ポラーノ ホワイトとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 品種登録データベース > ポラーノ ホワイトの意味・解説 

ポラーノ ホワイト【ポラーノ ホワイト】(草花類)

登録番号 4999
登録年月日 1996年 3月 18日
農林水産植物の種類 りんどう
登録品種の名称及びその読み ポラーノ ホワイト
 よみ:ポラーノ ホワイト
品種登録の有効期限 15 年
育成者権の消滅  
品種登録者の名称 岩手県
品種登録者の住所 岩手県盛岡市内丸10番1号
登録品種の育成をした者の氏名 藤原一道 阿部潤 高橋壽一 吉池 横山中野俊成
登録品種の植物体の特性の概要
この品種は,ササ白花種エゾ白花種実生系統交配して選抜育成された栄養繁殖性の品種であり,花は内面上部及び外面黄白色,外面浅黄緑色縞模様が入る切花用の晩生種である。  植物体の形状直立性,草丈120~159cmである。直径は5.0~7.9mm,横断面形状円形上部及び下部の色は緑,上部着色程度は多,下部は中,1節側発生数は9~12,位置上部のみ,2節以上の発生数は19~24である。葉長は7.0~9.9cm,幅は2.0~2.9cm, 葉身形状披針形表面の色は緑,裏面淡緑表面及び裏面着色程度は無である花房のつき方は茎頂下位節に群生開花順序全体一斉頂部の着花数は1~4,当たりの総花数は7089である。花冠形状鐘形長さは4.0~4.9cm,直径は1.6~1.9cm,先端直径は3.0~3.9cm,転回は外反転花冠内面上部の色は黄白JHS カラーチャート2902),内面中部の色は淡黄緑(同3303),外面の色は黄白(同2901),内面上部斑点は中,色は鮮黄緑(同3506),外面斑点は多,色は鮮黄緑(3306),外面縞模様の色は浅黄緑である。花冠裂片の長さは8~9mm,幅は10~11mm,形状型,がくの裂片数は 5未満がく片形状は狭披 針形,そろいは不斉がく筒形状筒状である。開花期は晩で,育成地(岩手県北上市)における開花期9月下旬である。  「ホモイ」と比較して,1節側発生数が多いこと,葉身形状披針形であること,花冠形状鐘形であること等で,「那須拓陽」と比較して,葉身形状披針形であること,開花順序全体一斉であること,花冠内面中部の色が淡黄緑であること等で区別性が認められる
登録品種の育成経過概要
この品種は,昭和53年出願者のほ場(岩手県北上市)において,ササ白花種エゾ白花種実生選抜系統交配し,平成元年その実生の中から選抜したもの組織培養により増殖行いながら特性の調査継続し,4年にその特性が安定していることを確認して育成完了したものである。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ポラーノ ホワイト」の関連用語

ポラーノ ホワイトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

docomo STYLE series N-03A

草津川

地方自治法施行60周年記念 栃木県分 1,000円銀貨幣

オモト

おれんじ8

番神・西番神海水浴場

深良用水

グリーン・フェザー





ポラーノ ホワイトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産省農林水産省
Copyright The Ministry of Agriculture. Forestry and Fisheries of Japan
品種登録ホームページ

©2018 Weblio RSS