アオハタとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 魚類 > > アオハタの意味・解説 

アオハタ

学名Epinephelus awoara 英名:Banded grouper
地方名アオナシモウオタカバ 
脊椎動物門硬骨魚綱スズキ目ハタ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ
生態写真はこちら

特徴
沿岸浅め岩礁域や砂泥底域に生息する。特に日本海沿岸宮津舞鶴でよく漁獲される。 沿岸魚としては相当おいしい。体側幅広い本の暗色横帯があり、そのうち前方にある4本は対に並んでいる。コクテンアオハタに似るが横帯の周囲黒点がないことで区別できる。

分布:南日本南シナ海 大きさ:30cm
漁法:  食べ方:鍋物など

青羽太

読み方:アオハタ(aohata)

ハタ科海水魚

学名 Epinephelus awoara


青畑

読み方:アオハタ(aohata)

所在 福岡県豊前市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

アオハタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/12/08 22:44 UTC 版)

アオハタ(青羽太、学名:Epinephelus awoara )は、スズキ目・スズキ亜目・ハタ科・ハタ亜科に分類される魚。朝鮮半島、日本から中国沿岸の温暖な海域、太平洋西部に分布する魚で、食材として扱われる。




「アオハタ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アオハタ」の関連用語

アオハタのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アオハタのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアオハタ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS