシン工業協会以前に存在[21]
  2. ^ 2015年5月8日に行われた 決算説明会 の中で、ユニバーサル・パークス&リゾーツと合意し、任天堂IPを用いたテーマパークを展開している計画があることを発表。
  3. ^ 2020年現在は創業家資産管理会社の株式会社山内が所有、現存建物の改修と一部新築を行い、2022年4月に18室のホテル「丸福樓」として開業されている[83][84][85]
  4. ^ a b 公式の分類は「家庭用据置型テレビゲーム機」だが、従来の携帯型ゲーム機のように屋外に持ち出して遊ぶこともできる。
  5. ^ 1970年代には玩具として発売。1984年にはファミリーコンピュータの周辺機器として発売。
  6. ^ ウルトラコープの名称で販売されたこともある。
  7. ^ かつては大阪府大阪市に支店、北海道札幌市愛知県名古屋市岡山県岡山市福岡県福岡市に営業所を設けていた。
  8. ^ 2017年4月3日、宇治大久保工場並びに大阪支店に任天堂販売株式会社京都物流センター並びに大阪支店が入居。同社が任天堂から賃借して使用している。
  9. ^ 台湾に現地法人「任天堂溥天股份有限公司」を置いていたが、2014年に任天堂(香港)有限公司へ業務を移管している。
  10. ^ フランスに現地法人「Nintendo France S.A.R.L」、オランダに現地法人「Nintendo Benelux B.V.」を置いていたが、2023年7月3日にNintendo of Europe GmbHに吸収合併された。
  11. ^ Nintendo of Canada Ltd.、Nintendo Ibérica, S.A.、Nintendo RU LLC.、 Nintendo European Research and Development SAS、神游科技有限公司は間接所有。
  12. ^ 個人商店・山内房治郎商店初代店主として。
  13. ^ 個人商店・山内房治郎商店2代目店主として。
  14. ^ a b 2015年に実施の組織改編以前の所属。
  15. ^ 知的財産権が発生していない状態。
  16. ^ 公正な利用。
  17. ^ 小売価格の維持。

出典

  1. ^ a b c 会社情報:会社概要”. 任天堂. 2023年2月20日閲覧。
  2. ^ コーポレート・ガバナンス - 任天堂
  3. ^ 会社情報:事業所案内 - 本社”. 任天堂. 2018年6月30日閲覧。
  4. ^ a b c 任天堂(株)企業プロフィール”. 日本経済新聞. 2014年10月10日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j 任天堂『第83期(2022年4月1日 - 2023年3月31日)有価証券報告書』(レポート)2023年6月26日。 
  6. ^ 任天堂 定款 第7章第40条
  7. ^ 任天堂株式会社『臨時報告書』(レポート)2023年12月1日。 
  8. ^ a b c d 人事、任天堂:日本経済新聞”. 日本経済新聞 (2015年9月15日). 2015年9月15日閲覧。
  9. ^ 任天堂株式会社 定款 第1章第1条
  10. ^ 宮下 2022, p. 7.
  11. ^ Consalvo 2006, pp. 132–133.
  12. ^ 「TOPIXニューインデックスシリーズ」の定期選定結果及び構成銘柄一覧 (PDF) jpx.co.jp 2020年10月7日公表 2021年10月8日閲覧。
  13. ^ JPX日経400・JPX日経中小型 jpx.co.jp 2021年10月8日閲覧。
  14. ^ a b 植木鉢 (2023年1月29日). “父「任天堂のゲーム買ってあるぞ!」→そっちかよ! まさかのチョイスに「伝説のゲーム」「ある意味マリオ以上の先輩」と話題に”. ねとらぼ. 2023年1月30日閲覧。
  15. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai 会社概要:会社の沿革”. 任天堂. 2014年10月10日閲覧。
  16. ^ 佐藤秀男 (2020年1月10日). “任天堂の旧本社ビル、来年夏にホテルへ 昭和初期に完成”. 朝日新聞. 2023年2月20日閲覧。
  17. ^ a b c d e f g h i j k l m n 任天堂『第80期(2019年4月1日 - 2020年3月31日)有価証券報告書 4頁』(レポート)2020年6月29日。 
  18. ^ 「会社研究」『東邦経済』第40巻第8号、東邦経済社、1970年、70頁。 
  19. ^ a b c d 高野雅晴 (2008年9月30日). “【任天堂「ファミコン」はこうして生まれた】第2回:電卓をあきらめてゲーム機ヘ”. 日経BP. 2014年11月1日閲覧。
  20. ^ a b 社長が訊く『PUNCH-OUT!!』”. 任天堂. 2014年11月24日閲覧。
  21. ^ JAA ついに解散 7年半の役目終える」『ゲームマシン』第157号(アミューズメント通信社)、1981年1月1日、10面。2022年9月26日閲覧。
  22. ^ 任天堂レジャー加入 業界発展に大きな力」『ゲームマシン』第98号(アミューズメント通信社)、1978年6月15日、3面。2022年9月26日閲覧。
  23. ^ 田中正晴、高野雅晴 (2008年9月30日). “【任天堂「ファミコン」はこうして生まれた】第4回:携帯型ゲーム機を発想”. 日経BP. 2014年11月1日閲覧。
  24. ^ a b ドンキーコング リターンズ 3D:What's DK?”. 任天堂. 2015年7月15日閲覧。
  25. ^ 社長が訊く『New スーパーマリオブラザーズ Wii』 その1(1/9)”. 任天堂 (2009年11月13日). 2016年10月19日閲覧。
  26. ^ 任天堂 連結損益計算書推移表” (PDF). 任天堂. 2014年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月1日閲覧。
  27. ^ 「新規上場会社紹介(任天堂株式会社)」『証券』第35巻第8号、東京証券取引所調査部、1983年、72頁、ISSN 0287-7600 
  28. ^ 任天堂「ありえない業務用からの撤退」ゲーム場経営、リースのみ撤退」『ゲームマシン』第268号(アミューズメント通信社)、1985年9月15日、6面。
  29. ^ コンシューマー家庭用部会を新設 JAMMA総会前の緊急理事会で一時紛糾」『ゲームマシン』第353号(アミューズメント通信社)、1989年4月1日、2面。
  30. ^ 和田剛明 (2003-11-25). “家庭用テレビゲームソフトの流通―リスクとリターンの構造と市場への影響―”. 赤門マネジメント・レビュー (特定非営利活動法人グローバルビジネスリサーチセンター) 2 (11): 563-580. http://www.gbrc.jp/journal/amr/AMR2-11.html. 
  31. ^ 代表取締役の異動について 2002年5月24日任天堂
  32. ^ 任天堂ファミコン30年 中年「マリオ」再び跳べるか 脱・集団指導体制、岩田流でスピード経営 2013/7/15 7:00日本経済新聞
  33. ^ シアトルマリナーズ運営会社の持分の一部を売却する交渉の開始について” (PDF). 任天堂 (2016年4月28日). 2016年10月29日閲覧。
  34. ^ 株主・投資家向け情報:販売データ - ハード・ソフト販売実績”. 任天堂. 2023年2月20日閲覧。
  35. ^ a b 2015年2月17日(火)第3四半期決算説明会”. 任天堂 (2015年2月17日). 2023年2月20日閲覧。
  36. ^ 社長が訊く『Wii Sports Resort』”. 任天堂 (2009年6月4日). 2014年10月30日閲覧。
  37. ^ 株主・投資家向け情報:販売データ - 主要ソフト販売実績 Wii用ソフト”. 任天堂. 2016年10月18日閲覧。
  38. ^ ゲーム業界は不況知らず? 過去最高益を記録した任天堂の決算発表”. 4Gamer.net. Aetas, Inc. (2009年5月7日). 2014年11月1日閲覧。
  39. ^ 2009年の「グローバルチャンピオン」、任天堂に”. ITmedia NEWS (2009年10月20日). 2020年4月19日閲覧。
  40. ^ ニンテンドー3DSの発売は2011年2月26日”. ファミ通 (2010年9月29日). 2014年10月10日閲覧。
  41. ^ 「ニンテンドー3DS」国内販売500万台突破”. 任天堂 (2012年2月20日). 2014年10月10日閲覧。
  42. ^ 平成24年3月期 第1四半期会計期間の連結業績 第2四半期累計期間及び通期の連結業績予想の修正の説明”. 任天堂. 2023年2月20日閲覧。
  43. ^ Wii Uは2012年12月8日(土)発売!価格はベーシックセットが26250円(税込)、プレミアムセットが31500円(税込)!”. ファミ通 (2012年9月13日). 2014年10月10日閲覧。
  44. ^ 2014年1月30日(木)経営方針説明会/第3四半期決算説明会 (4/5)”. 任天堂 (2014年1月30日). 2016年10月16日閲覧。
  45. ^ 任天堂株式会社と株式会社ディー・エヌ・エーの業務・資本提携合意のお知らせ” (PDF). 任天堂 (2015年3月17日). 2016年10月16日閲覧。
  46. ^ a b 任天堂株式会社 株式会社ディー・エヌ・エー 業務、資本提携共同記者発表(3/5)”. 任天堂 (2015年3月17日). 2015年3月21日閲覧。
  47. ^ 2015年5月8日(金)決算説明会(1/4)”. 任天堂 (2015年5月8日). 2015年5月8日閲覧。
  48. ^ 代表取締役社長の逝去および異動に関するお知らせ(訃報)” (PDF). 任天堂 (2015年7月13日). 2015年7月13日閲覧。
  49. ^ 「ゲームにささげた人生」岩田・任天堂社長の早すぎる死|経済プレミア・トピックス|駅義則|毎日新聞「経済プレミア」”. 毎日新聞 (2015年7月13日). 2015年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月13日閲覧。
  50. ^ a b 代表取締役の異動及び役員の委嘱、管掌、担当変更に関するお知らせ” (pdf) (2015年9月14日). 2015年9月14日閲覧。
  51. ^ 任天堂、執行役員制度を導入へ|企業動向 人事|土本学”. イード (2016年5月2日). 2016年11月14日閲覧。
  52. ^ 2016年6月29日(水)第76期 定時株主総会 質疑応答”. 任天堂 (2016年6月29日). 2016年11月14日閲覧。
  53. ^ 任天堂、売買代金トヨタの6倍超 ポケモノミクス狂騒曲”. 日本経済新聞 (2016年7月14日). 2016年10月16日閲覧。
  54. ^ 『Pokémon GO』の配信による当社の連結業績予想への影響について”. 任天堂 (2016年7月22日). 2016年10月16日閲覧。
  55. ^ シアトルマリナーズ運営会社の持分の一部の売却に関するお知らせ” (PDF). 任天堂 (2016年8月22日). 2016年10月11日閲覧。
  56. ^ a b ジェスネット株式会社の子会社化及び株式会社アジオカからの事業譲受に関するお知らせ” (PDF). 任天堂 (2016年8月25日). 2017年1月16日閲覧。
  57. ^ ニュースリリース : 2016年10月20日”. 任天堂 (2016年10月20日). 2016年10月26日閲覧。
  58. ^ a b ニュースリリース : 2016年11月29日”. 任天堂 (2016年11月29日). 2016年11月29日閲覧。
  59. ^ ニュースリリース : 2016年12月21日”. 任天堂 (2016年12月21日). 2017年1月5日閲覧。
  60. ^ 任天堂「スイッチ」発売 据え置き型 4年半ぶり”. 日本経済新聞 (2017年3月3日). 2017年3月4日閲覧。
  61. ^ 沿革”. 任天堂販売. 2017年8月1日閲覧。
  62. ^ イルミネーションと任天堂 「スーパーマリオ」アニメ映画の企画開発を開始”. 任天堂 (2018年2月1日). 2018年2月15日閲覧。
  63. ^ 任天堂、「スーパーマリオ」アニメ映画製作へ=経営方針説明会”. ロイター. 2017年2月6日閲覧。
  64. ^ 任天堂売上高7年ぶり1兆円超え スイッチ、業績けん引”. [毎日新聞. 2023年2月20日閲覧。
  65. ^ 任天堂社長に古川氏=売上高7年ぶり1兆円”. 時事通信社. 2017年4月27日閲覧。
  66. ^ 任天堂、Cygamesとゲームアプリで提携発表 株5%取得”. 日本経済新聞. 2017年4月27日閲覧。
  67. ^ 代表取締役等の異動に関するお知らせ”. 2020年5月23日閲覧。
  68. ^ “任天堂次期社長 古川俊太郎氏(46)硬軟使い分ける経理マン”. 日本経済新聞. (2018年4月27日). https://www.nikkei.com/article/DGKKZO29908640W8A420C1TJ1000/ 2018年4月27日閲覧。 
  69. ^ “任天堂、「脱カリスマ」へ集団経営 社長に古川氏”. 日本経済新聞. (2018年4月27日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2988534026042018TJ1000/ 2018年4月27日閲覧。 
  70. ^ 米任天堂社長のレジー・フィサメィが4月に引退へ”. IGN JAPAN (2019年2月22日). 2019年4月26日閲覧。
  71. ^ ニンテンドートウキョウ詳細リポート。『マリオ』や『スプラトゥーン』、『どうぶつの森』など大人気作の限定グッズが目白押し!【11/22オープン】”. 2020年5月22日閲覧。
  72. ^ 指名等諮問委員会の設置に関するお知らせ”. 2020年5月22日閲覧。
  73. ^ ユニバーサル・スタジオ・ジャパン|USJ”. Universal Studios Japan. 2020年11月4日閲覧。
  74. ^ 世界にここだけの「マリオ・カフェ&ストア」がUSJにオープン!可愛い限定グッズ&シャレたフード満載で楽しすぎか!?【写真77枚】”. インサイド. 2020年11月4日閲覧。
  75. ^ カナダのソフトウェア開発会社Next Level Games Inc.の子会社化に関するお知らせ”. 2021年1月5日閲覧。
  76. ^ USJ"スーパーニンテンドーワールド"がついにグランドオープン。セレモニーには宮本茂氏やマリオたちも駆け付けた!”. ファミ通 (2021年3月18日). 2021年3月18日閲覧。
  77. ^ ニュースリリース :2021年6月2日 - 任天堂宇治小倉工場用地の利用について|任天堂”. 任天堂. 2021年6月2日閲覧。
  78. ^ a b 株式会社SRDの子会社化に関するお知らせ』(PDF)(プレスリリース)任天堂、2022年2月24日https://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2022/220224.pdf2022年3月5日閲覧 
  79. ^ “本社隣接私有地の取得について”. 任天堂. (2022年4月12日). https://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2022/220412.html 2022年4月13日閲覧。 
  80. ^ a b 株式会社ダイナモピクチャーズの子会社化に関するお知らせ』(PDF)(プレスリリース)任天堂、2022年7月14日https://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2022/220714.pdf2022年7月14日閲覧 
  81. ^ 「Nintendo OSAKA」が11月11日、大丸梅田店にグランドオープン。抽選でプレオープンにご招待。”. 任天堂. 2023年2月3日閲覧。
  82. ^ a b c d 任天堂、DeNAとの合弁会社「ニンテンドーシステムズ株式会社」を2023年4月に設立すると発表。任天堂のビジネスのデジタル化強化を目的とした研究開発および運用と付加価値創造のため”. ライブドアニュース. 2022年11月8日閲覧。
  83. ^ 任天堂の旧本社ビルがホテルとして生まれ変わる!2021年夏開業予定,GAME Watch,2020年1月10日
  84. ^ "(仮称)かぶやまProjectのお知らせ" (PDF) (Press release). Plan・Do・See. 6 January 2020. 2020年1月10日閲覧
  85. ^ 任天堂旧本社社屋、ホテル「丸福樓」として4月オープン。宿泊予約、受付開始 - トラベルWatch 2022年1月20日(2022年1月24日閲覧)
  86. ^ 岩田聡 GDC講演内容”. 任天堂 (2011年3月2日). 2022年4月20日閲覧。
  87. ^ 社長が訊く『ニンテンドー3DS』”. 任天堂 (2011年2月25日). 2022年4月20日閲覧。
  88. ^ 武田亨『It's The NINTENDO』ティーツー出版、2000年、115-116頁。ISBN 4887497164 
  89. ^ 湾岸戦争で爆撃を受けて、ボロボロになったゲームボーイのムービー”. GIGAZINE. 2021年3月15日閲覧。
  90. ^ Wii Preview 社長プレゼン全文”. 任天堂 (2006年9月14日). 2017年10月7日閲覧。
  91. ^ 【任天堂経営方針説明会】ゲーム業界の現状、問題点を岩田社長が語る”. ファミ通 (2004年6月9日). 2017年1月13日閲覧。
  92. ^ 株主・投資家向け情報:経営方針 - 社長メッセージ”. 任天堂. 2017年10月7日閲覧。
