星の町とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > 星の町の意味・解説 

星の町

正式名称は「ガガーリン宇宙飛行士訓練センター(GCTC)」。モスクワ北東約45kmにあり、宇宙飛行士訓練し、家族と共に生活する街です。ガガーリン人類初の宇宙飛行を行った1961年の前の年に建設されました。
ロシア人宇宙飛行士訓練するだけでなく、最近ではソユーズ宇宙船訓練を行ったり、国際宇宙ステーション滞在するための訓練を行ったりする予定の、各国宇宙飛行士宇宙旅行客もここで暮らし訓練を受けています。
日本人宇宙飛行士野口総一宇宙飛行士1998年7月から8月基礎訓練コース参加、また2004年5月には古川聡星出彰彦山崎直子飛行士星の街訓練後にソユーズTMA宇宙船フライトエンジニア資格得ています。また、2008年度の国際宇宙ステーション滞在備え若田光一野口総一宇宙飛行士訓練を行っています。

星の街で船外活動訓練を行う古川聡飛行士
星の街船外活動訓練を行う古川聡飛行士

星の街大きく居住区と訓練区に分かれます。訓練施設には国際宇宙ステーションのロシアモジュールのモックアップソユーズシミュレーター遠心加速器無重力訓練プールトレーニングジムなどがあります

船外活動訓練用プール
船外活動訓練プール

星の街には現役宇宙飛行士だけでなく、OB宇宙飛行士訓練技官エンジニア医師教師などとその家族も住んでいます。そのため居住区にはカフェレストラン学校保育園郵便局銀行公民館などがあります中央広場にはガガーリン銅像がたっています。
星の街は軍の施設であるために地図に載っていません。1980年代後半グラスノスチ情報公開)から訓練区の一部解放され、観光客手続きをすれば見学できるようになりました。博物館あります



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「星の町」の関連用語

星の町のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



星の町のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2020 Japan Aerospace Exploration Agency

©2020 Weblio RSS