オヒシバすす葉枯病菌とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 菌類 > > オヒシバすす葉枯病菌の意味・解説 

Cochliobolus nodulosus(オヒシバすす葉枯病菌)

Cochliobolus nodulosus Luttr. [=Bipolaris nodulosa (Berk. & Curtis) Shoem., Helminthosporium nodulosum (Berk. & Curtis) Sacc.]
 分類子のう菌門小房子のう菌綱,クロイボタケ目,プレオスポラ科

主に関東以南分布オヒシバなどにすす病を引き起こす。他のイネ科野生植物からも分離される。分生胞子飛散して蔓延する。子のう胞子自然条件下では観察されない。

性状機能):植物病原菌

形態
 有性世代
培地上の対峙培養形成黒色の偽子のう中に円筒形の子のうを形成し,内部無色糸状大きさ98-193×4-8μの子のう胞子をラセン状に巻いて形成する。
 無性世代淡褐色暗褐色分生子柄上に,明褐色褐色卵形~倒棍棒形,大きさ43-78×16-19μ,5-7隔壁をもつ真直の分生胞子形成する。
分生胞子

農環研所蔵標本

標本番号 宿主和名 宿主学名 症状 採集 採集年月日 採集
111-1-83 Cochliobolus nodulosus オヒシバ Eleusine indica  すす 府下杉並町 1931.9.13
135-1-13 Bipolaris nodulosa  〃  群馬県高崎市 2001.11.12 月星隆雄



オヒシバすす葉枯病菌と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

オヒシバすす葉枯病菌のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



オヒシバすす葉枯病菌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本産糸状菌類図鑑日本産糸状菌類図鑑
Copyright (C) 2019 National Institute for Agro-Environmental Sciences. All Rights Reserved

©2019 Weblio RSS