馬竜とは? わかりやすく解説

馬龍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/09 08:46 UTC 版)

馬 龍(ま りゅう、: 马龙: 馬龍拼音: Mǎ Lóng マ・ロン1988年10月20日 - )は、中国遼寧省鞍山市出身の卓球選手[4]。 2012年ロンドンオリンピック男子団体金メダル、2016年リオデジャネイロオリンピック、2021年2020年東京オリンピック男子シングルス及び男子団体金メダル、2015年・2017年・2019年の世界選手権男子シングルス三連覇、ワールドカップ男子シングルスで3度優勝するなど、数々の記録を打ち立てた世界チャンピオンである。史上初【全満貫】達成。史上初2回【大満貫】達成。卓球界史上最高の選手との呼び声高い。略称は「ML」「THE Dragon」 「THE Captain」「THE Dicdater」「GOAT」


  1. ^ 【選手情報】馬龍(中国)|テレビ東京卓球NEWS - テレビ東京、2019年3月9日閲覧
  2. ^ ITTF - World Ranking”. ITTF. 2021年10月20日閲覧。
  3. ^ Senior Men's Singles”. ITTF (2023年4月11日). 2023年4月13日閲覧。
  4. ^ MA Long – Biography”. gz2010.cn. Guangzhou Asian Games Organizing Committee. 2011年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月25日閲覧。
  5. ^ a b ITTF Hall of Fame” (PDF). ittf.com. 2019年12月7日閲覧。
  6. ^ Senior Men's Singles”. ITTF (2023年4月11日). 2023年4月13日閲覧。
  7. ^ “男子シングルス準決勝 王皓が馬龍を大激戦で下す”. 卓球王国. (2009年5月4日). http://world-tt.com/ps_info/ps_report_detail.php?bn=124&pg=HEAD&page=BACK&rpcdno=137#137 2019年11月29日閲覧。 
  8. ^ “男子ダブルス優勝は陳杞/王皓。決勝で馬龍/許シンを下す”. 卓球王国. (2009年5月4日). http://world-tt.com/ps_info/ps_report_detail.php?bn=124&pg=HEAD&page=BACK&rpcdno=141#141 2019年11月29日閲覧。 
  9. ^ “アジア選手権、中国が全種目制覇”. 卓球王国. (2009年11月24日). http://world-tt.com/ps_info/ps_report_detail.php?bn=1&pg=HEAD&page=BACK&rpcdno=422#422 2019年11月29日閲覧。 
  10. ^ “男子ダブルス、女子ダブルス、混合ダブルスの最終結果”. 卓球王国. (2011年5月16日). http://world-tt.com/ps_info/ps_report_detail.php?bn=132&pg=HEAD&page=BACK&rpcdno=109#109 2019年11月29日閲覧。 
  11. ^ “ついに頂点を極めた馬龍、初優勝!”. 卓球王国. (2015年5月3日). http://world-tt.com/ps_info/ps_report_detail.php?bn=160&pg=HEAD&page=BACK&rpcdno=99#99 2019年11月29日閲覧。 
  12. ^ “<卓球>国際大会で中国選手が相次ぎ棄権、スポーツ当局の人事を批判か―中国”. レコードチャイナ. (2017年6月24日). https://www.recordchina.co.jp/b182237-s0-c50-d0042.html 2019年12月7日閲覧。 
  13. ^ “卓球世界王者・馬龍、10月のW杯出場資格剥奪も、ボイコット騒動で―中国メディア”. レコードチャイナ. (2017年9月19日). https://www.recordchina.co.jp/b191031-s0-c50-d0054.html 2019年12月7日閲覧。 
  14. ^ “ITTF、馬龍・樊振東・許シンに2万ドルの罰金”. 卓球王国. (2017年10月31日). http://world-tt.com/ps_info/ps_report_detail.php?bn=1&pg=HEAD&page=BACK&rpcdno=2426#2426 2019年12月7日閲覧。 
  15. ^ “卓球 ワールドツアー・カタールオープン(プラチナ大会)”. 卓球レポート. (2019年4月4日). https://www.butterfly.co.jp/takurepo/tournament/detail/012595.html 2019年12月2日閲覧。 
  16. ^ “卓球馬龍が男子シングルス初の五輪連覇 中国人同士の決勝を制す”. 日刊スポーツ. (2021年8月7日). https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/table-tennis/news/202107300001468.html 2021年8月7日閲覧。 
  17. ^ including a record FIFTH Olympic gold for Ma Long (@Olympics) - X(旧Twitter)
  18. ^ “サービスがすごいのは誰だ!? 水谷隼が選ぶ世界のベストサーバー1位 馬龍”. 卓球レポート. (2019年1月23日). https://www.butterfly.co.jp/takurepo/tech/detail/012214.html 2019年12月1日閲覧。 
  19. ^ “水谷隼に聞く 25 レシーブがすごい選手”. 卓球レポート. (2019年3月12日). https://www.butterfly.co.jp/takurepo/interview/detail/012501.html 2019年12月1日閲覧。 
  20. ^ “強化のフロントライン35 世界卓球2019ブダペストの評価⑨ 馬龍の強さについて②”. 卓球レポート. (2019年10月1日). https://www.butterfly.co.jp/takurepo/interview/detail/013274.html 2019年12月1日閲覧。 
  21. ^ “劉国梁、丹羽に敗れた馬龍に「ふたつの課題がある」”. 卓球王国. (2012年4月23日). http://world-tt.com/ps_info/ps_report_detail.php?bn=2&pg=HEAD&page=BACK&rpcdno=681#681 2019年12月3日閲覧。 
  22. ^ 马龙虽强当世对手唯有他 科龙大战留下多少经典(中国語リンク)”. 新浪体育 (2016年8月12日). 2016年8月22日閲覧。
  23. ^ ESPN World Fame 100 ESPN.com 2017年6月10日閲覧。


「馬龍」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「馬竜」の関連用語

馬竜のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



馬竜のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの馬龍 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS