クローバ茎割病菌とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 菌類 > > クローバ茎割病菌の意味・解説 

Kabatiella caulivora(クローバ茎割病菌)

Kabatiella caulivora (Kirchner) Kakakulin
 分類不完全菌門分生子不完全菌

 東北以北分布クローバ植物割病を引き起こす植物茎葉上に形成された分生子飛散して蔓延する。培地上で初め分生子出芽して生育し,酵母様に粘質,黄白色の叢を形成するが,古くなる菌糸生育をする。

性状機能):植物病原菌

形態
 有性世代不明
 無性世代分生子柄は短い棍棒状,無色で,その頂部3-5個の分生子頂生する。分生子鎌形~長楕円形無色,単胞,平滑大きさ8-24x2.5-4.5μ。
分生子

農環研所蔵標本

標本番号 宿主和名 宿主学名 症状 採集 採集年月日 採集
110-1-48 Kabatiella caulivora アカクローバ Trifolium pratense 割病 札幌市雪印 1968.6.3 富永時任



クローバ茎割病菌と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

クローバ茎割病菌のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



クローバ茎割病菌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本産糸状菌類図鑑日本産糸状菌類図鑑
Copyright (C) 2019 National Institute for Agro-Environmental Sciences. All Rights Reserved

©2019 Weblio RSS