SUM関数とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > SUM関数の意味・解説 

SUM関数

読み方サムかんすう
【英】Sum Function

SUM関数とは、Microsoft表計算ソフトであるExcel関数のうち、指定範囲内合計値を求め関数である。

SUM関数では、合計対象になるのは数値だけであり、文字列除外される。例えば、「=A1+A2+A3」と「=SUM(A1:A3)」は数値であれば結果は同じになるが、セルデータ形式文字列である場合異なる値になる。

なお、SUM関数の引数に文字列があった場合は、結果は同じになる。例えば、「=SUM("144","256","228")」は「=SUM(144,256,228)」と同じ628である。

合計に関する関数には、SUM関数のほかに、複数条件下での合計求めDSUM関数条件付き合計求めSUMIF関数などがある。

オフィスソフトのほかの用語一覧
Excel:  入力規則  Open XML  Pocket Excel  SUM関数  シナリオ  シリアル値  小数点表示桁上げ

SUM 関数

適用対象: Microsoft Excel 2010, Excel Web App, SharePoint Online for enterprises, SharePoint Online for professionals and small businesses , Excel 2007, Excel 2003

 

説明

SUM 関数は、引数として指定した数値をすべて合計します。引数には、範囲セル参照配列定数数式、または、他の関数計算結果指定できます。たとえば、SUM(A1:A5) は、セル A1A5 に含まれている数値をすべて合計します。また、SUM(A1, A3, A5) は、セル A1A3、および A5 に含まれている数値合計します。

書式

SUM(number1,[number2],...])

SUM 関数の書式には、次の引数あります

解説

使用例

このヘルプ トピックは、埋め込まれたブックライブ データにリンクしています。ワークシートデータ変更したり、数式変更または作成したりすると、すぐに Excel Web App (Web バージョンExcel) で計算されます。

次の例は、SUM 関数を使用した一般的な数式示しています。

SUM 関数の例

埋め込まれたブックで SUM 関数のこれらの例を操作する

埋め込まれたブックで "計算結果" 列のセル選択した状態で F2 キーを押すと、計算式を確認できますセル数式変更が可能です。数式コピーしたり編集したりして、別のセル試してみることもできます

フル サイズでブックを表示

ブックダウンロードすることもできますダウンロードするには、埋め込まれたブック右下隅 (上図の黒いバー右端) にある [フル サイズブック表示] ボタンクリックします。ボタンクリックすると、新しブラウザー ウィンドウ (ブラウザー設定によっては新しタブ) にブック読み込まれます。フル サイズブラウザー ビューではワークシートセルへの入力できないことに注意してください

次にフル サイズブラウザー ビューで、[ダウンロード] ボタン (Excel ブックをダウンロード ) をクリックします。ブック全体Excel で開くか、コンピューター保存することができます一部関数の例については、ブックExcel デスクトップ プログラムで開くと配列数式操作できます。この操作をするには、Ctrl キーShift キー押しながら Enter キー押します (このキー組み合わせブラウザーでは使用できません)。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「SUM関数」の関連用語

SUM関数のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



SUM関数のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリSUM関数の記事を利用しております。
日本マイクロソフト株式会社日本マイクロソフト株式会社
©2020 Microsoft Corporation. All rights reserved.

©2020 Weblio RSS