タイオワン事件とは?

タイオワン事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/24 20:46 UTC 版)

タイオワン事件(タイオワンじけん)、別名ノイツ事件は、1628年寛永5年)に長崎代官末次平蔵オランダ領台湾行政長官ピーテル・ノイツ(Pieter Nuyts)との間で起きた紛争。


  1. ^ Oosterhoff, J.L. Zeelandia, a Dutch colonial city on Formosa (1624–1662). (編集) Ross, Robert; Telkamp, Gerard J. Colonial Cities: Essays on Urbanism in a Colonial Context. Springer. 1985: 51–62. ISBN 978-90-247-2635-6.
  2. ^ “馬前政権の「中国大陸寄り」指導要領 新政権が廃止/台湾”. フォーカス台湾. (2016年6月1日). http://japan.cna.com.tw/news/apol/201606010009.aspx 2016年6月3日閲覧。 
  3. ^ a b c 『ツンベルク日本紀行』第十章 日本人の顏貌及性格 山田珠樹訳、駿南社、1927-1931


「タイオワン事件」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「タイオワン事件」の関連用語

タイオワン事件のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



タイオワン事件のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのタイオワン事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS