入るとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 動作 > 入る > 入るの意味・解説 

い・る【入る】

【一】[動ラ五(四)

人や物がある場所・範囲・状態などに移る。はいる。

㋐外から中に移動する。「道が山あいに—・る」「葷酒(くんしゅ)山門に—・るを許さず」

移り動いて物の陰に隠れる。太陽や月が沈む。「日が山の端に—・る」

特定の環境に身を移す。「渦中に—・る」「仏門に—・る」

㋓時が進行して、ある時刻季節になる。「土用に—・る」

心・目・耳などの感覚通じて対象をとらえる。「目に—・るものすべてが珍しい」

㋕しだいに移ってある状態に達する。ある状態にまで深くいっていく。「話が佳境に—・る」「悦に—・る」

内部にくぼみ、裂け目が生じる。「茶碗にひびが—・る」

いっぱい含まれる。こもる。「念の—・った仕事ぶり

動詞連用形に付いて、その動作や状態の程度が非常に深い、また、その動作に徹したり、その状態にすっかりなってしまったりする意を表す。「ぐっすり寝—・る」「心に染み—・る」「恥じ—・る」「恐れ—・ります」

(「いらせ給ふ」「いらせらる」などの形で)「来る」「行く」「居る」の意を表す。

御輿(みこし)の—・らせ給ふほどなど」〈大鏡道長上〉

【二】[動ラ下二「い(入)れる」の文語形

[補説] 【一】1文語的な言い方で、現代語ではふつう「はいる」を用いる。しかし、「気にいる」「堂にいる」「有卦(うけ)にいる」など慣用的表現の中では現在でも多く用いられる。

[下接句] 石を抱(いだ)きて淵(ふち)に入る・有卦(うけ)に入る・悦(えつ)に入る・笑壺(えつぼ)に入る・気に入る・鬼籍(きせき)に入る・興(きょう)に入る・見参(げんざん)に入る・神(しん)に入る・大声(たいせい)里耳(りじ)に入らず・手に入る堂に入る・堂に升(のぼ)り室(しつ)に入らず・念が入る門に入る・病(やまい)膏肓(こうこう)に入る


はい・る〔はひる〕【入る/×這入る】

[動ラ五(四)

ある区切られた空間の外から中へ移り進む。「映画館に—・る」⇔出る。

中に加えられる。「不純物が—・る」「模様の—・った布」

あるものの中にあるものが生じる。「ガラスにひびが—・る」

ある制度自分から加わる。「保険に—・る」

特定の社会・集団学校などの一員となる。「大学に—・る」「テニスクラブに—・る」

一定の範囲容量中に収まる。「客席いっぱいに—・る」「一リットル—・る瓶」

自分ものになる。「大金が—・る」

気持ちや力などがこもる。「力が—・る」「練習に身が—・る」

利用できるよう設備される。「複写機が—・った」

10 目・耳などで感じとられる。「うわさが耳に—・る」

11 ある時期地点に至る。「雨期に—・る」「月が山の陰に—・る」

[可能] はいれる

[下接句] 穴があったら入りたい木が入る手が入る手が入れば足も入る手に入る年季が入る話に実が入る・罅(ひび)が入る・身が入る水が入る耳に入る目に入る


い・る【入・要】

1 〔自ラ五(四)

[一]

外部から、ある場所、環境などに移る。はいる。

(イ) 外から、ある物の中、ある場所の内へ移動する。また、移動して、その中にある。

万葉(8C後)一四・三五五四「妹が寝(ぬ)る床のあたりに岩ぐくるもがもよ伊里(イリ)て寝まくも」

更級日記(1059頃)「師走二日京にいる」

(ロ) 見え所から、物陰移動する。その場から退く。奥へ引っ込む。特に、日、月が沈む。また、水中没する

古今(905‐914)雑体・一〇五九「よひのまにいでて入(いり)ぬるみか月のわれて物思ふころにもあるかな〈よみ人しらず〉」

三道(1423)「出物(でもの)の舞楽人体によりて切拍子などにて入(いる)事あるべし」

(ハ) 特定の環境中に移る。宮中仏門学校などにはいる。

源氏100114頃)斎宮は、去年(こぞ)内裏にいり給ふべかりしを、さまざまさはる事ありて、この秋入(いり)給ふ

徒然草1331頃)五八一度道に入(いり)て世をいとはん人」

② ある限られた範囲内取り込まれる。はいる。

(イ) 仲間になる。含まれるまた、書物載る

古今(905‐914)仮名序万葉集にいらぬ古き歌」

徒然草1331頃)一七三「この文、〈略〉高野大師の御作目録にいれり」

(ロ) 心、目、耳などの知覚取り入れられる。また、知覚できる範囲にはいる。

万葉(8C後)一二二九七七何故か思はずあらむ紐の緒の心に入(いり)て恋しきものを」

滑稽本浮世風呂(1809‐13)三「お耳に入(イッ)たらお叱り遊すでござりませうよ」

(ハ) 物と物、人と人などの間にはいり込む。はさまる。はまる。また、仲介する。

*虎明本狂言犬山伏室町末‐近世初)「茶屋あつかいにいりて、もっはずならばもたせう程に、先おまちやれ」

③ ある時期時間になる。はいる。

蜻蛉(974頃)中「つれづれあるほどに、彼岸にいりぬれば」

④ ある特定の状態、段階境地などに達する。「技、神にいる

大鏡(12C前)六「いみじう興にいらせ給へるほどに」

(5)気持、力などが)みちる。こもる。はいる。

源氏100114頃)宿木そなたざまには心もいらで、この御事のみいとほしくなげかる」

永日小品(1909)〈夏目漱石〉声「見悪(みにく)い程窮屈に力が入(イ)ってゐる」

(6) 内に向かってくぼむ。くい込む。くぼみや裂け目ができる。はいる。

源氏100114頃)須磨「海づらはややいりて」

二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉中「右の硝子に裂(ひび)の入(イ)った眼鏡

(7) 付けられる。施される。はいる。

西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉六「金のほそ筋入(イッ)たる、羅紗仕立股引(ずぼん)」

(8) (要) ある物、事などが要求される。

(イ) (費用時間品物などが)必要になる。入用である。

宇津保(970‐999頃)藤原の君「うちまきによねいるべし」

仮名草子仁勢物語(1639‐40頃)下「ついにゆく道には金もいらじか」

(ロ) (否定表現伴って) 特に問題にしなくてもよい。

古文真宝抄(1525)二「物を知事、吾に勝れたらば歳の老少は入まいぞ」

(9) (「いらせ給ふ」の形で) 「ある」「居る」「来る」「行く」などの尊敬語。→いらしむ

今鏡(1170)四「宇治御幸ありて皇后宮ひきつづきていらせ給ひし」

[二] 補助動詞として用いられる。動詞連用形に付く。

① すっかりそうなる、ほとんどそうなる意を表わす。「死に入る」「消え入る」「絶え入る」「寝入る」「冷え入る」など。

② せつに、深くそうする意を表わす。「思い入る」「念じ入る」「泣き入る」「恐れ入る」「痛み入る」など。

2 〔他ラ下二〕 ⇒いれる(入)


はい・る はひる 【入・這入】

〔自ラ五(四)〕 (「はひいる這入)」の変化した語)

外部から、ある場所や環境などに移る。

(イ) 外から、ある物の中やある場所の内へ移動する。また、移動して、その中にいる。

平家13C前)五「片山やぶのなかにはいり、あをのけにふし」

(ロ) 見え所から物かげに移動する。奥へひっこむ。日、月が沈むのにもいう。「日が西の山にはいる」

歌舞伎幼稚子敵討(1753)口明「ト大橋伝兵衛、廓の者皆々這入る

(ハ) 学校会社など、特定の環境の中の一員になる。

吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉三「卒業して大学院這入って空間論と云ふ題目研究して居たが」

② ある限られた範囲内取り込まれる。

(イ) ある物の中に収まる。含まれるまた、つめこんだり収容したりすることができる。「庶民の口にはいる」

洒落本世説新語茶(1776‐77か)粋事「『ありゃあおめへ四合へへりやすぜへ』『そふはへへるめへ』」

社会百面相(1902)〈内田魯庵労働問題「非常に聴衆入場(ハイ)ったナ」

(ロ) 新たにつけ加わる。割って入りこむ。また、仲間になる。

当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉六「三ケ月毎の書替の手数料と、利子其儘元金の中へ加入(ハイ)っていくから」

(ハ) 金品知らせなどが、手元届けられる。「他社情報手にはいる

新浦島(1895)〈幸田露伴〉七「不時の金でも入(ハヒ)れば女房に卵甲の一枚買ふて遣るよりは」

(ニ) 心、目、耳などの知覚取り入れられる。「頭にはいる」「目にはいる

交易問答(1869)〈加藤弘之〉上「僕等のいふ事は迚(とて)も、足下の耳にははいるまいけれど」

次第にある状態、時期などに達する。「夜にはいる」「明治時代にはいる」

(1959)〈庄野潤三〉「電気消して寝る体勢に入ったが、なかなか眠れないでいる」

気持や力などがこもる。「力がはいる」「勉強身がはいる

(5) 物に傷、ひび、裂け目などができる。

苦の世界(1918‐21)〈宇野浩二〉四「ヒビのはひった赤銅縁眼鏡

(6) 付けられる。施される。「罫のはいったノート」「模様のはいった封筒

はやり唄(1902)〈小杉天外一二洋燈には、今しも火が点(ハヒ)った処である」

(7) 湯を加えたりして飲物ができる。

人情本春色辰巳園(1833‐35)後「サアがはいったヨ」

(8) 剣道などで、技が決まる。

天覧試合陪観記(1934)〈菊池寛〉「素人自分には、剣道の試合などは分るのでない。どちらの面がは入ったのか、どちらの小手がは入ったのか」

[語誌](1)名詞形「はひいり」「はいり」は中古から例があり、動詞はひいる」から生じたと考えられる
(2)動詞「はいる」の初期の例は「這う」の意が強く、①の挙例平家」も、覚一本では「はいり」であるが、百二十句本では「這(ハイ)入て」とあり、「這う」の意が薄れ後でも①(ロ)の「幼稚子敵討」にも「這入る」の表記用いられている。
(3)自動詞「はいる」に対す他動詞形は下二段動詞「いる(いれる)」である。


入る

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 06:09 UTC 版)

漢字混じり表記

  1. はいる。外から中へ移動すること。 
  2. いる。「はいる」とほぼ同義



入ると同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「入る」に関係したコラム

  • FXの一目均衡表の見方

    一目均衡表とは、細田悟一氏の開発した相場を予想するテクニカル指標のことです。細田悟一氏のペンネームが一目山人(いちもくさんじん)だったことから、一目均衡表という名が付けられました。一目均衡表は、FXや...

  • FXのチャート分析ソフトMT4のEAの使い方

    EA(Expert Advisor)とは、FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)上で自動売買するためのプログラムの名称です。EAは、多くのWebサイトで公開...

  • テクニカル分析でバイナリーオプションの予想をするには

    テクニカル分析でバイナリーオプションの予想をするには、テクニカル指標によりその先の値動きを予測します。ここでは、いくつかのテクニカル指標と予想の仕方を紹介します。▼EMA(Exponential Mo...

  • 株価の特別気配の更新値幅は

    特別気配とは、売り注文と買い注文の数量がアンバランスな状態で、売買の成立が困難な状況のことです。例えば、株価が400円の時に、402円、401円、400円、399円、・・・に大量の買い注文が入り、40...

  • FXの2段上げ、3段上げとは

    FX(外国為替証拠金取引)の2段上げとは、為替レートが2段階にわたって上昇することです。また、為替レートが3段階にわたって上昇することを3段上げといいます。一方、為替レートが2段階にわたって下降するこ...

  • 株式取引の板の見方

    株式取引の板とは、銘柄の価格帯ごとの売り数量と買い数量を表示した表のことです。売数量株価買数量14100341534000341021900340565200340087000339576600339...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「入る」の関連用語

入るのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



入るの意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの入る (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS