油田規模分布とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 統計 > 分布 > 油田規模分布の意味・解説 

油田規模分布


対数正規分布

読み方たいすうせいきぶんぷ
【英】: lognormal distribution
同義語: 油田規模分布  

確率変数対数値が正規分布をするような統計分布を対数正規分布という。数学的には、正規分布分布密度関数が式 (1) で表現されるのに対して、対数正規分布は式 (2) で表される分布として定義される。

上式で μ は平均値、σ2分散である。対数正規分布を a) 実数座標、b) 実数対数座標、c) 対数正規確率紙を用いてグラフに表すと図のとおりである。c) の横軸目盛りは、変数 x についての実数目盛りを x が 0 から xi までの確率累積転換した目盛りである。このグラフの上直線になるか否かで対数正規分布であるか否か検定できる。
対数正規分布は、恒星密度鉱物の塊粒の寸法重量鉱床規模音の強さ材料寿命生物群の個体数、生物個体寸法重量市町村人口個人所得額など、天文地質物理生物社会の各現象広く見られる統計分布であり、石油天然ガス鉱床においても、層厚孔隙率こうげきりつ}、埋蔵量の値が対数正規分布をすることが認められている。鉱床ごとの埋蔵量分布については、この法則一つ堆積盆地たいせきぼんち}についても、また地理区分についても、世界全体についても当てはまることが示されている。ただし各地区区分ごとに係数 μ 、σ が異なり埋蔵量平均値分布分散異なる。
この対数正規分布の特色は、規模大き個体は数が少なく規模小さい例は数が多いということであり、また、それにもかかわらず大きい方からある程度の数の個体規模合計すると全体合計規模大部分シェア占めということである。Denver-Julesburg 盆地の例では大きい方から数えて 4.1 %の数の油田だけで全体究極可採量の 47.7 %、上から 9 %の数をとると量では 66 %を占める。このような現象世界全体でも認められるところであり、石油探鉱開発経済においても大きな要素である。

図 対数正規分布の概念



油田規模分布と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「油田規模分布」の関連用語

油田規模分布のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



油田規模分布のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2019 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。

©2019 Weblio RSS