イネ紋枯病菌他とは?

Weblio 辞書 > 生物 > 糸状菌類図鑑 > イネ紋枯病菌他の意味・解説 

Thanatephorus cucumeris [Rhizoctonia solani](イネ紋枯病菌他,土壌腐生菌)

Thanatephorus cucumeris (Frank) Donk [=Rhizoctonia solani hn]
 分類担子菌門蕈綱,ツノタンシキン目,ツノタンシキン科

 日本全国分布。ほとんど全種類植物寄生し,土壌からも腐生的に分離される。対峙培養時の菌糸融合有無によりAG (Anastomosis Group) 1~12に,培地上の形態によりIA~V群に分類される。土中菌糸伸長させ,あるいは担子胞子飛散して蔓延する。菌核残存し,有性世代土壌表面あるいは植物地際部に形成される。ラン科植物共生し,内生菌根を形成する。

性状機能):土壌腐生菌植物病原菌内生菌    病徴JPEG(39kb)

菌糸蛍光下) 菌糸染色 叢(左上:AG1 IA右上:AG1 IB,下:AG2-2 IIIB,)
形態
 有性世代たる形~短棍棒形の担子器小柄を生じ,その上に無色,広楕円形倒卵形平滑大きさ6-14×4-8μの担子胞子形成する。
 無性世代菌糸淡褐色褐色主軸菌糸の幅は6-10μ,かすがい連結はもたず,概ね直角に分枝し,分枝部でわずかにくびれる。分生胞子形成しない。

農環研所蔵標本

標本番号 宿主和名 宿主学名 症状 採集 採集年月日 採集
250-1-25 Rhizoctonia solani  ペレニアルライグラス Lolium perenne 腐病 栃木県那須郡西那須野町 1961.7.17 土屋行夫
250-1-26 イタリアンライグラス Lolium multiflorum 栃木県那須郡西那須町県有牧場
形態
 有性世代たる形~短棍棒形の担子器小柄を生じ,その上に無色,広楕円形倒卵形平滑大きさ6-14×4-8μの担子胞子形成する。
 無性世代菌糸淡褐色褐色主軸菌糸の幅は6-10μ,かすがい連結はもたず,概ね直角に分枝し,分枝部でわずかにくびれる。分生胞子形成しない。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

イネ紋枯病菌他のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



イネ紋枯病菌他のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本産糸状菌類図鑑日本産糸状菌類図鑑
Copyright (C) 2019 National Institute for Agro-Environmental Sciences. All Rights Reserved

©2019 Weblio RSS