創造的破壊とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 概念 > 創造的破壊の意味・解説 

そう ぞうてき はかいさうざう -はくわい [0][7] 【創造的破壊】


創造的破壊(そうぞうてきはかい)

新しいものを創造するために古いものを壊すこと

経済分野において、停滞する産業代わり新し成長産業次々登場するダイナミズムのことを「創造的破壊」と呼んでいる。経済成長源泉考えられている。

もともとは、アメリカの経済学者シュンペーター使い始め言葉で、創造的破壊を通して労働力資本などが成長分野流れていく様子を描いたものだ。生産性の低い産業分野から、生産性の高い産業分野への移行を図ることによって、常に一定の競争力維持し、日本全体生産性向上させることが可能となる。

終身雇用年功序列といった従来日本型システムは、単純労働中心とする大量生産型の産業には有効で、高度経済成長支えてきた。ところが、産業構造変化し、しかもその変化が絶えず繰り返されるようになると、このような雇用システムでは対応できなくなる。実際早期退職者を募集する企業が、このところ増えている。

政府は、6月26日閣議決定した「経済財政運営基本方針」で、ヒトカネなど経済資源速やかに成長分野流れいくようにすることが経済構造改革だとして、真の景気回復目指している。ヒト流れ(すなわち失業再雇用)を前提にしたセーフティーネット安全網)を整備し、新し産業社会に対応するわけだ。

(2001.07.17更新


創造的破壊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/06/22 15:04 UTC 版)

創造的破壊(そうぞうてきはかい)とはヨーゼフ・シュンペーターによって提唱された経済学用語の一つであり、経済発展というのは新たな効率的な方法が生み出されれば、それと同時に古い非効率的な方法は駆逐されていくという、その一連の新陳代謝を指す。


  1. ^ a b 岩田規久男 『スッキリ!日本経済入門-現代社会を読み解く15の法則』 日本経済新聞社、2003年、233頁。
  2. ^ 岩田規久男 『スッキリ!日本経済入門-現代社会を読み解く15の法則』 日本経済新聞社、2003年、234頁。
  3. ^ 田中秀臣・上念司 『震災恐慌!〜経済無策で恐慌がくる!』 宝島社、2011年、79頁。
  4. ^ 西部邁「流言流行への一撃㉕ 「先行き不透明」を悪化させる小泉改革」、『VERDAD』2001年8月号、ベストブック、 49頁。


「創造的破壊」の続きの解説一覧





創造的破壊と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「創造的破壊」の関連用語

創造的破壊のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



創造的破壊のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2018 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの創造的破壊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS