大宮司とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 大宮司の意味・解説 

だい‐ぐうじ【大宮司】

伊勢神宮熱田(あつた)・宇佐阿蘇香椎(かしい)・宗像(むなかた)・気比(けひ)などの神宮神社神職の長。おおみやづかさ。だいくじ。

明治4年(1871)から同10年まで、伊勢神宮および官・国幣大社に、その後伊勢神宮にだけ置かれた神職の長。


おおみや‐づかさ〔おほみや‐〕【大宮司】

だいぐうじ(大宮司)」に同じ。


おおみや‐づかさ おほみや‥ 【大宮司】

〔名〕 (「おおみやつかさ」とも) 神官一つ伊勢神宮をはじめ熱田宇佐阿蘇香椎宗像気比香取鹿島などの神宮神社にあった、神職の長。だいぐうじ

三代実録元慶五年(881)八月六日「制伊勢大神宮大宮司一員正六位上階、少宮司一員正七位上


だい‐ぐうじ【大宮司】

〔名〕 (「だいくうじ」とも)

明治以前伊勢宇佐熱田鹿島香取阿蘇香椎宗像(むなかた)などの神宮神社長官だいぐじ

延喜式(927)四「凡太神宮司二員。大宮司一員正六位上官。少宮司一員正七位上官」

明治四年(一八七一)の太政官布告によって伊勢神宮および官国幣大社に置かれた職員神宮では祭主次位正五位相当。官国幣大社では長官の称で正六位相当。明治一〇年廃制。

神宮司庁職員一つ祭主の命を受けて祭祀奉仕した。内務大臣監督を受けて職員統率事務管理をした勅任官


だい‐ぐじ【大宮司】

〔名〕 「だいぐうじ(大宮司)」の変化した語。〔色葉字類抄(1177‐81)〕


大宮司

読み方:ダイグウジ(daiguuji)

神職官名の一。


だいぐうじ 【大宮司】

明治以前伊勢神宮に置かれた神職の長。熱田宇佐阿蘇香椎宗像気比香取鹿島などの神宮神社にも平安初期に置かれた。おおみやづかさ。また明治以降内務省に置かれ伊勢神宮業務を行う神宮司庁職員一つ祭主の命を受けて祭祀奉仕し、職員統督事務管理

宮司

(大宮司 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/06 23:52 UTC 版)

宮司(ぐうじ、みやづかさ)とは神職巫女をまとめる神社(おさ)である神職の職階(職名・職称)である。




  1. ^ "跡目争い"が起きるほど神社が儲かるワケ”. ライブドア. 2018年8月25日閲覧。


「宮司」の続きの解説一覧



大宮司と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大宮司」の関連用語

大宮司のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大宮司のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宮司 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS