壮とは?

そう〔サウ〕【壮】

【一】[名・形動

意気が盛んで勇ましいこと。また、そのさま。「その志を壮とする」

30前後血気盛ん年ごろまた、その年ごろの男性。「壮にして大家の貌がある」

【二】接尾(「」とも書く)助数詞灸をすえる回数数えるのに用いる。

此の日の灸、肩腎并せて曲池に百五十—」〈蔗軒日録


そう【壮〔壯〕】

常用漢字] [音]ソウサウ)(漢) [訓]さかん

血気盛ん年ごろ勢いが盛ん。「壮健壮士壮丁壮年強壮少壮

意気燃えている。勇ましい。「壮挙壮絶壮図壮烈悲壮勇壮

元気づける。「壮行会

大きくて立派。「壮観壮大壮麗広壮

名のりあき・お・さかり・たけ・たけし・まさ・もり


そう サウ 【壮】

1 〔名〕

① (形動) 元気盛んであること。勇ましいこと。強健であること。また、そのさま。

史記抄(1477)一三老者小者をば易処に当てをき、壮なる者をば劇処に当て置ぞ」

花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉六一「老て益益壮(サウ)なれば」〔春秋左伝宣公一二年〕

② 三〇歳前後血気盛ん年齢盛りのとし。若盛りまた、その人

随筆折たく柴の記(1716頃)下「凡そ人の幼といひ、弱といひ、壮といひ、強といひ、(かい)といひ、耆(き)といひ、老といひ、耄(ばう)といふ」〔論語‐季氏〕

③ (形動大きくてりっぱであること。また、そのさま。

*閑耳目(1908)〈渋川玄耳〉金費ひの術「其邸宅を壮(サウ)にし」

2接尾〕 (「」とも書く) 灸(きゅう)をすえる回数、または、(もぐさ)の分量数えるのに用いる。

玉葉安元二年(1176)六月一九日「被二百

随筆榊巷談苑1704頃か)「灸一灼を一壮といふは、壮年の人にあてて幾灼と定めたれば壮とはいへり」〔夢渓筆談技芸


作者山口椿

収載図書中国残酷女列伝
出版社ベストセラーズ
刊行年月2002.3
シリーズ名ワニ文庫


出典:『Wiktionary』 (2020/03/21 15:04 UTC 版)

発音

名詞

  1. ソウ体力充実して勇ましいこと。
  2. ソウ30前後元気盛ん年頃

名詞

活用

タルト活用
荘-と

接尾辞

  1. ソウすえる回数

熟語


出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 13:00 UTC 版)

発音



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「壮」の関連用語

壮のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



壮のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS