ホモジナイズとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 酪農用語 > ホモジナイズの意味・解説 

ホモジナイズ(均質化)


牛乳消化吸収よくすることと、乳脂肪浮上、 即ちクリームラインの防止品質保持目的で、乳脂肪中の脂肪球を細かく砕き、 安定した状態にすることを均質化(ホモジナイズ)といいます。
牛乳脂肪球の粒子は3〜7ミクロン(1/1000�o)ですが均質化することにより、 1ミクロン以下になりますこのため脂肪球の粒子細分化され表面積大きくなり、 牛乳胃腸の中で消化液広く接するので消化良くなるのです。
日本では1935年頃からこの方式を導入して以来牛乳のほとんどが「ホモジナイズミルク」として 販売されています。しかし逆に「ノンホモ」として「ホモジナイズ」していない牛乳も、 商品多様化一環として販売されています。「ノンホモ」は時間経過すると乳脂肪分 (クリームライン)が浮上しますが、これを特色としているわけです。


ホモジナイズ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ホモジナイズ」の関連用語

ホモジナイズのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ホモジナイズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
一般社団法人中央酪農会議一般社団法人中央酪農会議
(C) 2019 Japan Dairy Council All right reserved.

©2019 Weblio RSS