炭疽病菌とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 菌類 > > 炭疽病菌の意味・解説 

Glomerella acutata(炭疽病菌)

Glomerella acutata J.C.Guerber & J.C.Correll [=Colletotrichum acutatum Simmonds ex Simmonds
 分類子のう菌門綱,クロカワキン目,クロカワキン科

 北海道を除く全国分布。多犯性植物病原菌であり、計50種以上の花・野菜果樹類に対し炭疽(たんそ)病を引き起こすとされる罹病組織表面分生子層を作り内部分生子飛散して蔓延する。有性世代は、人工培養条件下のみで確認されている。

性状機能):植物病原菌    病徴JPEG(23kb)

形態
 有性世代培地上の対峙培養形成球形~倒洋梨形で幅が125313μの子のう殻の内部に、一重壁で棍棒の子のうを配する子のう内部の子のう胞子は無色単胞、先端が丸い長楕円形楕円形で、大きさは8.5~25.1×3.1~8.1μ。
 無性世代分生子層上にオレンジ色からピンク色分生子粘塊を生じる。分生子無色単胞で、両端尖った紡錘形大きさは8.5~16.5×2.5~4μ。付着器は倒卵形棍棒形で輪郭平滑なものが多く大きさは8.5~10×4.5~6μ。
分生子 付着 培養
上:表面,下:裏面

農環研所蔵標本 なし


Glomerella cingulata(炭疽病菌)

Glomerella cingulata (Stoneman) Spaulding & Schrenk [=Colletotrichum gloeosporioides (Penzig) Penzig & Saccardo]
 分類子のう菌門綱,クロカワキン目,クロカワキン科
 
 全国各地分布し、多く植物に対し炭疽(たんそ)病を引き起こす多犯性植物病原菌である。罹病組織表面子のう殻および分生子層を作り内部の子のう胞子・分生子飛散して蔓延する。Glomerella属の基準種であり、不完全世代C. gloeosporioides代表的集合種として知られている。

性状機能):植物病原菌    病徴JPEG(77kb)

形態
 有性世代球形ないし卵形の子のう果の中に円筒形一重の子のうを形成し、その内部無色単胞で楕円形または紡錘形大きさ1228×4~7μの子のう胞子を形成する。。
 無性世代分生子層上に肉色の粘塊を生じ、内部分生子無色単胞で円筒形大きさは、9~24×3~4.5μ。付着器は、棍棒形~不整形で輪郭が不規則大きさは6~20×4~12μ。コロニー形態変異に富む。
子のう殻と子のう 分生子 培養

農環研所蔵標本 

標本番号 宿主和名 宿主学名 症状 採集 採集年月日 採集
135-1-35 Glomerella cingulata エゾノギシギシ Rumex obtusifolius 炭疽病 北海道深川市 2002.8 月星隆雄



炭疽病菌と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「炭疽病菌」の関連用語

炭疽病菌のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



炭疽病菌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本産糸状菌類図鑑日本産糸状菌類図鑑
Copyright (C) 2019 National Institute for Agro-Environmental Sciences. All Rights Reserved

©2019 Weblio RSS