置くとは?

お・く【置く】

[動カ五(四)

人や物をある位置・場所にとどめる

㋐そこに位置させる。「要所見張りを—・く」「手をひざに—・く」

㋑ある状態にすえる。「目的を—・く」「重点を—・く」

㋒心をそこにとどめる。「信を—・く」「念頭に—・く」

人をある立場につかせる。

㋐雇う。抱える。「タイピストを—・く」

同居させる。「下宿人を—・く」

ある場所に残す。残しとどめる。「家族郷里に—・いて働く」

新たに設ける。設置する。「事務所を—・く」

時間的空間的に間を隔てる。「一日—・いて行く」「一軒—・いた隣」

その状態を続けさせる。そのままにする。「この肉は明日まで—・くと腐る」「ただでは—・かない」

預け入れる差し出す。「抵当を—・く」「質に—・く」

算木などの用具位置決めて、計算する。占いをする。「そろばんを—・く」

蒔絵(まきえ)や箔(はく)を施しつける。「金箔を—・く」

10 相手に対して心を配る。気がねをする。→気が置けない

「我に心—・き、ひき繕へる様に見ゆるこそ」〈徒然三七

11 露・霜などが降りる。「に—・く露」

12補助動詞多く動詞連用形、または、それに助詞「て」を添えた形に付く。

今後用意のために、あらかじめ…する。「話だけは聞いて—・こう」「この程度のことは勉強して—・くべきだ」「名前は仮にAとして—・こう」

㋑その状態を続けさせる。そのままにする。「窓を開けて—・く」「言わずに—・く」

[可能] おける

[下接句] 朝雨馬に鞍(くら)置け・一目置く重きを置く風上(かざかみ)に置けない・眼中に置かない木にも草にも心を置く気が置けない奇貨(きか)居(お)くべし草木にも心を置く算を置く歯牙(しが)の間(かん)に置く下にも置かない質(しち)に置く借金を質に置く隅に置けない赤心(せきしん)を推(お)して人の腹中(ふくちゅう)に置く算盤(そろばん)を置く・泰山(たいざん)の安きに置く念頭に置く間を置く胸に手を置く


お・く【置・措・擱】

1 〔自カ五(四)〕 露やが生じて、ある場所を占める。また、などが降って地にたまる。

万葉(8C後)一五・三九九秋されば於久(オク)露霜にあへずして都の山は色づきぬらむ」

2 〔他カ五(四)

[一] 事物に、ある位置占めさせる。

① 人や物を、ある位置・状態にすえる。位置させる。のせる。

古事記(712)中・歌謡「をとめの 床の辺(べ)に わが淤岐(オキ)し つるきの太刀倭建命〉」

死者を墓の中に位置させる。葬る

書紀720崇峻即位前(北野本訓)「墓を作りて葬(オク)」

③ 物などを前もって用意する。

書紀720神武即位前(熱田本訓)「殿の内に機(おし)を施(オキ)て、請饗(かみへたてまつらむとまう)すに因(よ)りて作難(まちとらむ)と欲(す)」

④ 人を、ある場所、家などに住まわせる。下宿させる。また、人を雇う。かかえる。

万葉(8C後)一四・三四九〇「梓弓末は寄り寝む現在(まさか)こそ人目を多み汝(な)をはしに於家(オケ)れ」

(5)算木などを置くところから)

(イ) 占う。

万葉(8C後)一三三三三三夕凪(ゆふなぎ)に (かぢ)の音しつつ 行きし君 いつ来まさむと 卜(うら)置(おき)て 斎(いは)ひわたるに」

(ロ) 計算する。そろばん数える。

発心集(1216頃か)二「『算おき給ひつるは何の御用ぞ』と問ひければ『年来申しあつめたる念仏の数の覚束なくて』とぞ答へられける」

(6) 制度施設機関役目などを作り設ける。設置する。また、その役目に人を任ずる

蜻蛉(974頃)中「年ごとに余ればこふる君がためうるふ月をばおくにやあるらん」

平家13C前)一二諸国守護ををき、庄園地頭を補せらる」

(7)質物として置くところから) 預ける。

宇津保(970‐999頃)吹上上「このせちゑにはき給ふ御はかしを質におかん」

(8) 区別などをつける。

源氏100114頃)梅枝あながち劣りまさりのけぢめををき給ふ

(9) 蒔絵(まきえ)、箔(はく)、模様などをつけほどこす。

大鏡(12C前)三「かばかりの箱の漆つき、まきゑのさま、くちをかれたりしやうなどの、いとめでたかりしなり」

(10) 対象心をとめる気にかけるまた、信用疑い遠慮などの気持をいだく。

書紀720神代下(水戸本訓)「特(おぎろ)に憐愛(めぐしとおぼすみこころ)を鍾(オキ)て以て崇養(かたてひたし)たまふ」

浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「事実から出た心持無けれウカとは信を措(オ)き難い」

(11) めやすとなるものをすえる。抽象的事柄位置づける

女工哀史1925)〈細井和喜蔵一六きはめて外界温度支配され易いから斯う端な差を示すのでもあらうが、兎に角大体の標準を置くことができる」

[二] 間に、はさみすえる

① (多く時間に関係ある語を伴って) 時を隔てる。

万葉(8C後)八・一四九一「卯の花の過ぎば惜しみほととぎす雨間も置(おか)ずこゆ鳴き渡る

② (数量長さに関係のある語を伴って) ある数や長さ隔てる。

平家13C前)一一あやまたず扇のかなめぎは一寸ばかりをいて、ひいふっとぞ射きったる」

[三] 物事そのままの状態にしておいて、特別に扱わない。何もしない。

そのままにしておいて、特別にとり扱わない。特に、否定反語強調表現等において、「その物事を特に考慮しない」「それはそれとして考慮外のこととしておく」の意から転じて、別にする・除く・さしおくの意をもつ。

万葉(8C後)五・八九二「我(あれ)を於伎(オキ)て 人はあらじと 誇ろへど」

学問のすゝめ187276)〈福沢諭吉一二其事柄の大切なると否とは姑(しばら)く閣(お)き」

② あとに残しとどめるまた、見捨てる

書紀720斉明四年一〇月・歌謡うつくしき 吾(あ)が若き子を 飫岐(オキ)てか行かむ」

③ ある状態のままにしておく。

(イ) その状態のままでほうっておくそのままにしてなにもしない。保留する。→おく(置)能わず

源氏100114頃)手習「かくてをいたらば死にはて侍りぬべし」

(ロ) (否定表現伴って) その状態を認めて許す。

浄瑠璃心中二枚絵草紙(1706頃)上「どうでもこうでも聞かにゃおかぬ、かたらせねゃおかぬ」

④ やめにする中止する。よす。

中華若木詩抄(1520頃)上「済世一念をば、ひらにをかしめ。この白髪ではなるまいぞ」

浄瑠璃夏祭浪花鑑(1745)三「『いらぬ事じゃ、おけやい』『いやおくまいわい』」

[四] 動詞連用形、または、それに助詞「て」の付いた形に続け補助動詞のように用いる。

① ある状態をそのまま続ける意を表わす前もってしておく場合にも、したままほうっておく場合にもいう。

万葉(8C後)一一・二六一七「あしひきの山桜戸開け置(おき)てわが待つ君を誰かとどむる」

② その状態を認めて許す意を表わす

滑稽本浮世床(1813‐23)初「山王さまはおれが贔負(ひいき)だからおれが宗旨にして置(オカ)ア」


置く

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

置く

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 13:13 UTC 版)

和語の漢字表記

置 く

  1. おく」を参照


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「置く」の関連用語

置くのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



置くのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの置く (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS