骨肉の争いとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 骨肉の争いの意味・解説 

骨肉の争い


骨肉の争い

作者和久峻三

収載図書離婚願望
出版社祥伝社
刊行年月1994.2
シリーズ名ノン・ポシェット


骨肉の争い

作者斎藤

収載図書病院の中の懲りない面々
出版社彩図社
刊行年月1999.10
シリーズ名ぶんりき文庫


骨肉の争い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/06 02:08 UTC 版)

アルタクセルクセス2世」の記事における「骨肉の争い」の解説

生年不明で即位前の本名伝わっていない。プルタルコスの『対比列伝によれば即位前の前はアルサケスであったというが、これは古代ペルシア語人名アルタクシャサの中世パルティア語形アルシャクをギリシア語形にしたもの彼の即位名そのものである。一方コロポン歴史家ディノンは、本名はオアルセスであった記している。父はペルシアダレイオス2世であるが、アルタクセルクセス生まれた当時はまだ王に即位していなかった。ダレイオス2世即位した後、母パリュサティスは弟キュロス産んだキュロス以外にも異母兄弟多くいたといわれるが、クニドス歴史家クテシアスは、パリュサティスだけでもダレイオスの子供を13人産んだ伝えている。 プルタルコスによれば利発で野心家の弟キュロスに対しアルタクセルクセスおとなしく穏やかな性格だったという。両親希望スタテイラヒュダルネスの娘)と結婚したが、間もなくスタテイラ兄弟ダレイオス2世勘気触れて処刑された。ダレイオス2世スタテイラをも処刑しようとしたが、アルタクセルクセスは母パリュサティス説得してスタテイラ救った紀元前405/404年にダレイオス2世死の床に就くと、パリュサティス溺愛する弟のキュロス後継の王に推し、その根拠としてアルタクセルクセス生まれた時はまだダレイオス2世は王ではなかったと主張した。しかしダレイオス2世はこの主張退け長子アルタクセルクセス次代の王に指名しキュロスサルディス太守に留められた。紀元前404年ダレイオス2世が死ぬと、アルタクセルクセスパサルガダエ即位した。これを不満とするキュロス兄の暗殺計画するが、ティッサフェルネス密告露見した。しかし母パリュサティスによる擁護キュロス赦された。 紀元前404年長らく反乱続いていたエジプト王国から離反。さらに翌401年サルディスにあったキュロスギリシア人傭兵多数集め、兄を倒したらんとして反乱起こし、さらにペロポネソス戦争キュロス支援を受けていたスパルタ反乱への支援約束したその年の秋、クナクサの戦い兄弟激突し大王はほとんど敗北しけたものの、功を焦って突出したキュロス戦死しアルタクセルクセス2世王位守られた。しかしキュロス率いていたギリシア傭兵1万みすみす取り逃がしてしまった(ギリシア傭兵帰路記録クセノフォンの『アナバシス』である)。

※この「骨肉の争い」の解説は、「アルタクセルクセス2世」の解説の一部です。
「骨肉の争い」を含む「アルタクセルクセス2世」の記事については、「アルタクセルクセス2世」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「骨肉の争い」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「骨肉の争い」の関連用語

骨肉の争いのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



骨肉の争いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアルタクセルクセス2世 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS