Elevatorとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 商品先物用語 > Elevatorの意味・解説 

エレベーター [3] 【elevator】

人または貨物収容する箱(ケージ)を,動力で垂直に昇降運搬する装置昇降機

elevator(エレベーター)

参照エレベーター 商品穀類

【エレベーター】(えれべーたー)

elevator

  1. 昇降機物資人員の上下げをおこなう装置
    航空母艦揚陸艦などにおいては航空機や兵装などを格納甲板から飛行甲板移動させる装置を指す。
    イギリスではlift(リフト)と呼ばれる

  2. 昇降舵航空機ピッチ制御する。昇降舵の項を参照

エレベーター

読み方えれべーたー
【英】: elevator

ドリル・ストリング掘り管ドリル・カラーなど)の揚降管ケーシングチュービングの降管に使用するつり具で、揚降管するパイプ種類により、また荷重により各種類がある。
現在使用されているエレベーターを機能的分類すれば、パイプカップまたはツール・ジョイント利かせてつるラッチ型とパイプの管体に利かせてつるスリップ型がある。ラッチ型にはセンター・ラッチ式とサイド・ドア式がある。センター・ラッチ式は、掘り管用、チュービング用として使用され、サイド・ドア式はドリル・カラーケーシング用に使用される。スリップ型は重荷重の場合ケーシング使用される。

エレベーター Elevator

  エレベーターはドリルストリング掘管ドリルカラー等)の揚降管ケーシングチュービング揚降管使用する吊り具で,揚降管するパイプ種類荷重により種類異なる。エレベーターは機構的にラッチ型とスリップ型に分類できる。ラッチ型は,パイプカップまたはツールジョイントショルダー部に効かせて揚降管する。スリップ型は,パイプの管体にスリップを効かせて揚降管する。またパイプコネクション部にネジ接続をして揚降管するネジ型のものもある。
エレベーター
分野 櫓下機具
同義語  
関連用語  
類似語 センターラッチエレベーター, サイドドアエレベーター, ホイスティングプラグ, サイドドアケーシングエレベーター, シングルエレベーター, スリップエレベーター
略語  
エレベーター
エレベーター 出典 ACCESS OIL TOOLS社のホームページ
エレベーター

ELV elevator

エレベーター」の略.

エレベータ- Elevator

エレベータ- (画像をクリックすると拡大します)  

エレベーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/08 07:01 UTC 版)

(Elevator から転送)

エレベーター: Elevator, : Lift)は、や荷物を載せた箱を垂直または斜め・水平に移動させる昇降機である。


[ヘルプ]
  1. ^ dumb(物の言えない,口のきけない)waiter(給仕人)が差別用語とされたため、読み替えられた(神東エレベータ株式会社 -豆知識-より)。
  2. ^ Landau & Condit 1996, p. 35; Abramson 2001, p. 84
  3. ^ "Skyscrapers," Magical Hystory Tour: The Origins of the Commonplace & Curious in America (September 1, 2010).
  4. ^ Equitable Life Assurance Society of the United States (November 1901). “The Elevator Did It”. The Equitable News: An Agents' Journal (23): 11 2012年1月10日閲覧。.
  5. ^ The History of the Elevator — Elisha Otis
  6. ^ “「世界最速エレベーター」 時速72キロ”. NHK WEB NEWS. (2014年4月21日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140421/k10013905481000.html 2014年4月24日閲覧。 
  7. ^ 社団法人 日本エレベータ協会|昇降機百科|エレベーターの歴史・変遷
  8. ^ 火災発生時に消火活動で放水する水が直接駆動装置等にかかる恐れがあるため。
  9. ^ 平成27年12月28日 国土交通省告示第1274号 特殊な構造又は使用形態のエレベーター及びエスカレーターの構造方法を定める件の一部改正
  10. ^ マシンルームレスタイプの非常用エレベーターの販売について東芝エレベータウェブサイト ニュースリリース
  11. ^ @nifty:デイリーポータルZ:エレベーターの裏側に興奮する
  12. ^ メトロ平和台駅エレベーター 全ロープ破断 落下、停止[リンク切れ] - 東京新聞 2011年7月29日)
  13. ^ 建築基準法施行令第129条の6の解説設計上の留意事項
  14. ^ エレベーター部品供給停止のお知らせ 三菱電機ウェブサイト
  15. ^ 部品供給停止のお知らせ 日立製作所ウェブサイト
  16. ^ 部品供給停止のご案内東芝エレベータウェブサイト
  17. ^ “火災、高齢者はエレベーター避難 東京消防庁が方針転換”. 朝日新聞. (2013年9月24日) 2013年9月24日閲覧。
  18. ^ 「エレベーターの保守管理等に関する実態調査」の結果について 国土交通省2009年7月7日報道発表資料
  19. ^ シンドラー製エレベーター 事故後、受注ゼロ産経新聞、2012年11月3日
  20. ^ 一般国道4号本宮町万世地内「万世地下歩道エレベーター」事故原因の調査結果及び安全装置の改善について-国土交通省東北地方整備局
  21. ^ ホテルの業務用エレベーターに挟まれ女性死亡 読売新聞 2012年10月31日






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

Elevatorに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「Elevator」の関連用語

Elevatorのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

フォーポイントロール

ネットバック価値

リング

ポストストール機動

粘度指数

ダンディーGO

アレスティングフック

ラテロ検層





Elevatorのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2016 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2016 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
石油技術協会石油技術協会
Copyright © 2016, 石油技術協会 作井技術委員会 作井マニュアル分科会
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2016 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
交通エコロジー・モビリティ財団交通エコロジー・モビリティ財団
Copyright(c) EcoMo Foundation
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエレベーター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS