エンバク冠さび病菌とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 菌類 > > エンバク冠さび病菌の意味・解説 

Puccinia coronata var. avenae(エンバク冠さび病菌)

Puccinia coronata Corda var. avenae Fraser & Ledingham
 分類担子菌門,半担子菌綱,サビキン目,プクキニア科

主に東北以南分布エンバクカラスムギなどイネ科Avena植物に冠さび病を引き起こし,夏胞子および冬胞子宿主上に形成する。精子世代,さび胞子世代クロウメモドキ植物上に形成される。夏胞子飛散して蔓延し,冬胞子越冬する。人工培養できない

性状機能):植物病原菌

形態
 精子世代詳細不明
 さび胞子世代詳細不明
 胞子世代胞子堆上に形成され,球形~亜球形表面有刺無色内部橙黄色大きさ18-30×16-24μ,糸状体を欠き,9-11個の発芽孔が表面散在する。
 胞子世代棍棒形~円筒形,明褐色オリーブ褐色,2室ときに1室,基部は狭まりやや脱落性,頭部長さ4-16μの指状突起が2-数個あり,大きさ33-75×12-23μ。
胞子 胞子

農環研所蔵標本 なし




エンバク冠さび病菌と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

エンバク冠さび病菌のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



エンバク冠さび病菌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本産糸状菌類図鑑日本産糸状菌類図鑑
Copyright (C) 2020 National Institute for Agro-Environmental Sciences. All Rights Reserved

©2020 Weblio RSS