  93. ^ 2012年4月27日(金)決算説明会”. 任天堂 (2012年4月27日). 2014年10月11日閲覧。
  94. ^ a b 2014年10月30日(木)経営方針説明会/第2四半期決算説明会 5/6”. 任天堂 (2014年10月30日). 2014年10月30日閲覧。
  95. ^ 2014年10月30日(木)経営方針説明会/第2四半期決算説明会/質疑応答 4/4”. 任天堂 (2014年11月1日). 2014年11月1日閲覧。
  96. ^ 2015年10月29日(木)経営方針説明会/第2四半期決算説明会 (6/6)”. 任天堂 (2015年10月29日). 2015年10月30日閲覧。
  97. ^ 2015年6月26日(金)第75期 定時株主総会 質疑応答”. 任天堂 (2015年6月26日). 2016年3月10日閲覧。
  98. ^ 2014年1月30日(木) 経営方針説明会/第3四半期決算説明会 (3/5)”. 任天堂 (2014年1月30日). 2016年10月13日閲覧。
  99. ^ 2014年10月30日(木)経営方針説明会/第2四半期決算説明会 (4/6)”. 任天堂 (2014年10月30日). 2014年10月30日閲覧。
  100. ^ 任天堂株式会社 株式会社ディー・エヌ・エー 業務、資本提携共同記者発表(2/5)”. 任天堂 (2015年3月17日). 2015年3月21日閲覧。
  101. ^ a b その他の商品”. 任天堂. 2016年10月16日閲覧。
  102. ^ Voskuil, Erik (2014). Before Mario. France: Omaké Books. pp. 18, 24, 44, 50, 66, 72, 91, 94, 98, 106, 110, 122, 134, 138. ISBN 978-2-919603-10-7 
  103. ^ a b ナインボルトの『ニンテンドー昔のレア商品紹介!』”. 任天堂. 2016年11月4日閲覧。
  104. ^ a b 武宗しんきろう (2012年12月11日). “テレビゲームファーストジェネレーション 〜日本の据え置き型ゲーム機のはじまり〜 第1回:TVゲームグラフティー[1970年代日本編]”. KADOKAWA Corporation. 2014年11月1日閲覧。
  105. ^ 任天堂、新デザインのWii を年末発売へ。GC互換を廃止”. engadget (2011年8月18日). 2016年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月11日閲覧。
  106. ^ 任天堂 Wii mini 正式発表、ネット接続なしで100ドルの廉価版。カナダで年末限定商品”. engadget (2012年11月27日). 2012年11月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月11日閲覧。
  107. ^ ニンテンドーDSシリーズ本体”. 任天堂. 2014年10月11日閲覧。
  108. ^ a b c d e ニンテンドー3DSシリーズ”. 任天堂. 2023年2月20日閲覧。
  109. ^ a b c 好稼働の「スマッシュ」 任天堂レジャーシステム」『ゲームマシン』第31号(アミューズメント通信社)、1975年9月1日、3面。2022年9月28日閲覧。
  110. ^ 14th Amusement Machine Show」『ゲームマシン』第58号(アミューズメント通信社)、1976年10月15日、14面。2022年9月28日閲覧。
  111. ^ 実写で野球EVR 強烈な「スカイ・ホーク」の迫力」『ゲームマシン』第60号(アミューズメント通信社)、1976年11月15日、12面。2022年9月28日閲覧。
  112. ^ a b c 任天堂レ 迫力の実写フィルム バトル・シャーク デッドライン/ファンシーボールも近日発売」『ゲームマシン』第77号(アミューズメント通信社)、1977年8月1日、14面。2022年9月28日閲覧。
  113. ^ 求めやすくなったニュー・シューティング 新機種「ゲームツリー」もエスコから」『ゲームマシン』第94号(アミューズメント通信社)、1978年4月15日、25面。2022年9月28日閲覧。
  114. ^ 任天堂から「テストドライバー」新発売 実写ムービーで運転 3種類の遊び「ブロック・フィーバー」も」『ゲームマシン』第109号(アミューズメント通信社)、1978年12月1日、10面。2022年9月28日閲覧。
  115. ^ ディスクシステムとは?”. Nintendo Online Magazine 2004.08. 2016年10月26日閲覧。
  116. ^ 周辺機器/ゲームボーイプレーヤー詳細情報”. 任天堂. 2016年10月26日閲覧。
  117. ^ プレイやん”. 任天堂. 2016年10月26日閲覧。
  118. ^ ニンテンドーDSブラウザー”. 任天堂. 2016年10月26日閲覧。
  119. ^ ワンセグ受信アダプタ DSテレビ”. 任天堂. 2016年10月26日閲覧。
  120. ^ amiibo(アミーボ)|任天堂 E3 2014情報”. 任天堂. 2014年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月11日閲覧。
  121. ^ amiibo(アミーボ)”. 任天堂. 2023年2月20日閲覧。
  122. ^ スーパーマリオブラザーズ”. 任天堂. 2016年10月27日閲覧。
  123. ^ ゼルダの伝説1”. 任天堂. 2015年7月15日閲覧。
  124. ^ もう一度おさらい! 「メトロイド」シリーズの歴史”. 任天堂. 2015年7月15日閲覧。
  125. ^ ファイアーエムブレムワールド 【FIRE EMBLEM WORLD】”. INTELLIGENT SYSTEMS. 2015年7月15日閲覧。
  126. ^ 星のカービィ 20周年スペシャルコレクション”. 任天堂. 2015年7月15日閲覧。
  127. ^ 社長が訊く『スターフォックス64 3D』 1. 「京都で働きたい」”. 任天堂. 2015年7月15日閲覧。
  128. ^ ポケモンゲームス:ヒストリー 『ポケットモンスター』シリーズ”. 任天堂. 2015年7月15日閲覧。
  129. ^ 社長が訊く『街へいこうよ どうぶつの森』 4. リビングとリビングの空気がつながる”. 任天堂. 2015年7月15日閲覧。
  130. ^ 社長が訊く『Wii U』 Wii U GamePad篇 4. 「最後はガッツ」”. 任天堂. 2015年7月15日閲覧。
  131. ^ a b c d 横井軍平、牧野武文『横井軍平ゲーム館 Returns』フィルムアート社、2010年。 
  132. ^ 昔懐かしい任天堂の玩具「ラブテスター」が41年ぶりに復刻、テンヨーより6月24日発売”. Inside. IID, Inc. (2010年6月23日). 2014年11月1日閲覧。
  133. ^ バーチャルボーイ”. 任天堂. 2014年10月11日閲覧。
  134. ^ ポケモーション”. 任天堂. 2016年10月27日閲覧。
  135. ^ ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ”. 任天堂. 2016年10月26日閲覧。
  136. ^ ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン”. 任天堂. 2017年10月4日閲覧。
  137. ^ 花札・株札”. 任天堂. 2016年10月19日閲覧。
  138. ^ a b テレビゲームと言えば任天堂、任天堂と言えば……トランプ!”. Nintendo Online Magazine 1999年9月号. 2016年11月6日閲覧。
  139. ^ 百人一首”. 任天堂. 2016年10月19日閲覧。
  140. ^ ドンキーコングカードゲーム”. 任天堂. 2016年10月27日閲覧。
  141. ^ カードヒーロー トレーディングカード トップページ”. 任天堂. 2021年8月15日閲覧。
  142. ^ TCGファイアーエムブレム0(サイファ)”. INTELLIGENT SYSTEMS. 2016年10月19日閲覧。
  143. ^ 囲碁”. 任天堂. 2016年10月19日閲覧。
  144. ^ 将棋”. 任天堂. 2016年10月19日閲覧。
  145. ^ 麻雀”. 任天堂. 2014年11月1日閲覧。
  146. ^ ポケットピカチュウ”. 任天堂. 2014年10月11日閲覧。
  147. ^ ニンテンドーネットワークとは?”. 任天堂. 2016年10月13日閲覧。
  148. ^ a b 2015年10月29日(木)経営方針説明会 / 第2四半期決算説明会(4/6)”. 任天堂 (2015年10月29日). 2015年10月30日閲覧。
    2015年10月29日(木)経営方針説明会/第2四半期決算説明会(5/6)”. 任天堂 (2015年10月29日). 2015年10月30日閲覧。
  149. ^ a b 「マイニンテンドー」ポイントプログラムとは?”. 任天堂. 2017年10月9日閲覧。
  150. ^ 「クラブニンテンドー」サービス終了のお知らせ”. 任天堂 (2015年1月20日). 2015年3月21日閲覧。
  151. ^ 任天堂サービスセンターへの持ち込み修理受付終了のお知らせ”. 任天堂 (2016年7月1日). 2016年7月1日閲覧。
  152. ^ 任天堂、被災した製品の無償修理を発表 保証書の有無問わず”. 2024年1月16日閲覧。
  153. ^ 会社情報:Nintendo Direct リンク集”. 任天堂. 2014年10月11日閲覧。
  154. ^ 2012年10月25日(木)第2四半期決算説明会 質疑応答”. 任天堂 (2012年10月25日). 2023年2月20日閲覧。
  155. ^ ニャニャニャ! ネコマリオタイム”. 任天堂. 2016年10月26日閲覧。
  156. ^ Hello! Indie World(インディーワールド)”. 任天堂. 2018年5月13日閲覧。
  157. ^ インディーゲームを紹介する動画の海外版「Indie World - 19.08.19」 を公開”. 任天堂 (2019年8月20日). 2019年8月20日閲覧。
  158. ^ 会社情報:社長が訊く リンク集”. 任天堂. 2014年10月11日閲覧。
  159. ^ 「トピックス」ページがオープンしました!”. 任天堂 (2015年12月1日). 2017年10月9日閲覧。
  160. ^ NIntendo News”. 任天堂. 2014年10月11日閲覧。
  161. ^ ニンテンドーキッズスペース”. 任天堂. 2017年1月14日閲覧。
  162. ^ ニンテンドーゲームフロント”. 任天堂. 2015年12月4日閲覧。
  163. ^ 任天堂、関空に無料ゲームスペース
  164. ^ 関西国際空港にゲーム体験スペース『Nintendo Check In』が6/23よりオープン! 国際線到着通路ではマリオファミリーのお出迎えも!
  165. ^ NINTENDO SPACEWORLD 2001 オフィシャルガイドブック. 任天堂/双葉社. pp. 36-45 
  166. ^ ニンテンドーブック 2002・冬
  167. ^ ニンテンドーブック2002
    任天堂、DVD付き「ニンテンドーブック2002・秋」を全国のゲームショップで無料配布”. 電撃オンライン. 2015年12月13日閲覧。
  168. ^ Luke Plunkett (2012年8月22日). “Remembering Nintendo's Other 1980's Magazine, The Nintendo Fun Club”. Kotaku. 2014年11月26日閲覧。
  169. ^ Nintendo Power July/August 1988, p.5, Nintendo of America Inc.
  170. ^ a b Evan Narcisse (2012年8月21日). “Report: Nintendo Power Shutting Down”. Kotaku. 2014年11月26日閲覧。
  171. ^ Evan Narcisse (2012年8月22日). “Nintendo Confirms the End of the Nintendo Power Era”. Kotaku. 2014年11月26日閲覧。
  172. ^ Nintendo Power July/August 1988, p.99, Nintendo of America Inc.
  173. ^ Stephen Totilo (2012年8月22日). “Cliff Bleszinski’s Perfect Eulogy for Nintendo Power”. Kotaku. 2014年11月26日閲覧。
  174. ^ Nintendo Creators Programとは”. 任天堂. 2015年1月29日閲覧。
  175. ^ 任天堂、同社著作物を利用した動画投稿者に向けたアフィリエイトプログラムを準備中”. inside (2014年5月27日). 2014年11月18日閲覧。
    任天堂がゲーム実況を認めたら”. All About (2014年11月18日). 2014年11月18日閲覧。
  176. ^ 任天堂、ニコ動の実況プレイ動画を公認--岩田社長「ゲーム文化の裾野を広げるため」”. CNET Japan (2014年11月18日). 2014年11月18日閲覧。
  177. ^ 任天堂タイトルの動画配信について”. OPENREC.tv. 2018年3月28日閲覧。
  178. ^ a b ネットワークサービスにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドライン”. 任天堂 (2019年11月29日). 2023年2月20日閲覧。
  179. ^ 任天堂株式会社の著作物の取り扱いに関する包括的許諾の継続のお知らせ”. UUUM. 2018年11月29日閲覧。
  180. ^ 話題の任天堂「著作物ガイドライン」、ファンや法曹関係者の評価とは”. Yahoo! JAPAN. 2018年11月30日閲覧。
  181. ^ 2018年3⽉期第2四半期決算説明会”. 任天堂 (2017年10月19日). 2019年9月19日閲覧。
  182. ^ 「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2」の開催について”. NPB (2018年7月27日). 2019年9月19日閲覧。
  183. ^ 「「スマブラSP 東西リーグ 第2期」開幕直前!ナンバーワンは誰の手に?”. 任天堂 (2018年7月27日). 2019年9月19日閲覧。
  184. ^ 任天堂『第83期(2022年4月1日 - 2023年3月31日)有価証券報告書 設備の状況』(レポート)2023年6月26日。 
  185. ^ 会社情報:事業所案内”. 任天堂. 2022年6月30日閲覧。
  186. ^ 任天堂『第83期(2022年4月1日 - 2023年3月31日)有価証券報告書 関係会社の状況』(レポート)2023年6月26日https://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2023/security_q2303.pdf#page=07 
  187. ^ 顧客重要通知”. 任天堂溥天股份有限公司/任天堂(香港)有限公司 (2014年4月7日). 2017年1月16日閲覧。
  188. ^ 社長が訊く『Wii U』 Wii U GamePad篇”. 任天堂. 2023年6月27日閲覧。
  189. ^ a b 社長が訊く『Wii U』 インターネットブラウザー篇”. 任天堂. 2014年11月1日閲覧。
  190. ^ 社長が訊く『ドンキーコング リターンズ』”. 任天堂. 2014年11月1日閲覧。
  191. ^ カナダのソフトウェア開発会社 Next Level Games Inc.の子会社化に関するお知らせ』(PDF)(プレスリリース)任天堂、2021年1月5日https://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2021/210105.pdf2023年4月5日閲覧 
  192. ^ 任天堂、ビデオコーデックのMobiclipを買収”. インサイド (2012年2月11日). 2023年4月5日閲覧。
  193. ^ COMPANY | エヌディーキューブ株式会社
  194. ^ COMPANY | モノリスソフト
  195. ^ 会社概要 | 1-UP Studio Inc.
  196. ^ 株式会社ディー・エヌ・エーとの合弁会社設立 及び特定子会社の異動に関するお知らせ』(PDF)(プレスリリース)任天堂、2022年11月8日https://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2022/221108_4.pdf2023年4月5日閲覧 
  197. ^ 株式会社ディー・エヌ・エーとの合弁会社、「ニンテンドーシステムズ株式会社」のホームページを公開。”. トピックス. 任天堂 (2023年4月3日). 2023年4月5日閲覧。
  198. ^ 任天堂『第83期(2022年4月1日 - 2023年3月31日)有価証券報告書 関係会社の状況 持分法適用関連会社』(レポート)2023年6月26日https://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2023/security_q2303.pdf#page=08 
  199. ^ あゆみ|株式会社ポケモン
  200. ^ 会社概要 - PUX株式会社
  201. ^ a b 会社情報:役員一覧”. 任天堂. 2023年6月26日閲覧。
  202. ^ a b 任天堂『有価証券報告書 第83期(2022年4月1日 - 2023年3月31日) 役員の状況』(レポート)2023年6月26日https://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2023/security_q2303.pdf#page=35 
  203. ^ a b 2023年3月期 決算短信 執行役員の異動” (PDF). 任天堂 (2023年5月9日). 2023年6月26日閲覧。
  204. ^ マリオの生みの親・宮本茂氏、60歳の誕生日を迎える”. iNSIDE (2012年11月16日). 2014年10月31日閲覧。
  205. ^ 社長が訊く『Newスーパーマリオブラザーズ2』”. 任天堂 (2012年7月24日). 2015年1月5日閲覧。
  206. ^ Miitomoのポテンシャル!坂本賀勇×糸井重里”. ほぼ日刊イトイ新聞 (2016年6月30日). 2019年1月28日閲覧。
  207. ^ 社長が訊く『とびだせ どうぶつの森』”. 任天堂 (2012年10月31日). 2014年11月2日閲覧。
  208. ^ 社長が訊く『ゼルダの伝説 風のタクト HD』”. 任天堂 (2013年9月8日). 2014年11月2日閲覧。
  209. ^ 社長が訊く『マリオカートWii』”. 任天堂 (2008年4月3日). 2014年11月2日閲覧。
  210. ^ 更新終了のお知らせ”. スマブラ拳!! (2008年4月14日). 2014年11月2日閲覧。
    人気キャラ・カービィの魅力に迫る!”. 任天堂. 2014年11月1日閲覧。
  211. ^ Universal City Studios, Inc., Plaintiff-appellant, v. Nintendo Co., Ltd., Nintendo of America, Inc., Defendants-appellees, 746 F.2d 112(1984)”. JUSTIA. 2014年11月1日閲覧。
  212. ^ UNIVERSAL CITY STUDIOS, INC., Plaintiff-Appellant, Cross-Appellee, v. NINTENDO CO., LTD. and Nintendo of America, Inc., Defendants-Appellees, Cross- Appellants., 797 F.2d 70(1986)”. Resource.org. 2014年11月1日閲覧。
  213. ^ Atari Games Corp. v. Nintendo of America Inc., 975 F. 2d 832 - Court of Appeals, Federal Circuit 1992”. Google. 2014年11月1日閲覧。
  214. ^ 任天堂(株)に対する件 昭和58年(勧)第9号 勧告審決”. 公正取引委員会 (1983年4月20日). 2014年11月1日閲覧。
  215. ^ "Commission fines Nintendo and seven of its European distributors for colluding to prevent trade in low-priced products" (Press release). 欧州連合. 30 October 2002. 2014年11月1日閲覧
  216. ^ 964 F.2d 965: Lewis Galoob Toys, Inc., v. Nintendo of America, Inc.,” (英語). law.justia.com. 2014年5月24日閲覧。
  217. ^ 16 F3d 1032 Nintendo Of America Inc V. Lewis Galoob Toys Inc” (英語). 2014年11月1日閲覧。
  218. ^ a b ニンテンドーDS用装置(マジコン)に対する差止等請求訴訟に関する東京地裁判決について”. 任天堂 (2013年7月9日). 2014年10月11日閲覧。
  219. ^ 被害額4兆円近く終わらないマジコンの製造と販売に刑事罰の導入を検討へ”. Gigazine (2010年10月11日). 2014年10月11日閲覧。
  220. ^ ニンテンドーDS用装置(マジコン)に対する不正競争行為差止・損害賠償等請求訴訟に関する最高裁決定について”. 任天堂 (2016年1月19日). 2016年10月13日閲覧。
  221. ^ 公道カートのレンタルサービスに伴う当社知的財産の利用行為に対する訴訟提起について”. 任天堂 (2017年2月24日). 2017年3月1日閲覧。
  222. ^ 公道カートのレンタルサービスに伴う当社知的財産の利用行為に関する東京地裁判決について”. 任天堂 (2018年9月27日). 2018年9月28日閲覧。
  223. ^ 公道カートのレンタルサービスに伴う当社知的財産の利用行為に関する知財高裁判決(終局判決)について”. 任天堂 (2020年1月29日). 2020年1月29日閲覧。
  224. ^ 公道カートのレンタルサービスに伴う当社知的財産の利用行為に関する最高裁決定(勝訴確定)について”. 任天堂 (2020年12月28日). 2020年12月28日閲覧。
  225. ^ 任天堂、コロプラを提訴 「白猫プロジェクト」特許侵害で差し止め・賠償請求”. ITmedia NEWS (2018年1月10日). 2018年1月10日閲覧。
  226. ^ 任天堂、『白猫プロジェクト』をめぐるコロプラに対する損害賠償請求金を5億5000万円増額。提訴後の時間経過による増額”. Automaton (2021年2月12日). 2021年2月13日閲覧。
  227. ^ 任天堂、コロプラへの請求金額を49億5000万円から96億9900万円に大幅増額”. ITmediaビジネス (2021年4月21日). 2021年4月21日閲覧。
  228. ^ 任天堂とコロプラが和解、「白猫プロジェクト」の特許権侵害訴訟で 和解金33億円”. ITmedia (2021年8月4日). 2021年8月4日閲覧。
  229. ^ 和解による訴訟の解決及び特別損失の計上に関するお知らせ”. コロプラ (2021年8月4日). 2021年8月4日閲覧。
  230. ^ 特許権侵害訴訟の和解成立のお知らせ”. コロプラ (2021年8月4日). 2021年8月4日閲覧。
  231. ^ 任天堂が、海外の大手ROM配布サイトの訴訟に踏み切る。損害賠償請求額は100億円規模になる可能性も”. automaton (2018年7月21日). 2023年2月20日閲覧。
  232. ^ 「パワハラ放置、雇用拒まれた」と任天堂を提訴 紹介予定派遣の保健師2人 毎日新聞(2020年9月8日)
  233. ^ 任天堂から保護者のみなさまへ、大切なお願いです。”. 任天堂. 2016年10月13日閲覧。
  234. ^ a b ニンテンドー3DSソフト『いつの間に交換日記』、『うごくメモ帳 3D(フレンドうごメモギャラリー)』サービス停止のおしらせ”. 任天堂 (2013年11月1日). 2014年10月11日閲覧。
  235. ^ Newニンテンドー3DS”. 任天堂. 2014年10月11日閲覧。
  236. ^ お子さまのゲームプレイをサポートするスマートフォンアプリ『Nintendo みまもり Switch』配信開始!|トピックス”. 任天堂 (2017年3月2日). 2017年5月29日閲覧。
  237. ^ Nintendo みまもり Switch”. 任天堂. 2017年5月29日閲覧。
  238. ^ “任天堂、個人情報16万件が流出 不正ログインで購入も”. 朝日新聞. (2020年4月24日). https://www.asahi.com/articles/ASN4S72LMN4SPLFA01F.html 2023年2月20日閲覧。 
  239. ^ 「ニンテンドーネットワークID」に対する不正ログイン発生のご報告と「ニンテンドーアカウント」を安全にご利用いただくためのお願い|サポート情報|Nintendo”. 任天堂. 2020年4月24日閲覧。
  240. ^ 2011年4月26日(火)決算説明会 質疑応答”. 任天堂 (2011年4月26日). 2023年2月16日閲覧。
  241. ^ 2013年6月27日(木) 第73期 定時株主総会 質疑応答”. 任天堂 (2014年6月27日). 2023年2月16日閲覧。
  242. ^ 任天堂 [@Nintendo] (2012年2月22日). "[岩田]ところで、月曜日に電子版媒体で当社に対する不正確な報道がありました。このようなことが何度か続いていますが、文脈を無視して恣意的に言葉を抜き出したり、事実と憶測を混ぜて書いたり、まるでゴシップ誌のような手法を採られていることに驚いています。". X(旧Twitter)より2023年2月16日閲覧
  243. ^ “任天堂、新型Wii多機能に カーナビ・電子書籍”. 日本経済新聞. (2012年6月5日). https://www.nikkei.com/article/DGXNZO42206210V00C12A6TJ0000/ 
  244. ^ 本日の日本経済新聞の報道について”. ニュースリリース. 任天堂 (2012年6月5日). 2023年2月16日閲覧。
  245. ^ 朝日新聞、任天堂に謝罪 公式動画の岩田社長発言をインタビューしたかのように記事に”. ITmedia (2014年9月14日). 2014年10月11日閲覧。
  246. ^ “任天堂と読者の皆様におわびします”. 朝日新聞. (2014年9月14日). オリジナルの2014年9月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140913232022/http://www.asahi.com/articles/DA3S11350303.html 
  247. ^ 任天堂 [@Nintendo] (2014年5月27日). "【YouTube映像に関するお知らせ】任天堂は以前より、不適切なものを除いて、YouTube上の任天堂の著作物を含む映像を正式に許諾しています。許諾した映像には広告がつくことがあり、その広告収益は従来のポリシー同様、Googleと任天堂で分配されます。(1/2)". X(旧Twitter)より2023年2月16日閲覧
  248. ^ ニンテンドースイッチの記事で「はちま起稿」がデマ、任天堂が完全否定”. BuzzFeed News (2016年10月21日). 2023年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年4月28日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「任天堂」に関係したコラム

  • 株式の大型株とは

    東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。大型株...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「任天堂」の関連用語

任天堂のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



任天堂のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの任天堂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS