サイレントインベージョンとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > サイレントインベージョンの意味・解説 

サイレントインベージョン

別名:静かなる侵略
英語:silent invasion

武力行使するような表だった侵略行為ではなく献金などを通じて頭が上がらない」状態にすることで国の実力者言いなりにし、最終的には実質的属国傀儡国家とする、というような他国への干渉在り方

サイレントインベージョンは、オーストラリアの大学教授クライブ・ハミルトン(Clive Hamilton)が著書Silent Invasion: China's Influence in Australia」において、オーストラリア政権対す中国共産党党略を指す語として用られている。

2016年にはターンブル政権オーストラリア北部ダーウィンDarwin)の港を中国企業99年間という長期にわたり貸与する契約締結し、米国はじめとする環太平洋諸国安全保障問題大きく取り沙汰された。

ハミルトン著書Silent Invasion」を出版する際には、当初刊行予定だった大手出版社自粛という形で同著の販売中止決めている。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

サイレントインベージョンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



サイレントインベージョンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2018 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2018 Weblio RSS