ウリ科炭疽病菌とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 菌類 > > ウリ科炭疽病菌の意味・解説 

Colletotrichum orbiculare(ウリ科炭疽病菌)

Colletotrichum orbiculare (Berk. & Mont.) Arx [= C. lagenarium (Pass.) Ell. & Halst.] 
 分類不完全菌門分生子不完全菌

 日本全国広く分布スイカトウガンキュウリなどウリ科植物炭疽(たんそ)病を引き起こす表面分生子層を作り内部分生子飛散して蔓延する。有性世代Glomerella cingulata var. orbicularis報告されたが,正式記載なし。


性状機能):植物病原菌

形態
 有性世代不明
 無性世代分生子層は剛毛伴い内部無色淡黄色円筒形楕円形先端部は鈍頭大きさ14-15×4.5-6μ,単胞の分生子形成する。付着器は褐色,長棍棒形~わずかに不整形,大きさ9-10×5-6μ。培地上で菌核多数散在する。
分生子 分生子

農環研所蔵標本 

標本番号 宿主和名 宿主学名 症状 採集 採集年月日 採集
114-1-59 Colletotrichum orbiculare スイカ Citrullus lanatus 炭疽病 福岡県内郡和白 1931.7.29 河村栄吉
114-1-60 福岡県 1936.9.8 
114-1-17 トウガンカモウリ Benincasa cerifera 東京高等農学校 1938.12.18 園孝次郎
244-1-129 キュウリ Cucumis sativus 軍糧 1942.8.19



ウリ科炭疽病菌と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ウリ科炭疽病菌のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ウリ科炭疽病菌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本産糸状菌類図鑑日本産糸状菌類図鑑
Copyright (C) 2019 National Institute for Agro-Environmental Sciences. All Rights Reserved

©2019 Weblio RSS