男女平等パラドックスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 男女平等パラドックスの意味・解説 

男女平等パラドックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/26 22:39 UTC 版)

STEM教育」の記事における「男女平等パラドックス」の解説

イギリスWISEはじめとしてSTEM分野男女比均衡させようとするキャンペーン各国行われている。女子学生STEM分野メンター割り当てるミリオン・ウィメン・メンターズ・イニシアティブや、ベライゾンの#InspireHerMindプログラムのようなメンタリング・プログラムもその一例である。オバマ政権下のアメリカでは科学技術政策局はEducate to Innovateキャンペーン展開する同時に女性STEM分野への参加促すためにホワイトハウス女性および少女に関する評議会協同していた。 STEM分野女性参画少なくSTEM職で女性占め割合アメリカで25%以下、イギリスでは約13%、日本では8.1%である。アメリカではこの傾向原因を探る研究多数行われており、一例として求人雇用プロセス理由求めるものがある。とはいえ高度専門職指導的な地位就いた女性アメリカ国内数多く国防総省NASANSFなどに例を見つけることができる。STEM分野働く女性はほかの職業女性より平均33%高い収入得ている。 アメリカ労働力人口半分女性であるにもかかわらずSTEM職に占め女性割合25%前後である。女性とほかのマイノリティとで大学生75%を占めるが、STEM学科学位取得者に限ると45%である。女性学部学生STEM分野学位取得するのは12%、卒業後にSTEM分野就職するのは3%に過ぎないNSFによればアメリカ国内科学者もしくはエンジニアとして働いているのはアジア系女性のわずか5%、アフリカ系女性の5%、ヒスパニック女性2%に過ぎない。全分野では学位取得者の60%近く女性であるのに対し例え計算機科学ではこの割合20%以下となる。 ミズーリ州立大心理科学部のデビッド・ギアリー教授によると67国・地域475,000人の青少年データ分析したところ、世界平均的に男の学力科学数学秀でいる傾向があり、女は読解力秀でることが判明させた。科学数学を得意とする学生STEM分野に入る可能性が高いため、男性が多いとしている。この傾向男女平等とされる国に住む女性および女性にとってより大きく、フィンランド・ノルウェー・スウェーデンなどの国では、STEM卒業生割合女性少なくなる対照的にトルコアルジェリアなど男女不平等な国では、STEM卒業生女性割合上記の国よりもはるかに高かった社会男女平等になる国ほど、女性STEM学位取得する可能性は低い数値になったことをデビット教授は男女平等パラドックスと呼んでいる。彼は男女と平等の高い国では、STEM女性積極的に参加することが奨励されているが、個人選択肢重視される国なので自らの文系学問的な強み活かそうとする女性選択のために、より多く女の子を失うと分析している。このように読解力など個人的な文系学問への強み科学への関心低下を高度に発展した先進国STEM進路を選ぶ女性がほとんどいない理由だと統計分析結果から説明している。

※この「男女平等パラドックス」の解説は、「STEM教育」の解説の一部です。
「男女平等パラドックス」を含む「STEM教育」の記事については、「STEM教育」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「男女平等パラドックス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「男女平等パラドックス」の関連用語

1
6% |||||

男女平等パラドックスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



男女平等パラドックスのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのSTEM教育 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS