長い間 長い間の概要

長い間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 02:13 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
長い間
Kiroroシングル
初出アルバム『長い間 〜キロロの森〜
B面 3人の写真
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ビクターエンタテインメント
作詞・作曲 玉城千春
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1998年3・4月度月間3位(オリコン)
  • 1998年5月度月間12位(オリコン)
  • 1998年度年間6位(オリコン)
  • Kiroro シングル 年表
    すてきだね/恋に恋して
    1997年
    長い間
    (1998年)
    未来へ
    (1998年)
    ミュージックビデオ
    Kiroro - 長い間 - YouTube
    テンプレートを表示

    解説

    当初1996年インディーズシングルとして発売された作品。インディーズ盤は沖縄県内で1万枚を売り上げた[1]。ビクターエンタテインメントからメジャーデビューするに当たり、収録曲などを変更し発売された。

    1997年11月に大阪有線放送(USEN)では全国ランキング173位にランクインされ、1998年2月にはトップ10入り、3月にはトップ3入りしている[2]

    オリコンシングルチャートでの初登場は27位だったが[2]有線放送やラジオ番組などで多くのリクエストを集め、登場9週目にはデビューシングルにしてオリコン1位を獲得した[2]

    その後もロングセラーを続け、登場17週目に同社集計によるミリオンセラーを達成、累計売上120.6万枚の大ヒットとなり、 出荷枚数は1998年7月10日時点で140万枚に達した[3]。Kiroroが1999年の『第50回NHK紅白歌合戦』に出場した際、この曲を披露した。

    1999年春には、第71回選抜高等学校野球大会の入場行進曲としても採用された。3月25日の開会式には、Kiroroの2人が揃ってゲスト出演している。さらに同大会において、奇しくもKiroroの出身地である沖縄県沖縄尚学高等学校が初優勝を果たし、また春夏通じて初の沖縄県勢による全国制覇となった。

    ayu ready?』に出演した際には、司会の浜崎あゆみとコラボレーションで歌っている。

    その他、小・中学校の運動会などでは、駆け足時の曲としても使用されている。

    収録曲

    1. 長い間
      作詞・作曲:玉城千春、編曲:重実徹
    2. 3人の写真
      作詞・作曲:玉城千春、編曲:重実徹
    3. 長い間 (オリジナル・カラオケ)
      作曲:玉城千春、編曲:重実徹
    4. 3人の写真 (オリジナル・カラオケ)
      作曲:玉城千春、編曲:重実徹

    カバー


    1. ^ 「『ご当地デュオ』今が旬『産直』で全国ヒット(報!)」『朝日新聞』2000年11月11日付夕刊、1頁(西部)。
    2. ^ a b c B'z、ELT、Kiroroに見る 3大ミリオンヒットのカラクリ、『日経エンタテインメント!』1998年8月号より。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
    3. ^ 毎日新聞』1998年7月16日付東京夕刊、11頁。
    4. ^ On/Off シリーズ[On/Off ~ハートフルボイス~:TECG-20093] / TAKUMI NOTE”. www.teichiku.co.jp. 2020年4月17日閲覧。


    「長い間」の続きの解説一覧




    固有名詞の分類


    英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
    英語⇒日本語日本語⇒英語
      

    辞書ショートカット

    すべての辞書の索引

    「長い間」の関連用語

    長い間のお隣キーワード
    検索ランキング

       

    英語⇒日本語
    日本語⇒英語
       



    長い間のページの著作権
    Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

      
    ウィキペディアウィキペディア
    All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
    この記事は、ウィキペディアの長い間 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

    ©2022 GRAS Group, Inc.RSS