a-Siとは?

アモルファスシリコン

別名:a-Si,アモルファスSi
【英】amorphous silicon

アモルファスシリコンとは、原子が不規則結合した(非晶質アモルファスの)シリコン半導体のことである。液晶パネル薄膜トランジスタTFT)などに多用されている。

アモルファスシリコンは、規則的原子配列を持った「結晶シリコン」に比べると、結晶構造がやや不安定である。電子移動度も低い。その反面薄膜として加工しやすく、安価大量製造できるという利点がある。このため、薄型の液晶パネル量産する際にアモルファスシリコンが多く用いられる。

アモルファスシリコンは、薄膜トランジスタの他、薄型の太陽電池セルレーザープリンタにおける高耐久感光ドラムなどにも利用されている。

半導体メモリのほかの用語一覧
技術・産業:  AMD  厚膜IC  アモルファス  アモルファスシリコン  エピタキシ  エピタキシャル成長  インテル

イタリア宇宙事業団(ASI)


予算の大部分をESAへ拠出

イタリア宇宙事業団(ASI)はイタリア大学科技術研究省(MURST)の下部機関で、1988年設立されました。ローマ本部があり、スタッフ組織全体100人前後(1997年度現在)という小規模構成です。
イタリア宇宙関連政策は、ASIが5年ごとに作成する国家宇宙計画(PSN)にもとづいて決定されます。宇宙開発対す国家予算は、1999年度で年間7億5千万米ドルほどですが、そのおよそ半分弱ほどが欧州宇宙機関(ESA)に拠出されています。といってもこの割合減少しており、1996年度には6分の5ほどESA拠出していました。
イタリア参加している主なESAプロジェクトは「先端データ中継技術衛星(アルテミス:Artemis)」「ARTES-3」「ガリレオサット」などです。
写真:地球観測衛星SPOT4」(右)とデータ中継をする「アルテミス」(左)


世界でも有数の測地施設を運営

イタリアヨーロッパでも早くから宇宙開発事業取り組んできた国の1つで、近年ではNASA他国協力し、イタルサット通信衛星テザー衛星システム(TSS)、ラゲオス測地衛星SAX X線天文衛星などを開発しました。
ASIの主な運営施設には、イタリア南部マテラ近く1983年開設された宇宙測地センター(ASI-CGS)があります。同センターでは主に、宇宙測地学地球力学リモートセンシング宇宙オートメーション・ロボット工学の3分野において、データ分析科学研究プロジェクトが進められており、国外からも多く研究者達が参加しています。
このほかにも南部トラパニ市の近くに、気象観測用の気球打ち上げるミロ基地あります
写真:ASIの宇宙測地センター


ASI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/25 09:12 UTC 版)

ASI

  • 大動脈弁狭窄及び閉鎖不全症
  • イタリア宇宙機関 - Agenzia Spaziale Italiana
  • 対気速度計 - Airspeed indicator
  • レコードレーベルA-Sketchのオリコンでの略称
  • アンサルド・システム・インダストリー






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

a-Siのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



a-Siのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリアモルファスシリコンの記事を利用しております。
JAXAJAXA
Copyright 2018 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのASI (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS