索とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 刀剣用語 > の意味・解説 

さく【索】

常用漢字] [音]サク(漢) [訓]もとめる

太い縄。つな。「索条鋼索縄索(じょうさく)」

手づるによって探し求める。「索引検索思索詮索(せんさく)・捜索探索模索

ばらばらに離れ無くなるさま。「索然索漠

難読索麺(そうめん)


さく【索】

縄。綱。ロープ


さく【索】

〔名〕

① 縄(なわ)。綱。縄索(じょうさく)。〔五国対兵語字書(1881)〕 〔詩経‐豳風・七月

仏像の手に、ある意味を示すものとして持たせる縄。不動明王金剛索観音羂索(けんさく)などがある。さっく。

古今著聞集(1254)二「たけ三四尺計なる童子の〈略〉左手に剣并索をもち、右手剣印をなす」

不動明王の持つ索を彫った、刀身彫刻


さっく【索】

〔名〕 「さく(索)」の変化した語。主に謡物(うたいもの)などの中でいう。さっくの縄。

謡曲道成寺(1516頃)「中央大日大聖不動、動くか動かぬか索(さっく)の、なまくさまんだばさらだ」


あな‐ぐ・る【探・索】

〔他ラ四〕 さぐる。探し求めるまた、さぐり調べる。

書紀720舒明即位前(図書寮本訓)「乃ち出でて畝傍山に入る。因りて以て山を探(アナクル)」

源平盛衰記14C前)四一「在所あなぐられて、遂に搦め捕られけり」


索(さく)

正しい法に帰依せず、邪道外れた者を正道に連れ戻すために不動明王左手持っている縄がこれ。刀身彫刻にみられる索は、簡素な縄のみの他、その端部三鈷や素剣を付加する場合があり、いずれも不動明王化身体を意味している。

読み方:さぐり

  1. 戸ノスキヨリ入ル器械ヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・徳島県
  2. 窃盗ノ内錠ヲ開ク器械ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・茨城県
  3. 竹ノ薄ヘラナリ。但窃盗者カ戸扉ヲ切リ破ルニ当リ先ヅ錠前ノアル処ヲ捜索スル器械ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・福岡県
  4. 深更フケ)師ナド盗賊他人家宅ヲ侵スニ際シ、門戸施錠ヲ索ルガタメ、用意セル竹箟ノ類。〔第六類 器具食物
  5. 戸を開ける為めに隙間などにさしこむ金属製又は竹の箆を云ふ。

分類 徳島県福岡県茨城県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2016/07/26 23:25 UTC 版)

発音


熟語



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「索」の関連用語

索のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



索のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2021 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS