湧別川とは?

湧別川

オホーツクふれあいうるおい交流空間
湧別川は、北見山地天狗岳にその源を発し、遠軽町市街より上流では渓流河川、これより下流では激しく蛇行しながら北に流路を向け流下し、湧別町オホーツク海に注ぐ、流域面積1,480km2流路延長87kmの1級河川です。

遠軽町を流れる湧別川
遠軽町流れる湧別川

河川概要
水系湧別川水系
河川湧別川
幹川流路延長87km
流域面積1,480km2
流域内人36,000
流域関係都県北海道

湧別川流域図
○拡大図
1.湧別川の歴史
"明治30年屯田兵入植始まり明治43年鉄道開通し、開拓拍車をかかり、耕地増加しつづけました。開拓上流域に広がったことを受けて、農地面積拡大のための森林伐採が行われました。木材は湧別川を使って河口まで流送し、木材積取船に搭載され運ばれたといわれています。"


黒曜石の石器(白滝遺跡出土)
黒曜石石器
白滝遺跡出土
黒曜石の露頭
黒曜石露頭
今から約1万2千年から2万年前の旧石器時代狩猟を行う人々は、湧別川の源流に近い白滝村露頭する黒曜石から作られた石器を手に、マンモスナウマン象追って環日本海巡っていたと考えられています。黒曜石とは、真っ黒なガラス質の石で、「湧別技法」と呼ばれる手法により、当時としては最高級石器作り上げられました。
湧別川流域初め和人入植定住したのは1790年寛政2年)と言われ、人々はまず豊かな漁業資源をめあてに、河口付近に番屋を置き、その後内陸平野部へと鍬を入れて行くことになります。
湧別川の名前の由来アイヌ語のユベ[]からという説、ユベ・オツ[蝶鮫・多い]、または、イベ・オツ・イ[・豊富・所]等の表現から来ているとする説があり、水産資源が豊富であったことを窺い知ることができます
当時の湧別川流域鬱蒼とした原生で覆われていたため、人々はまず木を伐りだして開墾し、その肥沃土地に畑を広げていきました。つまり、開拓期の湧別川流域は、漁業と、農業と、農業を行うために副次的生まれ林業という3つの基幹産業原動力となって発展しはじめることになりました。
和人入植がはじまった当時の湧別川河口サケマスもちろんのことイトウキュウリチカボラソイホタテなどの豊かな漁場でした。しかし、消費地からあまりに遠い辺境漁場にあって、どれほど大漁恵まれても、漁獲物の大半乾燥あるいは塩蔵品加工され、函館小樽大手商業資本安値で引き取られたといわれています。
明治時代入り12年紋別戸長役場が開かれました。その頃漁業従事者多く農業移民が湧別に入ったのは3年後の明治15年になります。その後明治26年に湧別に初めて4県の団体移民し、日清戦争で遅れた屯田兵明治30年に入って開拓再開上流域へと進んでいきました。その頃の湧別川は、大雨のたびに平野部一帯水浸しにし、洪水の前後で流れの筋を変えることもたびたびでした。このような土地に、移り住んだ人々は、どんな作物をどの時期作付けすべきかの手がかりすらなく、故郷で行っていた農法頼り試行錯誤くりかえしました。しかし、北国特有の低温加え水害風害霜害冷害などがくりかえし襲いかかり、一年苦労水泡に帰すことも少なくありませんでしたそういった中、1898年明治31年)、全道的な大豪発生し、湧別川も大洪水見舞われました。川の増水は実に平常水位を4.6mも超えたと言われ、人々命からがら高台避難し、収穫目前作物流失茫然自失の体で見送ったと記録に残っています。この大洪水契機治水工事求め声が沸き起こり、湧別川の治水計画策定されることとなりました。

2.地域の中の湧別川
"湧別川流域湧別町上湧別町遠軽町丸瀬布町生田原町白滝村の5町1からなる主なイベントは「オホーツクフィッシング IN 湧別川」、「みずウォークオホーツク大会」などが行われています。
河川敷地下流河川敷ではゴルフ場パークゴルフ場があるが大半採草地上流市街周辺には公園緑地、、パークゴルフ場が整備されています。"


湧別川流域湧別町上湧別町遠軽町丸瀬布町生田原町白滝村の5町1からなりそれぞれの地域特性歴史上役割を生かした町づくりをすすめています。流域内人口は約36000人になります。
主な産業は、下流域の湧別町では湖沼利用したホタテ・カキなどの増養殖漁業中上流域遠軽町上湧別町ではタマネギ小麦馬鈴薯などを生産する農業地帯広がり上流域の丸瀬布町白滝村生田原町では主に林業などが行われています。

オホーツク・フィッシングin湧別川
オホーツク・フィッシングin湧別川
みずウォークオホーツク大会
みずウォークオホーツク大会
湧別原野オホーツク100kmクロスカントリースキー大会
湧別原野オホーツク100km
クロスカントリースキー大会
流域での主な祭りイベントとしては、流域市町村舞台にして、毎年7月行われている「オホーツク・フィッシングin湧別川」があります。このイベントはその名の通り、湧別川流域の6町村が手を携えて協力し合って開催する広域イベントで、今では全国的知名度獲得し、多く釣り愛好家集めています。

7月下旬には丸瀬布町で「滝まつり」、遠軽町では「遠軽がんぼう夏まつり」などが開かれ、湧別川河川敷において花火大会などが行われます。

また、9月下旬になると遠軽町上湧別町湧別町の3町で河川敷を使っての「みずウォークオホーツク大会」、2月下旬には白滝村上湧別町を結ぶ「湧別原野オホーツク100kmクロスカントリースキー大会が行われるなど、四季通じて河川利用したイベント開催され、地域社会における潤い創出拠点となっています。
3.湧別川の自然環境
"植生針葉樹林針広混交林哺乳類は貴重種のナキウサギ鳥類マガンオジロワシ魚類オショロコマ、 昆虫類ムカシトンボチャマダラセセリ確認されています。地形大部分山地丘陵地で、低地谷底平野最下流部に分布する。地質山地粘板岩広く分布、ほかに火山岩類、沖積層などが堆積しています。水質一般に洗浄であり、良好水質を保っています。"


湧別大橋付近を流れる湧別川
別大付近流れる湧別川
ハマナス
ハマナス
湧別川は、その源を天狗岳に発し、白滝村丸瀬布町内を渓谷の状態で貫流し、武利川丸瀬布川等の支川合流遠軽町において平野となり、生田原川社名淵川等と合流し、上湧別川を経てオホーツク海へと注ぎます。

河道内の植生は、上流域では河岸及び隣接地にエゾマツトドマツ針葉樹林ミズナラエゾイタヤ等の混生した針広混交林見られます。平野部では沿川に農耕地広がり河川沿いにはヤナギハルニレドロノキウワミズザクラなどの河畔林分布するが、遠軽町付近では河畔林少なくなり、オオイタドリヨモギ類などが草原状を呈しています。
下流域では、小規模ヤナギ低木主体となり、オオイタドリヨモギ類の草原多くなります。また、河口部ではハマナスなどの海浜植生多く見られます。


湧別川中流域にて釣りを楽しむ人々
湧別川中流域にて釣りを楽しむ人々
当流域は、道内屈指の清流で、上流部ではアメマスオショロコマハナカジカフクドジョウサクラマスヤマベ)などが多く生息しており、毎年多く釣り人渓流釣り訪れます。
下流域では、エゾウグイウグイ主として生息し、ウキゴリイトヨエゾトミヨ、イバラトミヨなども見られます。また、サケカラフトマス放流捕獲が行われているなど、川とと人が深く関わり合っている地域であるといえます。
4.湧別川の主な災害


発生発生原因被災市町村被害状況
大正11年8月台風上湧別町遠軽町家屋浸水496
家屋流失25
死者8名
平成10年9月台風5号湧別町上湧別町遠軽町床上浸水43
床下浸水95


(注:この情報2008年2月現在のものです)

湧別川

読み方:ユウベツガワ(yuubetsugawa)

所在 北海道

水系 湧別川水系

等級 1級


湧別川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/07 00:15 UTC 版)

湧別川(ゆうべつがわ)は、北海道オホーツク総合振興局管内を流れオホーツク海に注ぐ一級河川。湧別川水系の本流である。






「湧別川」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

湧別川に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「湧別川」の関連用語

湧別川のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

富士川

土器川

菊池川

那珂川

緑川

天竜川

仁淀川

岩木川





湧別川のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
国土交通省河川局国土交通省河川局
Copyright© 2017 MLIT Japan. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの湧別川 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS