イネばか苗病菌とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 菌類 > > イネばか苗病菌の意味・解説 

Gibberella fujikuroi(イネばか苗病菌)

Gibberella fujikuroi (Saw.) Ito apud Ito & Kimura [=Fusarium moniliforme Sheldon]
 分類子のう菌門綱,ボタンタケ目ボタンタケ科

日本全国分布イネばか病,イネ科作物赤かび病引き起こすが,葉上生息菌として様々な植物から分離される。植物病害抑制微生物防除剤)として使える可能性もある。分生胞子飛散して蔓延する。子のう胞子枯死植物上でのみ観察される。

性状機能):葉上生息菌植物病原菌

形態
 有性世代青色の子のう殻中に楕円形棍棒の子のうを形成し,内部無色楕円形大きさ14-18×4.5-6μ,1-2(-3)隔壁の子のう胞子を形成する。
 無性世代小型分生子はフィアライド(分化分生子柄)上に,連鎖状に形成され,無色,長楕円形大きさ5-12×1.5-2.5μ,0(-1)隔壁大型分生子分生子座内に形成され,無色,長紡錘形両端は細まり,真直または湾曲し,大きさ25-60×2.5-4μ,3-7隔壁
大型分生子
小型分生子
連鎖した小型分生子

農環研所蔵標本

標本番号 宿主和名 宿主学名 症状 採集 採集年月日 採集
256-1-10 Gibberella fujikuroi  イネ Oryza sativa ばか 1900.8.25 堀正太郎
256-1-25 東京板橋志村 1937.7.17
101-1-26 北海道空知郡瀧川村 1941.8.7 明日山秀

イネ馬鹿苗病菌

(イネばか苗病菌 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/05/29 03:01 UTC 版)

イネ馬鹿苗病菌(イネばかなえびょうきん、学名Gibberella fujikuroi )は、植物病原菌の一つ。自らの代謝産物である植物ホルモンジベレリンによってイネの苗が異常に成長させられるイネ馬鹿苗病を引き起こす。




「イネ馬鹿苗病菌」の続きの解説一覧



イネばか苗病菌と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イネばか苗病菌」の関連用語

1
10% |||||

イネばか苗病菌のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



イネばか苗病菌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本産糸状菌類図鑑日本産糸状菌類図鑑
Copyright (C) 2019 National Institute for Agro-Environmental Sciences. All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイネ馬鹿苗病菌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS