賢者タイムとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 賢者タイムの意味・解説 

賢者タイム

読み方:けんじゃタイム

賢者タイム(けんじゃタイム)とは望みを叶えて欲求を満たした直後急に冷静になる状態、とりわけ性交自慰営みを終えた直後訪れ虚無感に似た心境、および、そのような虚無感襲われている時間を指す俗な表現インターネットスラング)である。

賢者タイムは、主に男性が、自慰オナニー)によって射精して果て直後抱えることの多い「何やってんだ俺」的な冷めた心理状態を指す場合が多い。射精によって性的欲求が満たされ、興奮状態が消失し、脱力し、冷静になり、直前性欲に駆られていた自分挙動を恥じたり、自慰ひいては人生虚しさについて省察したりする。男性性的絶頂迎えた後あまり余韻が残らず、急に興奮が冷めて我に返ったようになることが多い。その端な落差自己嫌悪結びつきやすい。そのような心境では達観諦観したかのような透徹言説繰り出されることがままある

賢者タイムは、学術的にはPCD(post-coital dysphoria)と呼ばれるPCD日本語では「性交後憂鬱」と訳されることが多い。英語の俗称では post-sex bluesセックス後のブルー)という言い方もある。

PCDは男の自慰限らず男女交合の後にも、男性にも女性にも訪れることのある心理的状況を指す語として用いられる。

性交後憂鬱

(賢者タイム から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/13 01:08 UTC 版)

性交後憂鬱(せいこうごゆううつ、post-coital tristesse)とは、性交あるいはオナニーの終了後に感じる憂鬱のことである。インターネット上では「賢者タイム」と呼ばれる場合もある[1]




「性交後憂鬱」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「賢者タイム」の関連用語

賢者タイムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



賢者タイムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの性交後憂鬱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS