《行う》と《行なう》の違い / どちらが正しいのかとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 《行う》と《行なう》の違い / どちらが正しいのかの意味・解説 

《行う》と《行なう》の違い / どちらが正しいのか

「行う」と「行なう」は、どちらの表記正し日本語表現として扱われる。現代日本語では、「行う」の方が本則に従った表記であり、「行なう」は誤読を防ぐ意味で許容された表記である、と位置づけられる。ただし古くは「行なう」の方が本則とされた。

現代日本語送り仮名付け方は、内閣告示した「送り仮名付け方」で規定されている。

送り仮名付け方は、「活用のある語は原則として活用語尾を送る」のが本則である。「おこな-う」の語も、活用語尾の「う」を送り仮名として「行う」と表記するのが本来的であるということになる。

ただし「行う」は、活用して「行った」と述べられると、文脈によっては「いった」なのか「おこなった」なのか判別できなくなることがある。たとえば「さっさと行った」とだけ記述されているような場合このとき「さっさと行なった」と表記すれば誤読せずに済む。

「行う(行なう)」と同様に、「表す(表わす)」「著す(著わす)」「現れる現われる)」「断る(断わる)」「賜る賜わる)」も許容された送り仮名として挙げられている。これらの語も、どちらの送り仮名正し表記として扱われているということになる。

「表す」は「表する」の活用形として「ひょう-す」と読まれる場合もある。同じく「著す」は「ちゃく-す」と読まれ得る。「「断った」は「たった」とも「ことわった」とも読めるというわけでどちらも正し表記とされているのである



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

《行う》と《行なう》の違い / どちらが正しいのかのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



《行う》と《行なう》の違い / どちらが正しいのかのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS