星の一生とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > 星の一生の意味・解説 

星の一生

星間物質のかたまりから、星が誕生する

宇宙空間はまったくの真空ではなく、非常にうすい水素ヘリウムガスや、ちりのような星間物質がただよっています。これが星の原料になります星間物質かたまりがまわりの星間物質を引きつけてしだいに大きくなり、やがて自分引力でだんだん収縮していきます。そして、中心温度が約1,000達すると原子核反応はじまります。ここまでの期間を星の「収縮期」といい、太陽程度質量の星では約5,000万年かかります。


一生の中でもっとも長い主系列星の時代

収縮期が終わると、いわば一人前恒星主系列星時代です。この時期恒星は、水素原子4個でヘリウム原子1個をつくる原子核反応によりエネルギー放出していきます。そのため水素がだんだん減っていきヘリウムが増えていきます。主系列星時代は星の一生のなかでもっとも長く太陽程度質量の星で約100億年ぐらい続きます。私たち太陽誕生してから約46億年と考えられていますから、主系列星時代中間ごろにあたります。


ヘリウム核により外層がふくらみ赤色巨星になる

星の中心部にヘリウム増えるとやがてヘリウムができ、原子核反応はその外側で進むようになりますヘリウムが重くなっていくと温度上昇し星の外層膨張して、やがて赤色巨星という非常に大きな赤い星になります太陽程度質量の星の場合は、その後外層ガス放出して収縮していき、最後に白色わい星という小さな星になります。しかし質量太陽よりはるかに大きい星は、巨星時代最後に超新星爆発起こします。巨星時代長さ主系列星時代の約1/10程度です。



自分の重力で星がつぶれる、超新星爆発

質量太陽の3倍以上の重い星は、赤色巨星段階のあと自分自身重力で星全体がつぶれ、超新星爆発起こし散りぢりになってしまいます。このときの明るさは太陽数億倍から、ときには1,000億倍にもなります。そのため夜空新しく明るい星が突然生まれたように見えます。超新星爆発起こす星のなかでも質量大きいものは、爆発のあとに中性子星(パルサー)やブラックホールを残すものもありますまた、飛び散ったガスやちりは、ふたたび新たな星を生み出すための材料となります。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「星の一生」の関連用語

星の一生のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



星の一生のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2019 Japan Aerospace Exploration Agency

©2019 Weblio RSS