多摩ゆたかとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 生物 > 品種登録データベース > 多摩ゆたかの意味・解説 

多摩ゆたか【タマユタカ】(果樹)

登録番号 第5203号
登録年月日 1996年 10月 15日
農林水産植物の種類 ぶどう
登録品種の名称及びその読み 多摩ゆたか
 よみ:タマユタカ
品種登録の有効期限 18 年
育成者権の消滅  
品種登録者の名称 芦川孝三
品種登録者の住所 東京都調布市富士見町2丁目19番地23
登録品種の育成をした者の氏名 芦川孝三
登録品種の植物体の特性の概要
この品種は,「白峰」の自然受粉種子播種して得られ実生から選抜されたもので,果皮の色黄緑又は黄白,短楕円極大粒の,育成地(東京都調布市)において8月下旬成熟するやや早生種である。  拡がりは中及び樹勢中である。熟の太さは中,色は暗褐,綿毛密度は無~粗,節間横断面の形は楕円,幼先端の色は薄赤綿毛密度は中,巻きひげ着生は 2である。花穂の着性数は中,花性は両性花粉多少は中である。成葉身の形くさび形裂片数は 3片,葉縁鋸歯の形は両側直線葉柄裂刻の一般的な形及び成上裂刻の一般的な形は開く,成上裂刻の深さは浅,成大きさは中,成上面の色は暗緑下面の色は黄緑葉柄の色は淡紅,成下面葉脈間の綿毛密度主脈上の綿毛密度及び葉柄綿毛密度は無~粗,中肋に対する葉柄長さの比は短,太さは細である。穂梗の太さは太,長さは中,色は淡緑である。果房の形は円錐大きさは大,着粒の密度は粗,果梗の太さは太,長さは長,色は黄緑である。果粒の形は短楕円大きさ極大果皮の色黄緑又は黄白,果粉の多少果皮厚さ及び果皮果肉分離性は中,果肉の色は不着色,肉質中間甘味は中,酸味は少,渋味は無~極少香気は無,果汁多少は多,種子の数は少,形は長,大きさは大である。発芽期及び開花期は中,成熟期はやや早で育成地において8月下旬,花振いの多少は中,無核果粒の混入は中,裂果多少は少,果実日持ちは短,果梗と果粒分離中である。  「ロザリオ ビアンコ」と比較して,成上裂刻の深さが浅いこと,果粒の形が短楕円であること等で,「白峰」と比較して,幼先端の色が薄赤であること,幼先端若葉及び成下面葉脈間の綿毛密度少ないこと等で区別性認められる
登録品種の育成経過概要
この品種は,出願者ほ場東京都調布市)において,昭和59年に「白峰」の自然受粉果の種子播種して得られ実生から,63年選抜されたもので,その後,特性の調査確認行って育成完了したものである。 なお,出願時の名称は「清流であった





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「多摩ゆたか」の関連用語

多摩ゆたかのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



多摩ゆたかのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産省農林水産省
Copyright The Ministry of Agriculture. Forestry and Fisheries of Japan
品種登録ホームページ

©2022 GRAS Group, Inc.RSS